口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

     

ファクタリングの種類にはどんなものがある?

公開日:2020/06/01  最終更新日:2020/08/31

ファクタリングは取引の形式や売掛債権の種類によって分類できます。とくに多くのケースで問題になるのが取引の形式ですが、どのような形があるかを知っているでしょうか。この記事では二種類の取引形式について説明した上で、どのようなときにどちらを使うべきなのかを紹介します。どちらを選べばよいか迷っている人は参考にしてみてください。

三社間ファクタリングの取引形式

最も初期から行われているのが三社間ファクタリングです。考えてみれば当然の方式で、本来このようにして行うべきともいえる取引形式になっています。依頼主が売掛債権を業者に譲渡するという形を法的にきちんと行うのが特徴です。依頼主と業者の間で債権譲渡の契約をするときに、債権譲渡登記も行います。

この際に売掛先の企業に通知または承諾を得ることが必要になるため、取引に依頼主、業者、売掛先の企業の三社が関わることになります。流れとしては業者への申し込みをした後、審査が行われ、売掛債権を買い取れるという判断になったら契約と登記のために売掛先に連絡をします。

そして、返事があって確かに譲渡が行われることを売掛先の企業が認識したら契約と登記の手続きが進められ、両方が完了するとともに現金の支払いを受けます。

売掛金が発生したときには売掛先の企業が依頼主ではなく業者に支払いをします。通常は業者から請求書が発行され、それに従って売掛先の企業がお金を振り込むという流れで行われます。このように債権そのものが譲渡されることと、売掛先の企業が取引に関わるのが三社間ファクタリングの特徴です。

二社間ファクタリングの取引形式

もう一つの種類は二社間ファクタリングと呼ばれるもので、近年ではこの形式の方が多くなってきています。三社間の場合には売掛先の企業が取引に関与しましたが、二社間の場合にはお金の授受に関して売掛先の企業が登場することはありません。あくまで頼主と業者の間での契約で取引が行われる仕組みになっていて、法的には債権譲渡も行われないのが特徴です。二社間で取引をする場合の流れを見てみると違いがわかりやすいでしょう。

まず依頼主が業者に取引を申し込んで審査を受けるというところまでは同じです。そして、審査を通過したら契約を交わして現金をこの時点でもう振り込んでもらいます。そして、売掛金が発生するタイミングになったら依頼主が請求書を出して売掛先の企業からお金を受け取ります。

そのお金を依頼主が業者に渡すことによって取引が完了するという流れです。つまり、二社間で取引をするときには、もともとのお金の流れから変化するところがありません。売掛債権に基づいて請求業務をするのはあくまで依頼主で、そのお金を業者への支払いに使用するという仕組みになっています。このような流れになっていることから法的手続きが不要で、売掛先の企業に連絡する必要もないことからスムーズに手続きを進めることが可能です。

ファクタリングの種類の違いと選び方

比較してみると三社間と二社間では、三社間の方が登記をする必要があり、売掛先の企業も取引に関わるので煩雑になることがわかります。

実際、ファクタリングによる資金調達が早いといわれているのは主に二社間の場合のことで、三社間の場合には一週間以上かかってしまうこともあります。二社間の場合には即日から翌営業日くらいで対応してもらえることがほとんどなので、急ぎの資金調達では二社間の方が優れているでしょう。

また、三社間ではファクタリングを利用することを売掛先の企業に伝えなければなりません。それが原因で売掛先の企業から信用されなくなってしまうリスクもまったくないわけではありません。売掛先がどのような認識を持っているか次第ではあるものの、あえてリスクを取りたくはないと考えるなら二社間で取引をするのが賢明です。

このようにして考えると三社間にはメリットがないのではないかと考えるかもしれませんが、圧倒的に手数料は安くなっています。二社間では10%を下回ることはあまりありませんが、逆に三社間では10%を超えることがほとんどありません。

あまりにも少額の場合には高くなることはあるものの、基本的には三社間なら数%の手数料で済みます。余計な費用を抑えたいのであれば三社間での取引を優先するのがよい方法なのです。このような違いを充分に理解して、適切な方を選ぶようにしましょう。

 

ファクタリングには分類方法がいくつかありますが、代表的なのは取引形式による分け方です。取引形式として二社間と三社間の二通りがあり、売掛先の企業が取引に関与するかどうかが違っています。

仕組みの違いがある影響で登記の必要性などにも差があることから、資金調達にかかる時間も異なるなど、相違点はいくつもあるので注意しましょう。基本的には急ぎの資金調達のときや、売掛先の企業に連絡をしたくないときには二社間が魅力的です。手数料を押さえたいときには三社間が適していると考えてどちらがよいかを選択すると大きな失敗はないでしょう。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 個人事業主が利用できる
株式会社ウィットの基本情報
基本情報 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二ビル5F 電話番号:0120-31-2277 営業時間:9:00~18:00 定休日:土日
対応力 最短2時間での資金化が可能 電話のみでの資金調達にも対応
費用 手数料:5%~ 買取金額:30万~500万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧