口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングには資金調達以外の活用法がある?

ファクタリングは中小企業などの資金調達方法として、近年注目を集めています。回収見込みのある売掛金を債権化して、それを売ることで現金を得る方法です。商品を納入済みだったり、サービスの提供済みだったりで、その代金が入ってくる見込みがあったとしても、支払いまでの期日が長い場合、手元に資金がないので、計算上は黒字でも資金繰りに苦労することがあります。資金調達がしたくても、金融機関からの融資が受けられないときなどに、売掛金を現金に換えるシステムが便利だと言われています。

 

黒字であっても倒産の可能性がある

中小企業は資金を調達したい場合、銀行などの金融機関を利用するのが一般的ですが、政策金利が安いせいで、信用の低い企業にはなかなか融資をしてくれないのです。そのため手元の資金を増やしたいと思うのが、中小企業の基本方針となるのですが、たとえ黒字であっても手元の資金が豊富かどうかは関係がない事に注意しないといけません。例えば、会社が赤字であっても銀行が融資をしてくれたり、投資家が投資してくれたりで、手元に資金がある状態なら会社がなくなることはありません。しかし、黒字であっても回収見込みのある売掛金の回収がいつまでもできなかったりどこからも融資を受けられなくて手元の資金が付きてしまったりする場合、会社はつぶれてしまいます。赤字の場合は納税額が少なくなるので、出ていくお金も少なくて済みますが、黒字であると手元に資金がなくても、多額の税金を支払うことになるため、資金がどんどんなくなっていきます。

このため中小企業は銀行の融資に支障が出ない程度に、黒字を減らして資金が出ていくのを止めるか、売掛金をできるだけ早く現金に変えて、支払いは出来るだけ待ってもらうという方法で、キャッシュフローの流れを良くすることになります。資金繰りに苦労している中小企業にとって、売掛金を現金化して資金を調達すること以外にも、節税効果や、債権回収リスクがなくなるなど、いくつかの活用法があることはあまり知られていません。メリットを知ったうえで、資金調達以外の目的で利用することも考えられます。資金調達の方法というイメージが強くて、それ以外の効果についてはあまり意識されないことが多いのですが、その他のメリットについて知っておくことは、企業にとって有益な情報になります。

黒字が出た期に損益を計上して節税する

まず一つ目に、損金を作ることで納税額を減らすことができるという、節税効果があります。契約をする際に手数料が発生するのですが、この手数料を一括で支払うために、損金として計上できるので黒字をつぶすことができるのです。銀行などの金融機関で融資を受ける場合には、返済期間中に徐々に利息をつけて返して聞くことになるため、手数料をいくつかの期に分けて算入することになります。銀行の融資の利息では、黒字が出ている期に、節税のために一括で損金として計上できないのです。ファクタリングは資金調達のためだけでなく、黒字が出ている期に損金として手数料を計上して、節税するためにも利用できるシステムなのです。

二つ目は債権回収の手間やリスクを他の企業に転嫁できることです。回収見込みのある売掛金を、債権化して手数料を払って現金に変えてもらうシステムですが、この契約を結んだ時点で売掛先企業から現金を回収する役割は移動しています。万が一、売掛先企業から債権を回収できなかったときでも、回収できなかった会社の責任となり、債券を現金化した企業は手数料を引いた額を手にすることができるのです。回収ができなかった場合でも、債権を打った側が保証をする義務はありません。現金回収の手間とリスクを他の企業に丸投げすることができるのです。

売掛金の回収を他の企業に任せられる

商品やサービスの対価をきちんと支払ってくれる取引先であれば、売掛金を保有していてもそれほど問題はないのですが、現金がない状態で支払いが遅い取引先の売掛金がある場合だと、回収するのが大変になります。期間を延ばされるかもしれませんし、値引きを要求されるかもしれません。一般企業は債権回収のプロではないので、回収の際の交渉力が弱くなりますし、現金を回収するための労力もかかります。

自分で交渉しても回収できない可能性があると判断したときは、回収を他の会社に任せてしまうのも良い方法だと言えます。ただし、回収を任せられるのは3社間契約を結んだ時だけで、3社間契約を結べるのは取引先の同意も必要になる事に注意してください。 回収のリスクがなくなると聞くと、毎回契約を結んだら、売掛金回収のリスクがなくなっていいように感じます。しかし、手数料は金融機関からの融資を受けるよりも高くなっています。手数料を差し引いた額だけが入ってくる状態をくりかえしていると、資金繰りがだんだん悪化してきます。ここぞという時に使った方が効果的です。

 

節税対策になることや、回収リスクがなくなること以外では、銀行からの資金調達を良くする効果があります。売掛金の金額が大きい企業は、銀行から見れば不良債権が含まれている可能性があります。資金が少なければ融資をしても、倒産の危険があるため融資が回収不能になる危険があります。

このような場合、銀行側は融資することを躊躇しますが、この時にファクタリングによって売掛金を現金に換えておけば、貸借対照表上から売掛金が減るため、財務バランスが良くなります。そうすると、銀行側も融資に対するリスクが減るので、資金を貸し出してくれる可能性が高くなるのです。このような合法的な手段でリスクのある資産を減らすことを、オフバランス化といいます。

サイト内検索
記事一覧