口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

経営者は上手に活用したい「ファクタリング」と「債権回収代行(サービサー)」の違い

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/10/30

取引先会社から売掛金を回収するのは必要不可欠なことで、売掛取引が多いサービス業や卸売業・製造業などは売掛金を回収できないといろいろな問題に直結します。

中小企業の場合債権を回収できず、不良債権化してしまうケースもあるでしょう。債権回収の手段として債権回収代行(サービサー)やファクタリングがあり、それぞれにはメリットがあります。

急場の資金調達に利用することができる

ファクタリングの場合、未払いの売掛金を売却する資金調達方法です。売却する際買取手数料がかかり、手数料を引いた金額がファクタリング会社から入金される仕組みです。

2社間と3社間による取引があり、2社間は利用会社と業者で行うもので、3社間は2社間に加え取引先も含めて契約を行うことができます。ファクタリングにはいくつかメリットがあり、例えば急場の資金調達に利用することができたり、信用情報に依拠しないので赤字決算や債務超過でも利用することが可能です。

資金調達スピードが速く、取引先に知られることがないので関係性を壊すことがありません。手数料が低く、債権回収業務をアウトソーシングすることができます。貸借対照表のオフバランス化に利用することができ、このサービスは別名借りない資金調達と呼ばれています。

金融機関に頼らない資金調達として話題になっていて審査が簡易的であることがポイントです。信用情報に依拠することがないので、スピーディな審査を受けることができます。

2社間を利用すると取引先にサービスを利用している事実を知られることがなく3社間の場合債権譲渡の承諾に関して取引先から得なければいけませんが、債権回収業務はファクタリング会社に専任してもらうことができるので便利です。最短即日支払いに対応している会社もあるので、急な資金繰りに利用している企業が多くあります。

債権回収を代行することができる

債権回収会社代行はサービサーと呼ばれていて法務省認可を受け債権回収を代行する会社です。企業から債権譲渡を受けていて、未払いの売掛金について督促や訴訟などを含めた請求業務を行うことができます。

債権回収代行業者を利用した企業は未回収の売掛金を回収でき、同時に回収業務の手間や時間を減少することが可能です。債権回収業に関する特別措置法によって、従来弁護士が専任していた債権回収業務が一般会社もできるようになりました。

一般企業が債権回収代行を行う場合、法務大臣の許可を受けなければいけません。債権回収代行(サービサー)のメリットとして、国から認定を受けている会社になるので安心して債権回収することが可能です。

債権回収業務に関する効率化を期待することができ、不良債権化や債権未回収などのリスクを軽減することができます。何と言っても売掛金を回収することができ、金払いが悪い会社に困っていたり、回収業務が大きな負担になっているなら、債権回収会社を利用することをおすすめします。

しかし債権回収代行業者を利用すると、債権回収手数料がかかったり、取引先との関係が悪化するかもしれません。債権回収会社を利用すると回収するのに手数料が発生する仕組みです。利用時の費用相場として、着手金や成功報酬金・相談料などを含めて全体の15~25%になります。

手数料について売掛金金額や支払い期日・取引先の信用などによって異なり、督促や訴訟などを含めて回収業務を実行するようになります。そのため取引先との関係が悪化するリスクがあり、最悪の場合は取引停止になるかもしれません。債権回収代行を利用する場合、慎重な姿勢が大切です。

債権回収業務をアウトソーシングできる

債権回収代行とファクタリングに関して、外部企業において売掛債権を買い取ってもらう仕組みになります。債権回収とファクタリングには違いがあり、利用目的などがあげられます。

債権回収の場合は売掛金回収を目的を置いていて、支払い期日を過ぎた特定金銭債権について買い取ってもらうことが可能です。

ファクタリングの場合は資金調達という意味が強く、未払いの売掛金だけ売却することができません。手数料に関しては低めに設定されていて、3社間取引を利用するとだいたい1%~5%ぐらいでしょう。このサービスを利用した方が、回収することができる売掛金額は多いと言えます。

資金調達に特化しているので即日入金に対応しているところもあります。もともと売掛金を使った方法になりますが、近年債権回収という役目としても注目が集まっていて、売掛債権が未回収や不良債権化した場合、保証する保証ファクタリングサービスが登場しました。

実質的に債権回収業務などを行うよう、移行しつつある会社が増えてきているのが実情です。債権回収は必要不可欠なものですが、回収業務にかかる時間や手間を考慮するとスムーズな回収業務を行っていない中小企業が多いです。

債権回収業務をアウトソーシングするのに債権回収代行とファクタリングが考えられますが、どちらを利用したらよいのか迷う経営者も多いでしょう。資金調達が目的ならファクタリングがおすすめで、手数料がやや低めに設定されているので回収業務を減少するのにこのサービスを利用する経営者もいます。

 

取引先から売掛金を回収するのに、ファクタリングや債権回収代行があります。急場の資金調達に利用することができたり、債権回収をアウトソーシングすることが可能です。それぞれのサービスにはメリットがあり、自社に合ったものを選択することをおすすめします。

おすすめのファクタリング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社オッティ株式会社SKO ファクタリングのTRY(トライ)株式会社三共サービス株式会社ワイズコーポレーション FACTOR PLAN(ファクタープラン)株式会社ビートレーディング
ポイントスピード・手数料・限度額の全てがハイクオリティ24時間いつでも申し込め最短1日で売掛金を資金化圧倒的な安さでとにかく手数料を抑えたい人におすすめ条件を満たせば最短即日での現金化が可能数億円単位での大規模な取引をする企業におすすめ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧