口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

     

資金調達を行うタイミングは?

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/09

融資やファクタリングなどによって資金調達をする際、どんなタイミングで行うのが適切なのかと疑問に思っている人もいるでしょう。適切なときに必要な金額の資金を用意して運用できるようにするのは企業を成長させることにつながります。どのようなシーンで調達が必要になるのかを具体的に紹介するので参考にしてください。

投資による増産や成長を目指すタイミング

資金調達のタイミングとしてまず挙げられるのは、投資をするときです。製品の増産をするときや研究開発の人材を増やすときが代表例として考えられるでしょう。

たとえば、市場の動向を追っていると主力製品の一つの売り上げが伸びていて、今後も継続的に増加傾向にあると見込まれたとします。競合他社の状況から考えても増産をしてシェアを取りに行くべきと判断されたとして、今のままの設備では不可能ということがあります。

しかし、この絶好の機会を逃してしまうと他社にシェアを取られてしまうと考えられる場合もあるでしょう。その際に設備投資のための資金調達をしてすぐに生産設備を増設したり、工場を新たに建てたりしつつ、製造委託をして一時的に生産数を増やしてシェアの獲得を目指すのは合理的な事業戦略です。

また、人材紹介会社に有望な人材の紹介を依頼していたら、まさに今必要としている人材が見つかったけれど、その人を雇ってしまうと運転資金が厳しくなるという場合があります。その人の雇用にかかる経費と当面の給料に当たる分を調達すれば、運転資金に支障をきたすことなく人材を補強して新しい研究開発を進めていけるでしょう。

この他にも買収による合併などのさまざまなタイミングで投資が必要になります。重要な局面ほど多額の費用が必要になることが多いため、資金を速やかに調達することが肝心です。

業務効率化や経費削減策を実行するとき

資金調達が重要になるシーンとしてもう一つ挙げられるのが、業務効率化のための施策や経費削減策を実行に移すときです。最近では情報システムの導入によって業務効率化やコスト削減をする取り組みが活発に行われるようになってきました。

典型的なのが業務システムを導入することで各種業務の無駄を省き、自動化をしつつ、さらにミスを減らすためのチェックシステムを稼働させる方法でしょう。経費精算や勤怠管理、会計処理に加え、人事評価なども行えるようになってきています。

業務システムでは個々の業界に特化したシステムも多く、原価計算システムや医療情報システム、施工管理システムやPOSシステムなどが代表的なものです。このようなシステムの導入には数百万円といった単位で費用がかかることが多いため、資金調達をして導入することが多くなっています。

それに付随してeラーニングによる教育研究をするコストなどもかかることから、一時的な出費はかなり大きくなるのが一般的です。このタイミングの見極めはかなり難しいですが、できるだけ早い段階で取り入れることによりコストが削減され、これからずっと余計な経費負担を少なくできます。

そのため、事業の流れを考えて一度事業を止めて現場改革できる瞬間を狙って導入を図ることが必要です。それに合わせて資金を手配することにより無駄のない流れで施策を実行に移せるでしょう。

利益を得るために資金調達を行う

この二つのタイミングを考えてみると共通する点があることがわかるでしょう。どちらも資金投入をしたことによって、今よりも将来の利益が増えることを期待していることです。このようなタイミングで外部から資金を調達するのは基本なので覚えておきましょう。

融資を受けた場合には利子を付けて返済しなければならないので、調達額に比べて支払額が大きくなります。それでも会社に利益をもたらすようにするためには、その資金を使ったことによって利子以上の利益を生む必要があるのです。

ファクタリングの場合にも同様に手数料を支払うことになるため、手数料以上に利益が出るような施策のために利用することが必要になります。どちらのシーンも売り上げの増加、あるいは経費の低減によって利益を増やせる計画になっています。

これに対して、運転資金が足りなくなってしまったから借り入れをするのはリスクが高く、返済の資金が足りないから借り入れをするのは倒産に向かうことになります。自転車操業に陥るからであり、本当に立ち行かなくなってしまうリスクがあるので注意が必要です。

 

融資やファクタリングによる資金調達のタイミングとして適しているのは、その資金によって行った施策により利益の増加が見込めるときです。設備や人材に投資することによって将来的な利益を伸ばせる見込みがあるときや、業務効率化のためのシステムの導入などによって経費を削減できると考えられるときが該当します。

どちらの場合にも資金を投下するタイミングが適切でないと効果が半減するどころか、利益を生めない可能性もあります。そのため、適切なときにきちんと資金調達できるようにすることが重要です。ファクタリングは資金調達の早さではとくに優れているので、このような資金調達のときには利用を検討してみましょう。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 個人事業主が利用できる
株式会社ウィットの基本情報
基本情報 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二ビル5F 電話番号:0120-31-2277 営業時間:9:00~18:00 定休日:土日
対応力 最短2時間での資金化が可能 電話のみでの資金調達にも対応
費用 手数料:5%~ 買取金額:30万~500万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧