口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

     

ファクタリングを利用したら取引先に知られちゃう?

公開日:2020/05/01  最終更新日:2020/08/07

ファクタリングを利用する際の心配ごととして、付き合いのある企業の売掛債権を使ってファクタリングをするとその企業に知られてしまい、関係が悪くなったり信用を失ったりすることはないかと悩む方は多いのではないでしょうか。この記事ではその可能性があるかどうかと、具体的な対策方法を端的に紹介します。

ファクタリングの種類によっては知られてしまう

売掛債権のある取引先に知られてしまうかどうかはファクタリングの種類によって異なります。取引に関わる企業が二社のみのパターンと、三社になるパターンがあり、二社間の場合には知られることがなく、三社間の場合には確実に知られることになります。

本来の取引概念から考えるとイメージされるのは三社間の取引です。売掛債権を業者に買い取ってもらうことで依頼主は現金を調達します。その売掛債権を使って業者は売掛先に請求をすることになるので、このときにスムーズに支払いが行われるようにしなければなりません。

そのため、契約をする前に依頼主から売掛先に連絡をするのが原則になっています。通知をするだけでよい場合もあれば、承諾を得なければならない場合もありますが、きちんと伝わっていないと売掛金の支払いが行われずに問題になってしまうことは否めません。そのため、事実を正しく理解してもらい、適切な対応を取れるように準備をしてもらうことが必要なのです。

これに対して二社間の場合には売掛先から業者に直接支払いをすることがありません。売掛債権を業者に譲渡して業者が請求をするのではなく、あくまで依頼主が売掛債権に基づいた支払いを受け取る仕組みになっています。依頼主は売掛金を受け取ったときに速やかに業者に引き渡す義務を負う契約になっているのが特徴です。

このような仕組みにすると売掛金の支払い先の変さらについて売掛先に伝える必要がありません。売掛先の立場から見ると取引上、何も変化がないからです。そのため、二社間で取引をすれば売掛先に知られずにファクタリングを利用できます。

知られて問題があるのかを見極めよう

二社間か三社間かで悩んだときに、知られないことを優先するのなら二社間を選ばざるを得ません。しかし、三社間のほうが手数料が低い、売掛先への請求や請求後の支払いをしなくてよいなどのメリットがあるのも確かです。

三社間で取引したいという気持ちがあるなら、取引先に知られて問題になるのかどうかを見極めるのが大切です。知られたときに問題になり得るのは主に信用関係で、本当に取引をしてもよい会社なのかと疑われてしまうリスクがあります。

ずっと付き合いを続けてきた会社からは経営に問題が生じているのではないか、倒産するのではないかと疑われるかもしれません。新規取引先の場合には次の発注先としては適していないかもしれないと思われるリスクがあるでしょう。

ただ、どのような捉え方をするかどうかは取引先によって大きく異なります。自社でファクタリングを使って成功した経験があるような会社であれば快く受け入れてくれるでしょう。資金調達をどのようにして行ったかはオープンにしないのが普通ですが、もしずっと付き合いを続けてきて信用関係ができているなら、ファクタリングについてどう思うかを聞いてみるのも賢い方法です。

知られてもよい売掛債権を使おう

売掛先によっては知られてもよいと考えられるところもあるでしょう。一回限りの取引になりそうな売掛先があるなら、その売掛債権を使用するのが合理的です。信用できる会社かどうかと疑われてしまうようなことになったとしてもとくに問題ないといえる取引先がもしあったら有効活用しましょう。

三社間の取引にして手数料を抑えることができ、一回限りの取引のために請求などの余計な業務負担がかからずに済むようになります。ただ、狭い業界の場合には話が広まってしまうリスクがあることも念頭に置いておく必要があるのも確かです。

あの会社はファクタリングを利用しているという形で話が広まれば資金調達方法として認めている会社にはあまり影響がありませんが、経営不振に陥っているという形で広まると業績に悪影響があるでしょう。そのようなリスクがある取引先かどうかを見極めるのも重要なので、三社間で取引をするときには慎重に売掛先を選定するのが大切です。

 

ファクタリングを利用した事実は取引の仕方によって売掛先に知られてしまうかどうかが異なります。三社間の取引をした場合には必ず知られることになりますが、もし売掛先が気にかけないようであればとくに問題はありません。知られてもよいというスタンスで三社間の取引をするのもよい方法でしょう。

ただ、知られることで信用を失うようなリスクがあるのであれば三社間の取引は諦めるのが無難です。二社間の取引にすることで売掛先に知られることはなくなります。手数料が高い問題はありますが、二社間のほう方が資金調達のスピードも早いので前向きに検討してみましょう。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 個人事業主が利用できる
株式会社ウィットの基本情報
基本情報 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二ビル5F 電話番号:0120-31-2277 営業時間:9:00~18:00 定休日:土日
対応力 最短2時間での資金化が可能 電話のみでの資金調達にも対応
費用 手数料:5%~ 買取金額:30万~500万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧