口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

薬局業界の特徴とファクタリング活用事例

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/26

薬局業界では、市販薬を中心に販売をしているところと、医療機関からの処方箋により薬を処方する調剤薬局があります。ファクタリングでは、主に処方箋を受け付けるところの保険請求分を利用して行うのが主流です。患者が加入する健康保険団体への請求と受給までには時間がかかりその前に現金化するために行います。

処方箋を受け付けるところと市販薬のみのところの違い

医療機関が発行する処方箋を持って薬局で薬を処方するところでは、患者が一定の負担をその場で行うとともに、残りを保険請求と言って患者が属する保険組合に対して行います。患者負担は概ね3割から1割程度ですので、残りを保険組合などが負担する流れとなります。

一方、市販薬のみを販売しているところでは、処方箋を受け付けることは出来ません。そもそも処方箋を受け付ける薬局すなわち調剤薬局では、行政による審査を受け、処方箋を受け付けても良いという許可をとっています。市販薬のみを販売しているところでは、薬剤師などがおらず処方箋を受け付けることが出来ないわけです。

市販薬のみの販売では一部の薬については、登録販売者の資格があることで売ることが出来る場合があります。このときでも保険薬局の許可が下りていないときには、調剤が出来ません。そのため市販薬のみの販売となり、売ってしまえばそこで終わりです。後日の請求などは通常はありません。

調剤部門があるドラッグストアも含めて調剤が出来るところでは、患者負担以外を後日請求するわけですが、そこまでの間についてタイムラグが生じます。その期間にてファクタリングにより現金化することが出来る訳です。なお、保険請求が認められて現金になるまで概ね2ヶ月から3ヶ月程度はかかるので、急ぐ場合にファクタリングを考える余地が生まれます。

保険請求では審査の後に支払われる

健康保険証による処方薬について、その代金は患者がその場で支払うものと、翌月以降に請求を行い受給するものに分かれます。このとき、保険請求分についてはその月ごとにまとめて審査支払機関に請求を行います。

その請求書類のことをレセプトと言いますが、レセプトによる請求は翌月の10日が締め切りとなっており、例外はありません。もし内容に誤りがあるときには返戻となり、改めての請求となります。また明らかに請求が出来ない場合には、再請求が出来ないケースもあり得ます。

審査などがあるため、概ね請求から2ヶ月後あるいは3ヶ月後に保険分が支払われる流れです。また審査時に、例えば保険者が違う場合やその他誤りがある場合にはその分だけ返戻扱いとなり、その時点での保険分の請求が認められないのです。再請求を行うための対応が必要となり、再度レセプトを作成し直す手間がかかります。

審査から薬局側の指定口座などへの振り込み、支払いには審査などを経て認められたものが行われるために一定の時間がかかるものですが、その期間に資金繰りなどで問題が生じることもあり得ます。ファクタリングの利用で、その資金繰りをやりくりするケースがありえます。この保険請求分を後日の支払いに充てる代わりに、手数料を差し引いた金額を受け取ることで運営資金などに充てたりするものです。

ドラッグストア等で市販薬などだけの場合とその競争

支払いまでにタイムラグが生じるのは、処方箋を受け付ける薬局だけです。それ以外は患者と薬局だけの関係ですので、購入したい薬についてその場で現金などによる支払いが行われれば、売買成立となりファクタリングには繋がりません。

現金以外でも同様で、たとえばクレジットカード類でも支払いについてはその場で完結します。このケースではクレジットカード会社へと請求を行うために、未払いが起こり得ないことになります。滞納などの問題は、その購入者とクレジットカード会社間での話しです。

最近では処方薬を受け付けることで相乗効果を狙い、薬を薬剤師が準備している間にその他の市販薬や食べ物、飲み物などを販売するドラッグストアが発展を遂げている状態です。待ち時間を有効に使いたい患者側と、色々なものを売り込むことで売り上げを伸ばしたい薬局との双方にメリットがある動きになります。

こうした対応が広く行われる一方で、いわゆる調剤薬局では特に門前薬局が競争に巻き込まれているケースが多くなっています。ドラッグストアで処方箋を持って行くことで、時間の無駄を省きたい患者からすると、門前薬局での処方は待っている時間がもったいないという感覚から、ドラッグストアへと移ってしまうものです。競争の激化に伴い患者が減少する中で、ファクタリングの利用をせざるを得ないところが現れています。

 

調剤部門を持つところでかつ市販薬や食料品などをお手広く手掛けるところでは、大きな売り上げを得ているところも現れています。一方で、門前薬局の中にはファクタリングにより現金を早期に手に入れることでやりくりをせざるを得ないところもあります。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 個人事業主が利用できる
株式会社ウィットの基本情報
基本情報 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二ビル5F 電話番号:0120-31-2277 営業時間:9:00~18:00 定休日:土日
対応力 最短2時間での資金化が可能 電話のみでの資金調達にも対応
費用 手数料:5%~ 買取金額:30万~500万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧