口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングの利用割合が多い業種とは?

ファクタリングとは、売掛金債権を専門の業者に売買して支払期日より先に現金化することを言います。
支払から実際に入金するまでの期間(入金サイト)が長い場合において、運転資金の確保が難しくなった状況で銀行などのつなぎ融資を受けることができない場合でも資金を捻出できるメリットがあります。
そのため、近年では新たな資金確保手段として利用する事業者が増加しています。

ファクタリングに向いている業種の特徴について

ファクタリングは取引先の売掛金債権を現金化する点に特徴があります。
つまり現金決済の割合が低く、売掛金による取引を数多く手がけている業者が、この方法の利用割合が高いと言って間違いないでしょう。
この点については中小企業庁が発表している「売掛金により取引を行っている企業の特性」という資料が参考になります。
この調査によると売掛金取引を行っている業者は、建設業製造業サービス業などで実に98%を超えているとされています。

それではこれらの業種にはどのような特徴や傾向がみられるでしょうか。
おしなべて建設業などの上記の業種では①売掛金の入金までの支払サイトが長期化することが多く、②人件費や資材費などの支出割合が高いうえに、③機材導入などの突発的な資金需要がある、といった共通項がみられます。

これらの特徴を持つ事業ではファクタリングを利用することで恩恵を享受できるのです。
たとえば建設業では月単位で支払サイトが設定されることが多く、入金までの期間が長いほど資金繰りの難易度が高くなります。また施工費用が高額に上るので分割払いされることも多く、安定した資金繰りの需要が非常に高いので、ファクタリングが適していると言えます。
さらに事業を継続するには常に人件費を捻出する必要があり、時には業務で使用する機械の故障等突発的な資金需要にも柔軟に対応することが要求されます。
このような事態でもファクタリングを活用すれば売掛金の現金化で切り抜けられる訳です。

利用割合が最も高い業種は、建設業

建設業はファクタリングを利用する業種の実に3割を占めています。これほど多用される傾向があるのは、建設業という事業ならではの事情が関係しています。

先ほどご紹介したように、建設業は支払サイトが長いのが特徴です。
業界の慣習の側面もあるのでしょうが、あまりに入金までの期間が長いと下請けなどの事業経営の圧迫要因になります。
そこで建設業法などでは1月ほどで元請けなどに対し代金の支払いを定め、独占禁止法で「優越的地位の濫用」の一類型として元請け・下請けの関係などを規制しています。
しかし制裁の内容は微温的で実効性が無いので、結局は絶対的な力関係の差から、数か月にわたる支払サイトなどがいまだに多数を占めているわけです。

もちろん資金繰りが厳しければ、銀行等の金融機関からつなぎ融資を受ける方法もあります。
公共事業など優良債権の割合が高いことから、建設業で銀行等からの融資は比較的審査が通りやすいとされています。
しかし赤字経営であったり税金の滞納があったりすると審査を通過するのは困難です。
仮に黒字経営であっても貸付融資の利率を上回る業績などの成長率が見込めない場合には、融資の審査が通らない可能性も出てきます。
しかも融資による借入金は、バランスシート上では負債の部に計上されることになるので財務内容の悪化を招きます。
これに引き換えファクタリングでは売掛金の減少を招くにすぎず負債が増加するわけでもなく、加えて赤字経営でも利用できるメリットがあります。

製造業も利用割合の高い業種の一つ

製造業もファクタリングの利用割合が高い業種です。
これは製造業が人件費や資材費・光熱費などの固定費用の割合が元来高いので、常に運転資金を用意しておく必要があるという事業の特性に密接に関係していると言えます。
取引先の支払サイトの長期化などで十分な運転資金を拠出できない場合、金融機関による借入金で乗り切る場合もめずらしくないのです。

しかし製造業では実際の支払期日は3カ月や6カ月など相当長期間になることもしばしばで、しかも入金自体も遅れがちです。
事業を継続するには新規の受注を確保する必要がありますが、売掛金の入金よりも先に新規の事業のための資材費や機械導入費などの工面の必要性にも迫られることになると、一層資金繰りが厳しくなります。
更には、海外などの安い生産品が入ってくると価格競争にさらされ、薄利多売での営業を余儀なくされることもあり、国内の製造業ではギリギリの利益率で受注せざるを得ないことも想定されます。
こうなると新たな研究開発や従業員の支払いなどにも窮する事態に陥ることも懸念されるところです。

このような傾向を有する製造業ではファクタリングに適した業種であると評価できます。
ファクタリングでは売掛金の信用性が重視されるので、利用会社が赤字経営など財務状況が芳しくない場合でも審査を通過することが可能です。
しかも貸借対照表上、借入金には計上されないので財務状況の悪化要因とはなりませんし、何よりも支払サイトにかかわらず、売掛債権を現金化し事業資金を確保できるのがメリットです。

 

サイト内検索
記事一覧