口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

日本でも浸透中のファクタリング!世界ではどのくらい使われている?

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/01/27

現在では、世界中で使われているファクタリングですが、日本では商習慣の違いから一般の会社が使うことは稀なことでした。しかし、現在では商習慣の変化や銀行の影響力が低下するなどして、それまでの融資に代わる方法として広く用いられるようになっています。

ファクタリングという仕組みが出来た理由

ファクタリングの原型が登場したのは、14世紀から16世紀とされており多くの人が利用するようになったのが17世紀頃とされます。 原型としては、いずれもイギリスで起こったもので、売掛債権を買い取る業者が存在したことです。今のような移動手段が豊富でない時代に、遠い場所に商品を売った場合の代金を受け取る手間を省くために売掛債権を買い取るというニーズがあった事が大きな理由です。

また遠い場所との貿易をする場合には日数もかかり、支払いがされないケースもあります。そのような時に支払いを保証するというビジネスが登場し、これもファクタリングの一種になるものです。

ファクタリングは、17世紀頃から盛んに用いられるようになり、特にイギリスとアメリカとの貿易で使われるようになっています。このような仕組みを用いることで、商品を売った側が迅速に現金を回収することができるため、ビジネスが活発になるというメリットがあったためですが、同時に未回収になるリスクを避けることができるメリットもあり、売掛から回収までの時間が長い貿易においては最適な手段といえるものです。

一方で現在のような仕組みが確立したのは20世紀のアメリカからで、それまでの単なる債権を買取ったり保証をするという業務から、信用力の調査を行うようになり債権に応じてその手数料を設定するなどして未回収のリスクを避けるということが行われるようになります。

このファクタリングを経由したお金の動きは一種の信用保証となるもので、資金繰りを悪化させる売掛金を減らすことで会社の成長を促すものとして現在も使われているものです。

ファクタリングが日本で普及しなかった理由は

ファクタリングは、現在の日本では多くの会社が使うようになっていますが、かつてはあまり利用されてこなかったものです。もともと日本では銀行が支払いの仲介者となる手形取引が活発に行われており、さらに経済成長が著しい時期には手形割引が行われるなどしていました。

手形取引では、代金を書いた手形を振出して売掛先に渡し、期日になれば受け取ることができるというものです。お金のやり取りは銀行を介して行われるもので、約束だけで行われる単なる売掛金と比べて信用力が高い方法になります。

また、その手形は全国の銀行で利用することができ送金手段としても用いることができるものです。それに手形割引と呼ばれる貸付制度もあり、資金繰りが厳しくなればそれらを利用して資金調達をすることが出来ます。

このようなことから、わざわざ高額な手数料となるファクタリングを利用する意味はなく、さらに債権そのものを売買するということに対して反社会勢力が介入して問題を起こしていた事からあまり良い印象がなく、日本でもファクタリングが登場した1970年以降でも普及しませんでした。

しかし、バブル経済崩壊以降には銀行の影響力が低下し、さらに企業の収益力の低下や国外への生産拠点の移転によって手形取引の流通量が減っていきます。そのような中で売掛債権の有効活用を目指す法整備が行われるなどして、代わって台頭してきたのが売掛債権を買取ってしまうファクタリングです。

世界でみるファクタリングの利用状況

ファクタリングの市場規模は、日本では450億ドル程度とされていますが、アメリカの市場規模は日本の10倍程度あると言われます。世界のシェアでみれば、発祥の地であるイギリスがもっとも多くついで中国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、アメリカと続きます。

日本は世界市場のシェアでみれば8%程度で、オランダやベルギーよりも小さく10番目程度になります。これは日本の経済規模から見れば、かなり小さい状況です。

一方でファクタリングでも国内の企業間で行われるものと国境を越えた企業間で行われる国際取引があり、さらに債権の買取のほか保証も含まれます。国内取引での利用状況が多いのはイギリスですが、国際取引ではフランスがもっとも多い状況です。

アジアにおいては、中国と香港が国際取引が多い国であり、これらを見るに貿易において盛んに用いられているのがわかります。もちろん、国内企業向けに行うものと国境を越えて行う国際取引では、その性質が異なるものです。

しかし、利用者が増えて普及することによって一時的に動かなくなるお金の売掛債権を流動化させることができ、経済を活発にする効果が期待できます。このため世界的にみても活発に活用するという動きが多く、日本でも制度として推奨するようになっており、法整備も整っていますから、今後も市場規模は拡大していくと考えられます。

 

世界的に見れば日本の市場規模は大きくありません。しかし、国際取引においても売掛債権を減らし未回収となるリスクを避けるためには有効な手段です。また国内の売掛債権を有効活用するといった面でも、今後も市場規模は拡大していくものと考えられます。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 償還請求権がない!
ファクタリングのTRYの基本情報
基本情報 住所:住所:〒110-0015 東京都台東区東上野2-21-1 ケーワイビル4F
電話番号:0800-800-5541
営業時間:9:00~18:00
定休日:土日祝日(Web申し込みは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短翌日での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:30万~5,000万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧