口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングにはいくらぐらい手数料がかかる?

 

ファクタリングの手数料は、最低でも10万円程度かかります。その10万円に別途で報酬を加算した分を、業者に支払う事になります。

具体的に何円程度支払う事になるかは、タイプ次第です。医療関連の売掛金の場合は、支払う金額も低くなる傾向があります。

最低10万円と業者への報酬を加算した分を支払う

上述の売掛金売却のサービス業者に支払うお金の内訳は、複数あります。サービス業者に支払う報酬だけでなく、士業の方々に対する報酬もあるからです。そもそも売掛金売却のサービスは、法的な手続きが求められます。債権譲渡という手続きを踏んだ上で、買い取り金額などが先払いされるのが一般的です。ただし債権譲渡の手続きは、サービス業者が直接行う訳ではありません。登記の専門家の方々に、代行手続きを依頼しています。いわゆる司法書士に、代行してもらっている訳です。

司法書士に依頼する場合は、最低でも8万円かかります。状況によっては、10万円ほどかかる場合があります。また登記の手続きを行うためには、印紙代も必要です。その費用は、たいてい2万円前後になります。8万円と2万円を加算した分は、必ずと言って良いほどサービス業者に支払う訳です。ですから最低でも10万円は支払う事になります。その10万円に、様々な報酬を加算する訳です。

その1つは、売掛金売却の専門業者に対する報酬です。サービスを提供してもらうのと引き換えに、報酬を支払う事になりますが、基本的にはパーセンテージ制になります。売掛金に%を乗じた分を、専門業者に支払うのが一般的です。例えば報酬は、5%であると設定されているとします。そして売掛金は、300万円だとします。この場合、専門業者に支払う分の報酬は、15万円になる訳です。300万に対して0.05を乗じると、15万円という数字が算出されます。ですから支払う報酬の数字は、売掛金の大きさに左右される事になります。上述は300万円の例ですが、実際にはもっと大きな売掛金の取引もあり、売掛金が大きくなればなるほど多額の手数料を払うことになります。1000万円の売掛金なら50万円を支払う事になりますし、500万円なら25万円といった具合です。

報酬の金額は選ぶ業者や売掛金の大きさに左右される

ところで売掛金売却というサービスには、複数の種類があります。2社間のサービスもあれば、3社間もあります。前者は、取引先には情報が伝わらないのが特徴的で、後者は同意を得るタイプです。どちらのサービスを利用するかにより、報酬の大きさも変わってきます。基本的には、2社間のサービスの方が報酬が高めになります。というのも2社間のタイプは、たいてい10%以上の報酬になるからです。ですから上述の100万円の売掛金なら、最低10万円は支払う事になります。ただし具体的なパーセンテージは、サービス業者によって異なるのが実情です。10%程度に設定している業者もあれば、30%程度の業者もあります。具体的に何円程度支払う事になるかは、選ぶ業者次第です。

そして3社間のサービスですと、パーセンテージはもっと低めになります。たいてい数%程度に設定されているからです。1%程度でサービスを提供している業者もあれば、5%ぐらいの業者もあります。ですから3社間のサービスでも、支払う報酬の金額は、利用する業者次第です。また具体的に何%程度になるかは、売掛金の数字に左右される一面もあります。売掛金の数字が高いほど、適用される%も低めになるからです。例えば100万円程度の売掛金ですと、30%ぐらいになる傾向があります。それに対して1000万円前後の売掛金なら、10%の報酬になる事が多いです。売掛金と報酬の数字との間には、反比例の関係がある訳です。

病院が活用するサービスの場合は3%以下の事が多い

ところで多くの病院も、売掛金売却というサービスを活用しています。この売却サービスは、早期に現金化できるメリットがあるからです。病院は、診察費用の一部を社会保険の所定機関から受け取っています。しかし所定機関がお金を支払うのは、若干時間がかかります。このためお金を早く確保したい病院としては、売掛金売却のサービスを活用している事も多いです。そのサービスを利用すると、先払いされるからです。それで医療業界の場合は、上述の報酬のパーセンテージは、比較的低めに設定されています。3%以下に設定されている事が多いです。その主な理由は、社会保険の所定機関からお金を回収できる確率は、極めて高いからです。

そもそも売掛金を支払う予定の法人によっては、財務状況が微妙な事もあります。様々な経営の都合で、売掛金の支払いが難しい法人も存在する訳です。ファクタリングの専門業者としては、財務状況が微妙ですと、リスクが大きくなってしまいます。ですから2社間のタイプですと、パーセンテージも高めな傾向があります。しかし病院にお金を支払う社会保険の所定機関は、リスクが比較的低いです。専門業者としても、お金を回収できる確率が高いので、3%など低めな数字に設定されている傾向があります。

ファクタリングでどれぐらいの手数料を払う事になるかは、状況次第です。売掛金の数字が大きいなら、業者に多くのお金を支払う事になりますし、選ぶ業者に左右される一面もあります。ただ、どのような状況でも、最低でも10万円は支払う事にはなります

サイト内検索
記事一覧