口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングの手数料の相場を知ろう


ファクタリングは企業が持つ売掛債権を買い取って資金提供を行う仕組みのことで、素早く資金調達ができます。

特に中小企業で頻繁にこの仕組みが利用されており、企業間の取引では現金払いではなく掛売りが行われるのが通常です。

支払い期日まで時間があると、資金繰りに影響が現れます。ファクタリングによって売掛金を現金化すれば、スムーズに資金調達を行うことができます。

 

 

ファクタリング手数料の相場とは

ファクタリングには2社間で行うものと3社間で行うものがあり、手数料の相場にも違いが存在します。

2社間で行う場合の当事者は債権者とファクタリング業者で、その場合は債務者は当事者にならず、この方法では債務者への通知が不要です。

3者間で行う場合は債権者と債務者、ファクタリング業者が当事者になり、債権を譲渡するので、債務者への通知が必要です。

一般的な資金調達に利用される方法は一括ファクタリングと呼ばれています。

企業が資金調達を行うには、まず2社間と3社間の手数料相場について調べる必要があります。

2社間と3社間の契約には手数料相場に大きな違いが存在します

2社間の方が高額で売掛債権額の10%から30%ほどとされています。

1か月後に入金予定の売掛債権100万円を20%の手数料で現金化すると、80万円の資金調達が可能です。

手数料は高額ですが素早く資金調達を行うことができます。

一方3社間の場合は売掛債権額の1%から5%ほどです。

費用は3社間契約の方が安くなりますが、売掛先への通知が必要になります。

資金繰りに困っていると売掛先に伝えることになってしまうため、2社間契約を利用するケースの方が多数派です。

また3社間の場合は債務者も含めて契約する必要があるので手続が煩雑になります。

急いで資金調達を行うには2社間契約の方が有利です。

2社間契約は費用相場が高額になりますが、即日で資金調達を受けることもできます。

2社間ファクタリングの費用の内訳について

ファクタリングに必要な手数料の基本的な内訳は登記費用と業者の取り分、紹介料に印紙代などです。

司法書士に手続を依頼した場合の登記費用が費用の多くを占めます。

登記費用は手続を行うために必ず発生します。

業者が買い取る債権額に影響を受けにくい固定費用の一種と考えることができます。

債権譲渡登記を行うには登記費用や印紙代などを支払わなければなりません。

登記費用の内訳には債権譲渡登記と抹消登記の手続や債権譲渡契約書作成事務の代行報酬があります。

これらは手続を依頼した司法書士に報酬として支払います。印紙代などの明細には様々な費用が含まれます。

まず債権譲渡契約書の印紙代として200円が必要です。次に債権譲渡登記の登録免許税が7500円かかります。

抹消登記の登録免許税は1000円です。

オンラインで登記事項証明書の交付を請求すると500円が必要になります。

その他に振込手数料や事務手続の費用、日当や交通費などが必要です。

業者や契約内容、手続を依頼する司法書士によって費用は多少変化します。

司法書士が債権譲渡登記や抹消登記に関する意思確認を行うために、日当や交通費が必要となることがあります。

固定費用を合わせると10万円から15万円ほど必要になるのが通常です。

ファクタリングは金銭債権の譲渡のため、金融機関による融資とは異なります

そのため非課税扱いとなっており消費税が課税されることはありません。

手数料についても非課税扱いとなっています。

ファクタリングの手数料を決定する要素について

ファクタリングの費用は売掛債権ごとに異なります

売掛先の規模や業況、債権金額や取引履歴などを総合的に考慮した上で決定されます。

また売掛先に通知を行わない2社間契約の場合は、業者が大きなリスクを抱えることになります。

2社間契約では利用者が売掛先から支払いを受けて、さらに業者へ支払います。

3社間契約では業者が直接支払いを受け、2社間契約の場合は利用者が業者に支払わないリスクが存在します。

そのため3社間契約と比較して費用相場が高額です。

ファクタリングの費用を決定する要素としては、まず売掛先の信用と業者が買い取る債権金額があります。

また2社間か3社間契約かも重要な要素であり、さらに取引履歴の有無も費用に大きく影響します。

売掛先の与信力が高いほど費用は安くなります。

また業者の買い取る金額が低い場合や3社間契約の場合もあまり費用がかかりません。

さらに業者との間で複数回の取引履歴があれば安い費用で資金調達ができます。

費用を決定する要素として売掛先の与信力は重要です。

一部上場企業が売掛先の場合は、費用を安くしてもらえる可能性があります。

ただし売掛先の与信力だけで費用が決定されるわけではないので注意が必要です。

基本的に業者は高額の売掛債権を買い取りたいと考えています。

しかし初回取引では月商の30%程度に制限しているケースが多く見られます。

業者としても同じ費用をかけて債権を回収するならば、高額な債権を扱った方が効率的です。

取引を重ねて信用を得ることができれば、買い取ってもらえる金額も多くなります。

初めてファクタリングを利用する場合は買い取り金額が小額です。

そのため費用も安くなります。

サイト内検索
記事一覧