口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ちょっと資金が足りないときに使える小口ファクタリング

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/09/13

ファクタリングは大口でなければ利用できないという制限はなく、小口で申し込むことも可能です。中小企業などでちょっとした資金が足りない場合は小口のファクタリングの方が都合が良いのです。

ファクタリング業者によってどの程度の規模のファクタリングが良いかも異なるため、比較しながら利用するのがおすすめです。

ファクタリングは小口で利用することが可能

ファクタリングは小口の利用も可能で、数十万円単位で利用することもできます。企業によって売掛金のスケールは異なり、取引先が分散されている場合が珍しくないのもポイントです。そのため、小口であった方が利便性が高いケースも珍しくなく、ちょっとした支払いの不足を補う感覚で利用しやすいのです。

ファクタリングを利用すれば借入などの信用情報に載らない取引ができます。銀行やビジネス系のクレジットカードの借入は、それぞれのネットワークを通じて共有されます。

借入額が大きければ融資にも影響します。借入が少なければそれだけ有利な条件を引き出すことができ、経営上のメリットとなることがあります。経営の健全性を守るために小口で利用することは珍しくないのです。

また、カードなどの信用枠が一杯で借入ができない場合も使えるというメリットもあります。それぞれの借入や資金確保の手段にメリットとデメリットがあるため、選択肢の一つとして利用しているケースも珍しくないのです。

経営が危うそうな取引相手との売掛金を現金化し、リスクヘッジをすることも可能です。中小の企業ほど資金調達の手段が限られるため、選択肢を増やすことで経営戦略の多様性を保つことができます。大口でなければ利用できないのではなく、小口であっても利用できると認識を変えるだけで違いが出る場合が生じるのです。

どの程度の金額から引き受けられるかは業者で違う

小口のファクタリングの注意点は、業者によって最低引き受け額が違うということです。余りに金額が少なければファクタリングをする手間と作業をする手間のバランスが保てなくなります。薄利多売には限界があるビジネスモデルになるため、大口でしか受けいれていない業者も存在します。

どの程度の金額から可能かという感覚自体も異なるため、まずは申し込みが可能かどうかから調べる必要があるのです。金額と合わせてチェックしたいのが手数料です。多くのファクタリング業者は金額と取引の安全性によって手数料を変えます。

三社間、二社間でも手数料がかわるため、時間をかけてもいいのか、すぐにお金が必要かどうかでも選択肢がかわってくるのです。手数料である程度目減りするのは当たり前で、大口で利用した方が手数料が節約できることも多くなります。

どの程度の金額を、どの程度の期間で現金化するかで手数料がかわります。業者間の比較が重要になってくるため、定期的に見直すことや比較をすることも大切です。特に習慣的にファクタリングが行われるようになると、わずかな手数料の差も積み重なって大きな違いになります。

可能な限りファクタリングをさけて手数料を節約するのは基本ですが、経営が健全化するまでやむを得ない場合もあります。必要なタイミングがあるからこそ比較し、シビアに見ることも大切なのです。

短期の場合はクレジットカードとの比較も視野に入れる

ファクタリングを利用する場合は、クレジットカードと比較することも大切になります。特に翌月に確実に返せるあてがある場合は、クレジットカードの方が手数料が安くなることが多いからです。無利息で支払いができるのであればお得な方を選択するのが自然で、手数料の節約ができます。

クレジットカードの支払いができても、少しだけ金額が足りない場合に小口のファクタリングで補助をするといった方法も可能です。お金をまず用意して頭金に当て、残りをクレジット払いにするという方法もあるからです。

条件交渉しだいで手数料以上の節約効果が見込める場合や、サービスを受ける時期や物品の購入時期をずらせるのもポイントです。うまく組み合わせることで無駄なく経営資源を生かせることも多いため、どちらの利点も知っておいた方がプラスになります。

どちらかに限ってしまうとバランスが悪くなってしまうこともありえるため、メリットとデメリットを比較して利用するのは基本になります。ビジネス用のクレジットカードであればキャッシング枠が付帯することも一般的になるため、金利と手数料の面からより効率的な方を選ぶという選択肢もあります。法人か個人事業主かといった条件によって手数料が代わることがあるのがクレジットカードです。

しっかりと比較した上で自分が有利な方を選んだ方が賢いのです。習慣的にキャッシングをしている場合は年利を比較して切り替えるのも方法です。

 

小口のファクタリングは使い勝手が良い一方で、引き受けられる業者が限られます。手数料の割にあわなくなることもあるためクレジットカードなどの支払い方法と比較しつつ利用するのが基本になります。

カードの返済に利用して前倒しで返済を終えるなど工夫もできるため、比較をこまめにしながら有効活用するのがおすすめです。

おすすめのファクタリング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社オッティ株式会社SKO ファクタリングのTRY(トライ)株式会社三共サービス株式会社ワイズコーポレーション FACTOR PLAN(ファクタープラン)株式会社ビートレーディング
ポイントスピード・手数料・限度額の全てがハイクオリティ24時間いつでも申し込め最短1日で売掛金を資金化圧倒的な安さでとにかく手数料を抑えたい人におすすめ条件を満たせば最短即日での現金化が可能数億円単位での大規模な取引をする企業におすすめ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧