口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

おすすめポイント24時間いつでも申し込め最短1日で売掛金を資金化

比較ランキング第2位は、ファクタリングのTRYです。ファクタリングのTRYの1番の魅力は最短1日で売掛金を資金化できるというスピードの速さにあります。

一刻も早く資金が必要な企業にとって強い味方になってくれ、連帯保証人や担保もいらないので気軽に利用できます。信用情報には影響せず、何度利用してもOK。

手続きは電話かWebサイトから申請でき、Webでの申し込みは365日24時間いつでもできるのが便利です。日中は忙しい方でも仕事に影響を及ぼすことなく資金を調達できるでしょう。

さらに、業界最低水準の優良的な手数料もファクタリングのTRYが選ばれる理由の1つ。ファクタリングサービスの利用手数料の相場は10%~30%ですが、ファクタリングのTRYなら手数料は5%~です。

手数料が気になる方でも気兼ねなくファクタリングサービスを利用できます。償還請求権のないノンリコースタイプの売買契約を結ぶため、万が一売掛先が倒産してしまっても、ファクタリングのTRYから得たお金を返還する必要はありません。

2社間でのファクタリングを利用できるのも便利なポイントで、「資金繰りがうまくいっていないことを取引先に知られたくない」という場合でも大丈夫です。担当者はもちろんスタッフ全員に秘密厳守が徹底されているので、取引先へファクタリングサービスの利用を知られてしまう心配はありません。

赤字決済や税金の滞納があっても相談に乗ってくれるので、不測の事態が発生したときはまず相談してみるのがいいでしょう。

最低買取金額は30万円、最高は5千万円となっていて、億単位の売掛金は買い取ってくれないのがデメリットです。そのため、大口取引を行なっている企業は他のファクタリング会社を選ぶとよいでしょう。

スマートフォンから365日24時間いつでも申し込める!

企業の資金繰りは今後の運営にも関わる重要な問題です。場合によっては突然まとまった資金が必要になることもあるでしょう。

ファクタリングのTRYの魅力は、業界でも最速クラスの資金化が可能になっていることです。必要な書類を準備し、不備がなければ最短1日で売掛金を資金化することができます。

一刻も早く資金が必要な企業にとって強い味方になってくれます。銀行の融資やビジネスローンとは性質が違うため、連帯保証人や担保も不要で資金調達を行えますし、信用情報にも影響がないので何度利用してもOKです。

ファクタリングの手続きはスマートフォンからでも行え、365日24時間いつでも申し込むことが可能です。これはファクタリングのTRYならではのサポート体制といえるのではないでしょうか。

日中は仕事が忙しくて動けない方でも、空き時間などを活用していつでも手続きできます。仕事に影響を及ぼしてしまうこともなく、手続きを進められるのは便利ですよね。

ただし、早急に資金が必要な場合など急ぎの案件はWebからではなくフリーダイヤルで直接電話する方がおすすめです。豊富な経験を持った専門の担当者が、申し込みから実行までをトータルでサポートしてくれるので安心です。

そんなファクタリングのTRYは手数料が業界の最低水準となっていて、5%~利用できます。ファクタリング会社は10%~30%程度の手数料が相場であることを考えると、圧倒的に安い手数料で利用できることがわかります。

「自社の売掛金を資金化するのに多くの手数料を取られるのは嫌だ」という方でも気兼ねなくファクタリングサービスを利用できます。

さらに、ファクタリングのTRYは資金調達のリスクが少ないことでも知られています。償還請求権のないノンリコースタイプの売買契約を結ぶため、万が一売掛先が倒産してしまっても、ファクタリングのTRYから得たお金を返還する必要はありません

2社間ファクタリングが可能で取引先に知られる心配がない

ファクタリングのTRYを利用しやすいポイントは、2社間でのファクタリングが可能である点にもあります。通常、利用企業とファクタリング会社、売掛先の3社でファクタリング取引は行われます。

しかしこれでは売掛先にもファクタリングサービスの利用通知が送られてしまうため、取引先に「あの会社は資金繰りがうまくいっていない」と思われてしまいます。今後の取引や運営のことを考えると、マイナスなイメージを持たれてしまうのは非常に困りものです。

その点ファクタリングのTRYなら利用企業とファクタリングのTRYとの2社間だけで債権買取の取引は完結するので、取引先にファクタリングサービス利用の事実を知られてしまう心配はありません。ファクタリングのTRYでは担当者はもちろん、全てのスタッフに秘密厳守が徹底されているので安心して任せられます。

さらに2社間ファクタリングは取引先との契約手続きを省くことにもなります。よりスピーディに売掛金を資金化できるのは大きなメリットなのです。

ただし2社間でのファクタリングはファクタリング会社のリスクが大きくなってしまいます。そのため3社間でのファクタリングよりも高い手数料が必要になってしまうことは覚えておきましょう。

赤字決済や税金の滞納があっても大丈夫

どんな問題を抱えている企業にも手を差し伸べてくれるのがファクタリングのTRYです。開業後間もない企業であったとしても、売掛金がある場合は問題なくファクタリングで資金調達を行えます。

それ以外にも赤字決済が続いている企業や税金を滞納してしまっている企業でもファクタリングサービスを利用できるのがファクタリングのTRYの選ばれるポイントです。所在地は東京都にありますが、ファクタリングサービス自体は全国どこでも利用できます。

地方に拠点のある企業でも難なく資金調達ができるのは非常に便利です。

最高取引額は5千万円であるため億単位での取引は不可

様々なメリットのあるファクタリングのTRYですが、1点だけデメリットを挙げるとすると、億単位での取引には対応できないというものがあります。

ファクタリングのTRYの取引可能額は最低30万円から最高5千万円までです。5千万円を超えるような高額の売掛金は買取に応じてくれませんので注意しましょう。

30万円という小口から利用できるのは魅力ですが、大口での売掛金を扱っている企業は利用しにくいかもしれません。

エネルギッシュな担当者が親身になってしっかりサポート

ファクタリングのTRYを利用する場合は、まず公式サイトまたはフリーダイヤルから申し込みを行います。申し込みをすると審査・見積もりの段階に入り、それぞれの企業の状況や要望に応じて担当者からおすすめのプランを提案してもらえます。

必要な書類について詳しく説明してくれ、わからないことも徹底的にサポートしてくれるので初めてファクタリングサービスを利用する企業でも安心して任せられます。

ファクタリングのTRYは2018年に登記されたばかりの新しい企業。やる気にみなぎっている担当者はエネルギッシュに対応してくれ、スピード感もバツグンです。

書類が全て揃い、内容に納得できたらいよいよ契約です。契約が完了したらその日のうちに買取金額は入金され、資金化が完了となります。

仮審査と見積もりのタイミングでヒアリングが行われるので、細かい要望はその時に伝えましょう。より詳しい情報は公式サイトで確認してみてくださいね。

サイト内検索
記事一覧