口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

年末の資金繰りにも使える!ファクタリングの利便性が高さと活用シーンを徹底解説

公開日:2020/01/01  最終更新日:2020/01/27

日本でも普及が進んできているファクタリングですが、メリットが分からないこともあります。従来の融資と比較したときにどのような利便性の高さがあるのか知っておくと良いでしょう。また、具体的な活用シーンを把握しておくことで、自社で資金調達が必要になったときにファクタリングで対応が可能であるのか判断できます。

入金されるまでの期間が短く赤字でも利用可能

ファクタリングを融資と比べたときの利便性の高さになるのが入金されるまでの期間の短さと自社が赤字であっても利用できる審査の通りやすさです。

契約する会社によって期間は異なりますが、売掛先を交えずに済む2社間の場合には最短で即日でも対応が可能です。即日ではないところでも、申し込みから数日以内に支払われるところが多いので、緊急でお金が必要になったときでも間に合わせられます。

審査の面では、融資では貸し倒れを警戒されるので自社の経営状況が赤字になっていたり税金の滞納をしている場合には断られる場合が多いです。ファクタリングでは売掛債権や受取手形などを売却して早期に現金化できる仕組みであるため、貸し倒れになる危険性が少なく、赤字経営に陥っていても審査に通ります。

まとまったお金が必要になった場合などはさらに審査が厳しくなりますが、売掛債権の額面が十分にあれば高額の金額でも現金化できます。これらのことから、銀行などから借りられない状況であっても利用できることが利便性の高さになります。担保や保証人なども用意する必要がありません。

売掛債権が支払われないケースがありますが、これも通常の契約の場合には融資ではないので返済する義務はなく、売掛先が倒産しても弁済せずに済みます。ただし、償還請求権が含まれていると弁済を求められるので注意しましょう。

具体的な活用シーンに何があるか

企業の取引では業務の受注をしてから2か月後に入金されるなど、時間のずれが起きることが一般的です。仕入れや人員が必要になる場合には、それにかかる費用は先行して持ち出すことになり、十分なお金がないと業務ができなくなります。

例えば普段は余裕があるので問題がない場合でも、年末が繁忙期になり、大量の発注が入ったときには一時的な資金不足に陥るケースがありますが、このときにファクタリングを利用すれば対応が可能です。

年末に限らず、通信会社などではスマートフォンの新機種が発売されるときは十分な在庫を確保していないと販売できなくなるので、大きな支出が発生します。このための費用にするため、ファクタリングを利用できます。

銀行などから融資を受けている場合には返済期限が設定されているので、それまでに支払えないと債務不履行になり、倒産することもあります。前述したように入金までの時間にずれがあるので、全体で見れば黒字経営でも一時的な資金不足で債務不履行になることがあるのでファクタリングで回避すると良いでしょう。

予定外の支出などで返済が困難になったときでも、対応できることが強みです。資金が必要なときとそうでない場合の振れ幅が大きくなる不動産業や下請けに依頼する際にもまとまった資金を用意する建設業、収入が不安定になることの多いIT業界などでファクタリングは人気があります。

注意が必要になる活用方法もある

ファクタリングには利便性がありますが、注意が必要になる活用方法もあります。例えば新規事業を行う際の設備投資にかかるまとまったお金を用意する場合ですが、これを勧めているところもありますが、何も考えずに利用すると収益を圧迫する危険性があります。

売掛債権の支払い期限は短いため、ファクタリングも2~3か月後に支払うものが多いです。設備投資したお金をすぐに回収できる事業であれば問題ありませんが、短期間で回収ができずに長期的に減価償却する場合もあります。期限になる前にファクタリングで再度現金化して対応できますが、手数料は1回ごとに発生するので繰り返していると支出が増加して経営に悪影響が出る恐れがあります。

このようなケースで安全に活用するときは、ファクタリングだけで資金不足に対処するのを避ければ良いでしょう。2~3か月は時間を作ることができるので、その間に銀行から借り入れをするためのつなぎ融資にするのが適切です。現金化しているだけなので会社の借り入れにはならず、審査で不利になる心配はありません。

同様に、社員の増加などで固定費が増加した場合も銀行と契約できるまでのつなぎ融資にします。 ファクタリングは期限の短いものなので長期的に支払う、または慢性的な資金不足になる場合などにはこれだけで対応するのは適していません。この特徴を理解して、借り入れと組み合わせて活用すると良いでしょう。

 

ファクタリングは銀行から融資を断られる場合でも利用でき、時間もかからず高額の資金不足にも対応できる利便性の高い資金調達方法です。様々な活用シーンがありますが、注意点もあるので特徴を理解して安全に利用すると良いでしょう。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 償還請求権がない!
ファクタリングのTRYの基本情報
基本情報 住所:住所:〒110-0015 東京都台東区東上野2-21-1 ケーワイビル4F
電話番号:0800-800-5541
営業時間:9:00~18:00
定休日:土日祝日(Web申し込みは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短翌日での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:30万~5,000万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧