口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングには様々な種類がある


ファクタリングには、複数の種類があります。2社間のタイプもあれば、3社間もあります。

また医療専門の売掛金支払いのタイプもあって、金融会社が先払いする事になります。

その他にも保証タイプなどもあり、多彩なタイプが存在する訳です。

2社間のサービスとその大まかな流れ

2社間のタイプは、以下のような流れになります。まず売掛金を現金化する為に、専門業者で申し込み手続きを行います。いわゆる債権譲渡の手続きを行う訳です。すると申し込み手続きを受け付けた専門業者は、先払いしてくれます。例えばAという取引先から、300万円が支払われる予定になっているとします。その場合、Bという専門業者から支払い予定の金額の一部が支払われる訳です。この際に「全額」支払われる訳ではありませんので、注意が必要です。300万円全てが支払われるのではなく、280万や290万などに限定されます。手数料を差し引いた分を、一旦はB社が支払う訳です。

そしてB社からの支払いが完了し、数ヶ月ほど経過しました。A社からは改めて売掛金の300万円が支払われたとします。その300万を受け取ったら、300万円をB社に支払う事になる訳です。つまりA社が支払う売掛金を、B社が先払いする形になります。一旦は先払いされるものの、いずれはB社に売掛金の全額を支払う訳です。この2社間の方式は、取引先に情報が知られないメリットがあります。後述しますが、この売掛金支払いのサービスによっては、取引先に情報が伝わるタイプもあります。それでは色々な悪影響があると見込まれる時は、2社間のサービスが活用される事が多いです。

事前に同意を得る3社間のタイプ

それに対して3社間のタイプは、同意を得る事になります。その具体的な流れですが、まずB社のサービスを受ける為に、申し込み手続きを行います。その後に、直ちにB社から先払いされる訳ではありません。B社がA社に対して、同意を得る事になります。B社が直接A社に連絡する際に、売掛金売却のサービスを提供している会社である事も伝えます。それで売却サービスの同意を得る事になります。

上述の2社間のタイプと違って、A社とB社とのやり取りが発生するのが特徴的です。そしてA社の同意を得たB社は、まず売掛金の先払いを行ってくれます。この際に支払われる金額は、上述の2社間のタイプよりは、若干多くなる傾向があります。2社間のタイプですと、270万円しか支払われないとします。しかし3社間のタイプは、285万や290万といった具合です。そして先払いが完了したら、今度はA社はB社に対して売掛金を支払う事になります。ですから売掛金支払いのやり取りも、B社が代行してくれる形になります。A社に対して、「B社が売掛金を回収する」という情報は伝わってしまいますが、先払いの金額が大きくなるメリットはあります

ちなみに医療専門のタイプも、これに該当します。病院が早くお金を支払ってほしい時は、それが利用される事が多いです。例えば患者が病院に対して、治療費を支払ったとします。ところが患者が病院に支払う代金は、全額ではありません。大部分の方々は健康保険に加入していて、3割程度しか支払われません。残り7割はどうなるかと言うと、社会保険の専門機関から支払ってもらう仕組みになります。しかし専門機関が支払うまでは、かなり時間がかかります。患者がお金を支払った翌々月に支払われる事が多いです。そこで病院としては、売掛金支払いの専門業者を活用する訳です。その流れは、上述の3社間のタイプと同様です。B社は社会保険の専門機関とやり取りをしますが、肝心の7割分の支払い額は、売掛金の専門業者が先払いする形になります。

売掛金の支払い元の調査を行う保証タイプ

その他にも、保証タイプもあります。売掛金の専門業者が、調査を行うのが特徴的です。保証タイプの場合は、先払いになりません。売掛金の支払いのタイミングと同時期に、お金を支払うタイプになります。具体的な流れですが、まずはB社と契約をします。その後に、B社はA社の調査を行う訳です。この後に売掛金が確実に支払われるかどうかを見極めたいので、支払い能力があるかどうかを、様々な観点から調査する事にあります。そしてA社の支払い能力は問題ないと判断した場合、改めて債権支払いの契約を結ぶ訳です。

例えば、数ヶ月ほど経過し、A社が売掛金を支払う予定日になったとしましょう。その際にA社が問題なく支払ってくれれば良いですが、もしも支払われなかった時は、B社が売掛金を支払うことになります。A社に調査を行ってもらう都合上、保証料金が徴収されるのが一般的です。しかしA社の支払い能力はあるかどうかを確認できるので、そのサービスを活用している法人も多いです。建設業界の法人は、保証タイプを活用している傾向があります。

ですからファクタリングというサービスには、複数のタイプがあります。大ざっぱに大別すれば、取引先に対して情報が伝わるタイプと、そうでないタイプの2種類になります。後者のタイプは手数料が少々高めなのが、特徴的です。逆に前者は情報が伝わってしまうデメリットはあるものの、手数料は低めに設定されています。

サイト内検索
記事一覧