口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングに向いている業種とは?

ファクタリングは企業の資金調達方法の一つで、回収見込みのある売掛金を債権化して現金に換える方法です。特徴として、申し込みから入金までのスピードが早いということが上げられます。業種によって向いている場合と向いていない場合があり、事前に調査したうえで申し込みを検討した方がいいでしょう。

 

 

 

売掛金が回収できるまでの期間が長い場合に有効

このシステムは、金融機関に融資を断られた際などに非常に便利です。審査は金融機関よりも早く担保が不要です。自社の信用に自信がなくても取引先がちゃんとした企業であれば審査が下りる可能性があります。借り入れとは違うために、融資を受けたデータが残ってしまうことがありません。本当に金融機関の融資が必要になった時に、データの状況を見て断られることがなくなるので、金融機関の融資を受ける前に、売掛金を現金化した方がいい場合もあります。

売掛金が回収できるまでの期間が長く、必要な時に現金が手元にない場合の、資金調達方法としては非常に便利です。短期間で現金が回収できる場合は、資金繰りもめどが立ちやすいのですが、手形決済などの支払いまでの期間が長くなる場合は、どうしても現金が手物に無くて、計算上は黒字でも資金調達に困ることが出てきます。売掛金現金化のメリットは、キャッシュフローを正常化して、急な出費や支払い金不足に対応しやすくなることです。黒字経営にもかかわらず、資金繰りに苦労することが多いという中小企業などには、おすすめの資金調達法です。

介護や医療関係の業種はリスクが少ないため優遇される

また、介護医療業界に向いているシステムとも言えるでしょう。介護保険給付金が前倒しで手に入るようなものだからです。介護保険給付金は国民保険団体連合会に請求してから、2か月ほどたたないと入金されません。出来るだけ早く資金を手元に入れたい場合に有効な方法となります。法人化された企業と、個人事業主では信用が違うため、個人で利用する場合には審査がおりにくい傾向があるのですが、例外的に個人経営の診療所などは審査が通りやすくなっています。国民健康保険が入って来ないという場合はないので、債権化した売掛金の回収漏れのリスクがないためです。

介護や医療関係の業種だと、売掛金回収のリスクが非常に少ないために、手数料が安く設定されるというのも特徴です。利用時の手数料は一定ではなく、申し込みをしてきた企業の信用度を審査した結果、金額が決まります。売掛金回収ができないかもしれない場合は、手数料が高くなるか、審査がおりません。介護保険や医療保険が入って来ないリスクは考えられないために、介護や医療関係の業種は優遇されるのです。

突然自社に仕事が流れてきたときの対応に

アパレル業製造業など、季節によって収益にばらつきのある業者は、売掛金が支払われるまでの資金繰りのために、利用するのが良いと思います。急な注文に対応して原料を買いそろえたり、仕入れをするために現金が必要な場合に対応できます。建設業や運送業は競合他社に何らかのトラブルが起こり、突然自社に仕事が流れてくることがあります。しかし設備や人数の関係で対応するのは非常に厳しいものです。この対応がうまくいけば、それ以降取引先が増えるチャンスでもあります。

こういう時に売掛金の現金化により、顧客を満足させる対応ができると、信用が生まれその後のビジネス拡大につながります。天候不順によって現場の工事が進まなくなった場合など、予定していた作業期間よりずれ込んでしまった場合にも有効です。古い業界だと利用したことで信用を失うケースもあります。その場合は手数料が割高になりますが、2社間契約をお勧めします。契約の方法は、3社間契約2社間契約があり、3社間契約では売掛金を債権化して現金に換えたい企業と、売掛金を支払う予定の企業(売掛先企業)債券を現金化して手数料を徴収する企業(ファクタリング会社)が話し合って契約をします。契約後に売掛金を回収するときは、売掛先企業から、ファクタリング会社に直接支払うことになりますので、審査の際は申し込みする企業よりも、売掛先企業の信用を重視される傾向があります。

2社間契約は、売掛先企業を除いた2社間のみで契約をします。特徴は取引のある売掛先企業には、契約したことを知られずに済むことです。資金繰りに苦労しているのかと思われなくて済みますし、古い業界であっても信用を失うことがありません。その代わり契約時の手数料が、3社間契約よりもはるかに高くなります。

 

最後に向いていない状況に関して述べると、全体的な売り上げが減少したことに対する措置として利用するのは大変危険です。売掛金を手数料をかけて現金化する方法なので、どうしても本来の売り上げよりも手元に入ってくるお金が少なくなります。特に2社間契約の場合は、手数料が2割ほど取られるため、収益の減少に拍車がかかってしまいます。人件費などの固定費用を埋め合わせるのは、将来展望がしっかりしていないと危険です。どの業界にも言えますが、手数料で売掛金を減少させてでも、本当に今現金が必要なのか考えた方がいいでしょう。

サイト内検索
記事一覧