口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

おすすめポイント条件を満たせば最短即日での現金化が可能

比較ランキング第4位は、FACTOR PLAN(ファクタープラン)です。ファクタープランの1番の魅力はスピード感にあります。

条件を満たせば最短即日で現金化を行うことが可能で、「今日にでも資金が必要」という企業でも活用しやすくなっています。

ファクタリングは「売掛債権を担保にお金を借りる」というものではなく「売掛債権を買い取ってもらいお金を得る」というものであるため、担保や保証人も必要ありません。負債として扱われてしまうこともないので、最大限にリスクを抑えて資金調達が行えます

ファクタープランは様々な問題を抱えている企業の味方になってくれるファクタリング会社で、赤字決済が続いていたり税金を滞納してしまっていたりする場合でも相談に乗ってくれます。

どれほど設立から間もない企業でもファクタリングサービスを利用できるのは嬉しいポイントでしょう。建設業や製造業、介護業など企業の業種に合わせて最適なファクタリングを実施してくれます。

2社間ファクタリングでも5%からという安い手数料で行ってくれるのは嬉しいポイントで、3社間の場合は3%からというとても優良的な手数料設定が自慢です。

最高買取金額が売掛先1社につき3千万となっているので、億単位での取引には対応してくれないのがデメリット。大口取引を扱っている企業は利用しにくくなっています。

個人事業主でもファクタリングを利用できますが、売掛先が法人である場合に限定されているのも使いづらいポイントかもしれません。他のファクタリング会社と入念に比較した上で利用を決定するといいでしょう。

最短即日の現金化が可能!スピード感が魅力

FACTOR PLAN(ファクタープラン)でファクタリングを利用する1番のメリットは、最短で即日の現金化が可能になっていることです。資金繰りに困窮し「今日にでも資金がなければ万事休す」という状況に陥ってしまっている企業でも状況を打開することが可能です。

取り扱い金額は売掛先1社につき最高3千万円となっているのである程度幅広い債権買取に対応してくれます。取り扱い可能な金額は売掛先の与信や取り扱いの実績によって変動します。

企業の資金調達方法の代表的な例としては、銀行やノンバンクからの融資があります。しかし融資を受ける際には担保や保証人が必要となってしまい、これを用意することができないと資金調達を実現することは難しいです。

その点ファクタープランなら担保も保証人も不要。ファクタリングは「売掛債権を担保にお金を借りる」という取引ではなく、「売掛債権を売買する」という取引であるため第三者による保証なども一切必要ないのです。

急激な売上の増減に見舞われている企業でも、問題なく難局を乗り越えられるでしょう。また、ファクタリングは負債として扱われないため、最大限にリスクを押さえた上で資金調達を行える手段として注目を浴びています。

赤字決済や税金滞納などの問題があっても相談に乗ってくれる

そんな柔軟な対応が嬉しいファクタープランでは、一般的な3社間のファクタリングだけでなく、2社間のファクタリングも実施してくれるのが魅力です。

3社間のファクタリングは売掛先にも通知をする必要があるため、取引先から「資金繰りがうまくいっていない」と思われてしまう心配があります。しかし、2社間のファクタリングであればファクタープランと利用企業との間だけで取引がなされるので、取引先に債権買取の事実を知られてしまう心配はありません。

ただし、2社間でのファクタリングはファクタープラン側のリスクが大きくなってしまうため、その分手数料が高くなってしまうので注意しましょう。賢く利用すれば2社間のファクタリングは企業の資金繰りの大きな武器となってくれます。

それでは、ファクタープランの債権買取可能金額について説明します。3社間ファクタリングの場合は売掛金の10%が留保金として設定され、買取可能金額は売掛金から留保金を引いた金額となります。

例えば売掛金が100万円のケースなら、留保金は10万円です。つまりこのケースの買取可能金額は100万円-10万円=90万円となります。

2社間でのファクタリングの場合、買取可能金額は売掛金の70%に設定されています。売掛金が100万円であれば、70%の70万円がファクタリングの対象となります。

2社間ファクタリングの場合は手数料が5%から、3社間ファクタリングの場合は手数料が3%からという優良的な手数料設定がファクタープランの自慢です。ファクタリング手数料の相場よりも断然安い手数料となっているので、より気軽に利用できます。

デメリットは億単位での大口取引には対応できないこと

手数料が安く、最短即日での現金化が可能なファクタープランですが、なにかデメリットはあるのでしょうか。

ファクタープランのデメリット、それは億単位での大口取引には対応できないことです。先ほどお伝えしたように、ファクタープランが買い取ってくれる最大金額は売掛先1社につき最高3千万円です。これよりも大きい金額の債権買取を希望する場合は、ファクタープランは不向きです。

「最短即日での現金化が可能」というのも、所定の条件を満たさなければ実現はできません。3社間契約の場合や買取金額が大きくなってしまう場合などは審査や契約に時間がかかるため、即日での現金化は難しいかもしれないということを覚えておきましょう。

また、個人事業主でもファクタリングサービスを利用できるものの、買い取ってくれる債権は法人相手の取引のみに限定されているのもデメリットです。個人事業主相手の債権は買い取ってもらえないので、状況によって利用できないのは不便かもしれません。

ファクタープランの利用方法を紹介!

ファクタープランの利用方法を大まかに紹介します。

まずは公式サイトから申し込みを行い、仮審査に入ります。担当者が電話で連絡してくれるので、希望条件や状況などを伝えましょう。それが終わると面談などの本審査に入ります。

この段階で必要書類を提出することになります。審査に合格した場合には契約を結ぶことができ、契約が完了した時点で代金を指定口座へ振り込んでもらえます。

より詳しい情報を知りたい方は、公式サイトから直接問い合わせを行ってみましょう。

サイト内検索
記事一覧