口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

     

税金の滞納を避けるためのファクタリング活用

公開日:2021/01/01  最終更新日:2020/12/22


私たちには個人や法人関係なく、決められた税金を納める納税の義務があります。しかし資金が充分に回らなくなってしまうと、税金を滞納してしまう人もいます。税金を滞納することは社会的にも大きな問題になる場合もあるので、税金の滞納は避けたほうがよいでしょう。そのようなときにファクタリングを利用すれば滞納せずに済むかもしれません。

税金の滞納で発生する事業上のリスク

税金にも時効があるので、時効まで粘れば支払いをしなくてもよくなると考える人もいます。しかし催促が行われた時点で時効がリセットされるため、国や役所が発生している税金の存在を忘れていない限り時効を迎えることはありません。そのため時効発生で納税しなくて済むようなことはほぼないと思ってよいでしょう。

税金を滞納するとさまざまなリスクがあります。まず滞納することで延滞税が膨れ上がりやすい点です。滞納している期間にもよりますが、最大で14.6%というカードローンにも匹敵する高い利率が適用されますので、ローンを借りてでも支払ったほうが得なケースも多いでしょう。

しかし税を滞納しているような状態では銀行などの金融機関の審査に通ることができない場合も多くなります。社会保険料や税金は裁判所の許可がなくても差し押さえが可能とされています。役所はある程度財政調査を行っているため、普段使っている銀行口座や保険の加入状況、自動車などの資産の保有状況、取引先からの報酬の支払日等を知っているものと考えておいてよいです。

余裕があるのに払っていないと判断されれば、予告もなくある日突然、銀行口座の差し押さえが発生することもあるのです。往々にして差し押さえは取引先からの振込日に行われるため、別の支払いをしようとして残高がないという状態になることも珍しくありません。差し押さえられてしまうと事業にも大きな影響が出るでしょう。

ファクタリングの利用と税金の関係

銀行の融資では滞納していると審査に落ちてしまうことも多いのですが、ファクタリングも本来であれば税金や社会保険料の滞納があると審査に通りづらくなります。とくに2社間ファクタリングでは取引先からの入金は契約者の口座に対して行われますので、そのタイミングで差し押さえが発生すると、ファクタリング業者は債権のお金を回収できなくなってしまうからです。

ファクタリング業者のWebサイトでは、税金や社会保険料の滞納があっても利用可としているところも多くありますが、それは話し合いがついて差し押さえが発生しないことが大前提です。所得税、住民税、健康保険料、年金など、それぞれ相談する先は異なりますが、支払いが遅延しているのであれば早い段階で相談し、支払いの目途を立てるようにしておきましょう。

連絡がついて約束を守っている状態では差し押さえをすることはありません。差し押さえが発生する場合は、連絡も無視し続けて滞納を続けている人です。また、財産がまったくないような状態でも差し押さえは起きませんが、滞納していてもよいことは一切ありませんので、なるべく早い段階で支払うことがよいでしょう。

資金繰りに困って最悪自己破産をするようなことになってしまっても、税金や社会保険料は免責の対象外となるため、支払い義務は消えません。数ある支払いの中でも優先的に支払うべきものなのです。

納税猶予制度を利用するメリット

税金は滞納を続けているとどんどん膨れ上がってしまうため、早めに対策をしなくてはなりません。しかし支払うお金がなければどうすることもできませんので、まずは延滞税が膨れ上がらないように対策を取る必要があります。

日本には納税猶予制度というものがあり、納税者や家族に病気や怪我が発生した場合、事業を廃止したり休止したりした場合、災害や盗難にあった場合、事業が大きな損失を出したりしたときは申請することで1年間猶予されます。

また、一括で納税すると事業や生活に影響が出るときも分割にしたり猶予したりしてもらうことができます。いずれにせよ、支払う意思があることを見せておくことが大切です。期日通りに納税をするということは、事業や日々の生活を守る上でもとても大事なことなのです。

銀行口座の差し押さえを免れたとしても、自宅や事業所から資産価値のあるものを持っていかれてしまう危険もあります。そうやって持っていかれた資産は競売にかけられることになりますが、競売では市場価値よりもかなり低い価格で売却されることも多いため、払わなくてはならない税金もあまり減りません。

結果として大きな損をする可能性もありますので、売掛債権をファクタリングして納税できるのであれば、対応策の1つとして考えてみることもよいのではないでしょう。納税猶予制度と合わせて検討し、損をしないように支払いを進めていきましょう。

 

税金の滞納をしていると、社会生活の中でさまざまなペナルティーの発生することがあります。しっかり支払いをするためにファクタリングを検討することも対策の1つです。ファクタリングでかかった手数料は債権譲渡損として計上できるため、翌年の税金対策もしておきましょう。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 個人事業主が利用できる
株式会社ウィットの基本情報
基本情報 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二ビル5F 電話番号:0120-31-2277 営業時間:9:00~18:00 定休日:土日
対応力 最短2時間での資金化が可能 電話のみでの資金調達にも対応
費用 手数料:5%~ 買取金額:30万~500万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
その他おすすめファクタリング会社一覧
記事一覧