口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングとでんさいの違いは何?

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/10/30

ファクタリングとは、売掛債権を売却し現金化する金融サービスのことを指します。 一方でんさいとは「電子債権」のことで、債権を電子的に(パソコン上で)管理をして債権の譲渡をデータ上で行えるシステムを指します。

債権を電子管理しながら必要な時に譲渡し融資を受けられる「でんさい」と「ファクタリング」どういった点が違うのでしょうか? その違いを解説していきます。

ファクタリングはどういう仕組み?

自社(利用者)が持っている売掛債権を期日前にファクタリング業者に譲渡し、審査を経て現金化できるサービスのことを指します。売掛債権には支払い期日があり、その期日が来るまでは売掛先企業より支払いが行われません。

資金繰りが厳しい企業にとっては、債権の支払いを一刻でも早く行ってもらいたいことでしょう。 売掛債権の期日前に現金化ができるこのサービスは、資金繰りの厳しい企業にとって画期的な資金調達方法として活用されています。ファクタリングには、2社間契約と3社間契約があり、審査内容や手数料がそれぞれ異なります。

・2社間契約

利用者と業者との間で行われ、利用者は業者へ売掛債権を譲渡し、手数料を差し引いた金額を業者から受け取ります。期日になると売掛先企業から利用者へ債権の支払いが行われますが、その支払いは利用者を介して業者へ返済しなければなりません。

業者が債権の支払いを利用者へ「立て替え払い」をするシステムとなっています。 また2社間契約での審査は、立て替え払いの返済義務が発生する利用者側の信用度が重要項目となります。

・3社間契約

3社間契約は、利用者と業者に加えて売掛先企業も含め債権の譲渡が行われるシステムとなります。 3社間契約での債権譲渡は売掛先企業の承諾を得て行いますので、一般的には3社間契約の方が手数料が安く抑えられます。3社間契約は売掛先企業から業者へ債権の支払い義務が生じますので、審査は売掛先企業の信用度が重要項目となります。

電子記録債権(でんさい)とはどういう仕組み?

でんさいとは手形や売掛債権とは異なる新たな債権のことで、電子記録債権法に基づいた決済サービスを指し、電子手形譲渡・期日前決済などのあらゆる取引を行うことができるシステムです。既存の手形や売掛債権では管理や保管、支払い業務にコストがかかる上、紛失や二重譲渡などのリスクもありました。

しかし電子化することで管理にかかるコストが削減され、紛失や盗難などのリスクが回避できるというメリットが生まれます。

また電子化することで、支払期日になると取引金融機関の銀行口座に自動入金されたり必要な分だけ分割して譲渡や割引が行えるという、従来とは異なった方法で利用できます。電子化により柔軟な活用ができるのです。

でんさいは単に既存の手形や債権を電子化したわけではなく、あくまでも新しい金銭債権となります。従って、これまでの手形や売掛債権がなくなるということはありません。

電子債権を利用するには、通称でんさいネットと呼ばれる一般社団法人全国銀行協会が設立した電子債権記録機関「株式会社全銀電子債権ネットワーク」への加盟が必要となります。

企業はこの「電子債権ネットワーク」を介して債権の管理や譲渡などを行います。つまりインターネット上で売買を行い支払期日を待たずに現金化できることにより、既存の手形や債権と比べてコストがかからずスピーディーに取引ができるのです。

ファクタリングと電子債権(でんさい)の違い

支払いスピードはファクタリングの方が早く、債権の現金化は即日に行うことも可能です。 電子手形や電子債権を現金化するには1週間程度は必要となります。

ファクタリングは売掛先企業が倒産した場合の債権返済義務はありませんが、でんさいでは債権返済義務が生じます。この点が最大の違いと言えるでしょう。

でんさいは売掛先企業と受け取り企業両方の信用度が重要視されますので、審査が厳しくなる傾向があります。 この信用度という観点から、でんさいは個人事業主は利用ができません。

一方、ファクタリングにおいては個人事業主も利用可能です。 ファクタリングでは、貸し倒れリスクを未然に防ぐために利用者への手数料が高く設定されています。従って、貸し倒れリスクのない電子債権の方が手数料は安く抑えられるというメリットがあります。

でんさいと3社間契約のファクタリングを比較すると、審査内容を鑑みてそこまで大きく手数料の差はありません。 しかしながら、2社間契約では貸し倒れリスクが高まることでその分手数料が高く設定され、でんさいと大きな差が生まれます。

でんさいは全国統一書式ですので一度でも利用すると次回以降はスムーズに取引が行え、また取引先がすでに利用していれば契約不要で利用できるというメリットがあります。ファクタリングはその都度申込みや審査がありますので、利用しやすさが大きく異なります。

 

ファクタリングと電子債権(でんさい)は似て異なるシステムです。利用する場合は、それぞれの特徴や違いをよく理解しておくことが重要と言えるでしょう。

利便性や柔軟性を重視するなら電子債権(でんさい)、売掛債権の不渡り回避を重視するならファクタリングといったように、自社の目的を明確にすることが先決です。取引先企業の状況もよく把握しながら、自社に合った最適な方法を選びましょう。

おすすめのファクタリング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社オッティ株式会社SKO ファクタリングのTRY(トライ)株式会社三共サービス株式会社ワイズコーポレーション FACTOR PLAN(ファクタープラン)株式会社ビートレーディング
ポイントスピード・手数料・限度額の全てがハイクオリティ24時間いつでも申し込め最短1日で売掛金を資金化圧倒的な安さでとにかく手数料を抑えたい人におすすめ条件を満たせば最短即日での現金化が可能数億円単位での大規模な取引をする企業におすすめ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧