口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングとビジネスローンの違いは?使い分けは可能かなどを徹底調査!

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/10/30

金融機関からの融資が受けられそうにないので、ファクタリングかビジネスローンのどちらがよいか迷っている人がいるでしょう。

それぞれメリットがありますが、サービスを利用するにはいくつか条件があります。事前に必要な書類などを確認しておくと、スピーディに現金化することができます。売却できる売掛債権の有無や、審査に通るかどうか検討してみることをおすすめします。

融資ではなく売掛債権の譲渡になる

ファクタリングにはいろいろなメリットがあり、審査はそれほど厳しくないことがあげられます。ビジネスローンはあくまで融資になるので、信用力や返済能力などが不足していると判断したら審査に通りません。ファクタリングは融資ではなく、売掛債権の譲渡です。

会社にとって重要なのはファクタリングの利用会社が持つ信用力ではありません。売掛金を支払ってくれる売掛先の信用力や返済能力が重要です。利用会社が赤字でもリスケ中でも、売掛先がお金を入金すればそれで大丈夫になります。

基本的に利用会社の審査は厳しくなく、売掛金を支払う売掛先の審査は厳しく行うというルールです。ファクタリングを利用すると、今後の銀行融資へ影響がないことがあげられます。銀行担当者は融資の審査を行う際、ビジネスローンなどのノンバンクでの借入があるか決算書などから確認します。

金利が高いローンから借入していると、他の銀行から融資を断られてしまった、貸したらすぐ倒産する可能性があるのではと判断されてしまうかもしれません。銀行担当者はどの金融機関が貸しているのかに関して、融資検討の材料に取り上げることが多いです。

大手銀行が貸していると信用力が高いと判断されたり、地方銀行が貸していると一般的で、信用金庫が貸していると信用力が低いなどのイメージがあります。ノンバンクが貸しているなら信用力が低いと見なされるかもしれません。

決算書にビジネスローンといったノンバンクの借入があると、融資審査に今後マイナスの影響が出る可能性があります。できるだけノンバンクの借入を完済しておき、決算書には記載されないよう工夫が必要です。

ローンは銀行の審査に影響が出るかもしれない

ファクタリングは売掛債権譲渡になり、借入ではないので決算書の科目明細に譲渡記録が残りません。売掛債権を売ったという売買記録しか残らない仕組みです。

銀行担当者に知られることがないので、今後の審査にマイナス的な影響がありません。銀行の審査で見られる項目として、当座比率や流動比率、固定比率や固定長期適合率などがあげられます。

自己資本比率や売上高経常利益率、総資産経常利益率やインタレスト・カバレッジ・レシオなども対象です。決算数値をもとにして企業を格付し、融資することができるか決定される仕組みです。同じ資金調達方法であるビジネスローンを利用すると、その分総資産が増えるため総資産経常利益率は低下します。

しかしファクタリングで売掛債権を譲渡し資金調達すると、売掛債権を売却し現金化することになるので総資産に変動はありません。総資産経常利益率は資金調達前より横ばいか、向上することになるでしょう。

ビジネスローンを利用する場合、当座比率や流動比率、固定比率や固定長期適合率など、決算指標が悪化してしまう可能性があります。ファクタリングの場合、総資産や利息などが膨らまないので、ほとんどのケースにおいて決算指標には影響がありません。

会社によっては発生するかもしれませんが、若干の数値が悪化するぐらいでしょう。今後の審査にマイナス影響が現れるのは、ビジネスローンの方にリスクがあります。

一時的なものか長期的なものか確認しよう

ファクタリングかビジネスローンのどちらを利用するか検討しているなら、売却できる売掛債権の有無を考慮しましょう。もし売掛債権がなければファクタリングを利用することはできません。売掛債権があるなら両方のサービスを考慮することが可能です。

売掛債権がないとローンを選択するようになります。審査に通るかどうかを事前に検討することが大切で、ファクタリングのメリットとして審査が厳しくないことがあげられます。

もしビジネスローン審査に通らない理由があるなら、ファクタリングがおすすめです。赤字決算や税金未納、リスケ中や債務整理中、他社借入金額が高額などの場合、ローン審査に通らないことがあります。

最短即日融資が必要か考えてみると、最短即日融資を利用することができる可能性が高いのはローンです。即日融資が必須条件の場合ローンがおすすめで、即日融資が必須条件ではない場合、両方のサービスを考慮することができます。

すぐ完済できるか考えることも必要で、特にローンを利用する場合金利負担が大きいのですぐ完済することを重視しておきましょう。決算まで持ちこすと、今後の金融機関での融資にマイナス影響があるかもしれません。

利息負担が経常にダメージを与えるので、一時的に利用するものとして扱うことをおすすめします。銀行融資審査を同時並行で行っているため、一時しのぎとしてローンを利用するなら問題ありません。

しかし長期借入として活用するなら金利が高過ぎるので、すぐ完済できるか分からないならファクタリングを選択するようにしましょう。一時的に手数料が発生しますが、後に影響を及ぼすようなことはなくいろいろなメリットがあります。

 

資金調達の方法としてファクタリングやビジネスローンがあります。ファクタリングは融資ではなく売掛債権の譲渡になり、担保や保証人が不要です。ローンの場合、銀行の審査に影響がでることもあるので注意しましょう。一時的なものか長期的に利用するサービスになるのか、見極めてから申込みすることをおすすめします。

おすすめのファクタリング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社オッティ株式会社SKO ファクタリングのTRY(トライ)株式会社三共サービス株式会社ワイズコーポレーション FACTOR PLAN(ファクタープラン)株式会社ビートレーディング
ポイントスピード・手数料・限度額の全てがハイクオリティ24時間いつでも申し込め最短1日で売掛金を資金化圧倒的な安さでとにかく手数料を抑えたい人におすすめ条件を満たせば最短即日での現金化が可能数億円単位での大規模な取引をする企業におすすめ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧