口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングで起こってしまうトラブルとその回避方法

ファクタリングでよくあるトラブルは、いくつかあります。そもそもビジネスにおいて資金調達時にトラブルが起こることはよくありますが、経営者としては事前にどれだけリスクを認識できるかが重要なポイントになります。

これは大手でも中小でも変わらないことで、後々になってその時はやむを得なかったなどと言い訳が必要になる状況に陥らないよう、厳重に注意が必要です。

これから導入する予定の場合も、検討中の場合も、まずは予備知識を仕入れておきましょう

まずはメリットデメリットを知ることが肝心

ファクタリングは売掛金の買取のことです。メリットは早く資金調達ができることで、通常銀行などから融資を受ける場合は経営状態がチェックされますが、そうした審査もほとんどなく担保も不要です。つまり売掛金を売却することで必要な資金を調達できるので、売上があるのに黒字倒産などという事態を避けることができます。支払金が不足している時にも対応が可能でしょう。キャッシュフローが良くなり貸借対照表がスリム化されるので、結果的には金融機関の信用度も上がります。

一方デメリットは、手数料が非常に高い点です。2社間なら買取売掛金額の10~30%が相場で、3社間なら1~5%が相場です。そもそも売掛金をベースとするので月商以上の資金調達は不可能ですから、ここは融資と大きく異なる点でしょう。2社間か3社間かは問題が発生しやすい点で、3社間にする場合は売掛先に売掛債権を譲渡した事を通知しなければならないというルールがあります。日本の商慣習ではあまり売掛債権を譲渡する事が行われて来なかったため、取引先によっては理解されないケースも多いです。もし取引先が短絡的に売掛債権を譲渡するほど経営が傾いているのかと考えてしまうと、今後の取引にも悪影響が及ぶでしょう。実際には3社間の取引にしたほうが手数料が安くなるのですが、なかなか上手く行かない場合もあります。

売掛債権取引で起こりやすいトラブル例

売掛債権の譲渡で起こりやすい問題の事例は、おおよそ5つに集約されます。

まず第1に、先ほども挙げた手数料の問題があります。予定の支払期日より先に現金化できる点は助かりますが、結果的には満額入金は叶わなくなります。手数料がいくらになるかは買取会社によりますが、万が一悪徳会社を利用してしまった場合、弱みにつけこまれ、法外な手数料を取られてしまう恐れもあります。これでは資金繰り改善どころか経営悪化の一途となってしまいますので、大問題と言えるでしょう。

第2に、契約書を作成しない買取会社に引っ掛かってしまうという事例があります。契約の際、対象となる売掛債権の掛け目や手数料等は当然の事、旧債権者と新債権者間の合意内容もきちんと契約書として文書に残すことは必須です。こちらも悪徳会社は契約書を作成せず、後日内容について確認することが出来ないという問題が起こっています。

第3に、虚偽申告で実行不可になってしまったという事例があります。こちらは利用者が契約内容を良くしたいあまりに売掛先の情報などを虚偽申告してしまうという事例です。いかなる理由があろうとも取引は信頼に基づくものですので、最終的に審査で虚偽が発覚すれば、減額どころか実行不可となり、社会的信用を失うでしょう。

第4は、以前の売掛債権譲渡契約にまだ残りがあったというケースです。通常、何らかの理由で債権回収ができなくなった事態に備え、足りない場合はその後に発生する売上債権からも回収できるようにする内容が契約に盛り込まれます。新たに契約する時には締結前に過去の契約の登記が調査されますが、その時に残っていることが判明すると、契約ができないことになります。

最後が利用者による横領や法的措置です。主に2社間の契約において、既に業者に譲渡済みの売上債権を、他の会社に譲渡してしまう事例が過去発生しています。二重契約は違法ですので横領となり、悪質とされた場合は法的措置を取られる事になります。

買取会社側の問題と経営者側の問題

前述した5つの事例のように、取引で起こりやすい問題には、買取会社側のものもあれば、利用する経営者側のものもあります。悪徳会社に引っ掛かってしまわないように注意するのは当然ですが、実は利用する経営者が信義にもとる行為をしている事例も少なくありません。

特に二重譲渡に関しては大きく社会的信用を損ないますし、法的措置をとられた場合は会社経営が続けられるかどうかも不透明な事態になりかねません。資金調達に困った状況でも、焦って誤った判断をしないために、信頼できるビジネスパートナーをしっかり持つことが重要でしょう。悪徳会社に引っ掛からないためにも、信頼できる専門家に相談することが大切です。また万が一詐欺に遭うようなことになっても、一刻も早く専門家に相談することで、契約を解除して債権譲渡を無効にする措置を取ることも可能でしょう。いずれにしても、あまりにも簡単に契約できてしまったり、手数料が異常に高かったりする話には乗らないことです。耳聞こえの良い事しか言わず、契約直前になって内容の変更を要求したり、契約書類を作成しなかったりする会社は危険です。

ファクタリングで起こりやすいトラブルは、主に悪徳会社によるものと、経営者の誤った判断によるものです。資金調達で困っても焦らずに状況を正しく判断し、信頼できるビジネスパートナーを選ぶことが最善の回避策です。

サイト内検索
記事一覧