口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングの仕組みを知ろう

商品の納品やサービスの提供が終了していて、代金を請求済みではあるものの、まだ支払いがされていない状態で、入ってくる見込みのお金を売掛金といいます。

ファクタリングとは、資金調達のため企業が売掛金を債権化して、専門企業に売って現金を得るという仕組みです。商品を提供してから支払いがされるまでには、タイムラグがあり、場合によってはそのタイムラグが会社のキャッシュフローのマイナスになることがあるのです。

売掛金を債権化して現金に変える

キャッシュフローの問題は中小企業にとっては悩みの種です。決算上は黒字であっても資金繰りに苦労している例も珍しくありません。銀行などの金融機関に融資を断られた、売掛先企業の支払いまでの期間が長い、メインバンクや取引先にわからないように資金調達をしたいという企業にとっては、問題を解決する資金調達の方法として、考えていいと思います。金融機関で融資を受ける際は、会社の経営や財務の状況について、細かく審査されますが、売掛金を現金化する方法なら、担保がなくても利用できるため、自社企業の信用問題に不安がある場合でも、債務が重なっているとしても、資金を調達することが可能になります。

金融機関やビジネスローンの審査は借入する会社が審査対象になるため、自社の信用に問題があると利用できないのですが、売掛金を債権化する場合は、売掛金を支払う企業の信用を見ることが重要視されます。そのため、自社企業が金融機関等からの、借り入れが出来ない状態であったとしても、取引先企業の信用が高ければ、審査に受かって資金調達が可能になるのです。ビジネスローンは借入であるため、帝国データバンクやビジネスローン審査などのデータに、利用記録が残ってしまいます。利用記録の状況によっては、次に融資が必要になった時に受け付けてくれなくなる可能性もあります。売掛金を債権化して売る方法は、借り入れ扱いにはなりませんので、ローンの利用記録が残ることはありません。そのため、今後の金融機関からの融資が必要になった時に、悪影響を及ぼすこともないのです。

売掛先企業から入金されるまでのタイムラグを解消

申し込みの際は登記簿や会社の決算書などの、必要書類を送付して、審査が下りるのを待つことになります。金融機関の審査よりもスピードが速いために、入金までの日数が早く済みます。すぐに資金が必要な場合でも安心です。申し込みから入金までの流れは以下のようになります。

商品の納品や、サービスの提供が完了した時点で、売掛金が発生します。商品の納品先である、売掛先企業と話し合い、契約についての承諾を得ます。取り扱い企業に申し込み、審査に受かれば契約を結びます。売掛先企業と請求金額の確認を行い、ファクタリング企業に請求金額を通知、3社間で請求金額の最終確認を行います。この後自社企業に請求金額が入金されます。

こうして、売掛先企業から入金されるまでのタイムラグを解消することができるのです。契約には手数料が発生するため、取り扱い企業は手数料の徴収によって利益を上げています。

3社間契約と2社間契約の違いについて

手数料は審査結果は契約内容によって変わってきます。事前に見積もりを出しても、本格的な審査によって状況が変わることもあるため、手数料の正確な金額を事前に知ることは、まず出来ないものと考えた方がいいでしょう。契約には3社間契約と2社間契約があります。

3社間契約は、売掛金を現金化して資金調達をしたい企業と、売掛先企業、契約の取り扱い企業の3社間で話し合いを進めたうえで、売掛金現金化の契約をすることです。申し込み後の審査では、資金調達を求めている企業よりも、売掛先企業に信用があるかどうかを重視されます。3社間契約の場合は、後日、売掛先企業から商品やサービスの対価が支払われるときに、直接ファクタリング企業に支払われることになるからです。そのため、申込してきた企業よりも、その取引先企業の支払い能力に問題がないかどうかの方が重要になるのです。自社の信用がないために、金融機関からの融資を断られて資金調達に苦労している場合などに、取引先の信用の高さを利用して現金を調達することができます。

2社間契約は、資金調達をしたい企業と、債権化した売掛金を買い取って現金を支払う企業の、2社間だけで行う契約で、あいだに売掛先企業は挟みません。取引先に契約の内容が知られてしまって、資金繰りに苦労しているのかと思われたくない場合は、2社間契約を選ぶこととなります。2社間契約では、申し込み後の審査をするときに、売掛先企業の信用よりも、申込してきた企業の信用を見られます。売掛先企業から、代金の支払いがあった後に、いったん申し込みした企業のもとに入ってから、売掛金が支払われることになるためです。手数料も3社間契約よりもはるかに高くなります。

現在、資金調達の方法として注目を集めるようにはなりましたが、現実にはまだまだ普及しているとはいい難い状況です。しかし市場規模は右肩上がりを続けています。国内の経済に重要な役割を持つ中小企業ですが、この中小企業が増えるにしたがって、利用者の数も増加してきたのです。中小企業が金融機関の融資を受けるのが難しいときに、最も有効な資金調達の方法として、今後も拡大を続けていくでしょう。

サイト内検索
記事一覧