口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングの目的は資金効率を高めること


企業の資金調達手段の一つにファクタリングがあります。現在保有する売掛金債権を譲渡し、現金化する期間を短くできるので資金効率が上がります。

売却先はファクタリングを専門に扱う会社が主で、売掛先の会社が契約に関係する3社間と2社間の場合があります。契約を成立させるには必要経費や書類に関する知識を初めメリットやデメリットの理解が重要です。

ファクタリングの具体的な仕組みとは

ファクタリングは一般的に売掛金債権の売却による早期現金化を目的に行います。

もともと商取引では多くの売買を扱うために現金で行うことは少なく、支払時期を決めまとめて決済を行う約束手形を振り出すことが通例でした。

このほうが毎回決済手続きをする手間を省けますし、債務者の立場からは現金を準備せずに取引できるので便利な方法でした。

しかし債権者は設備投資など早期現金化したい事情も起こり得ます。

そこで生まれた仕組みがファクタリングです。

売掛金債権が発生した後で債権買取会社と3社で契約することもありますが、債権者と債務者が予めそれぞれ債権買取会社と契約しておき、売掛金が発生した場合に債権買取会社に決済依頼をするケースもあります。

たとえるならば、一般消費者が商品購入の際にクレジットカードで支払うような契約です。

売掛金が発生すると、債権買取会社が当該債権を買取った上で手数料等を天引きし、債権者に現金で支払います。

債務者へは支払期限に額面の請求をします。

手形の裏書譲渡とは異なり、売掛金債権が焦げ付いた場合のリスクは債権買取会社が負わねばなりません。

したがって、買取契約時に売掛先の信用調査はしっかり行われますし、買取に必要な諸経費はある程度覚悟する必要があるでしょう。

それでも運転資金に余裕がない中小企業などでは便利なシステムではあります。

ファクタリングを行う目的は早期現金化の他にもいくつかあるので、メリットとして理解しておきましょう。

ファクタリングのメリットは何か?デメリットは。

ファクタリングのメリットは早期現金化でき、会社の他の経費に充てたり設備投資に使うことなど資金効率を高めることができます

これは最大のメリットで、数カ月後に回収できる資金を基準に経営を考えるのは不確かさが付きまといます。

売掛先の会社が将来100%経営が上手くいく保証はありません。

このリスクをカバーしてくれる手段の一つがファクタリングです。

ファクタリングの場合、売掛金債権は債権買取業者が完全に買取ますから、売掛先の経営が行き詰まったときでも債権者が再び請求されることがありません。

つまり支払期限よりも前に現金化できるメリットだけを享受できます。

その他にも債務者が手形を発行する際の経費を削減できたりといくつかのメリットが考えられます。

その一方で債権者は当然売掛金債権を売却する場合は額面よりも割り引かれるので、割引率によっては損をするケースがあります。

手形を金融機関に持ち込んだときの割引率との比較は重要です。

ただし注意したいのは手形の場合は売掛先が支払い不能に陥った場合に、割引依頼人が手形を買い戻す義務がある点です。

ファクタリングでは譲渡後に一切の責任を債権者は負いませんが、手形割引では後日責任が発生することがあるのでその点の確認も重要です。

債務者にとってのデメリットは、債権買取会社との契約で手形発行手数料以上の費用が掛かることがある点です。

このようなメリットやデメリットを理解した上でこの仕組を利用しましょう。

ファクタリングは債権買取だけではない

早期現金化で会社経営における資金効率を高める目的がファクタリングの最大の目的といっても良いでしょう。

しかし債権を契約時から譲渡することなく、売掛先の支払いが滞った段階で初めて現金を支払う信用保証を目的とする仕組みもあります。

依頼会社は売掛先の経営状況を保証してもらうことを目的としています。

たとえば建設業など元請け会社が下請け会社の信用を保証してもらう際などに利用されます。

また国際取引の場面でもこの仕組を利用できます

海外の企業の場合は特に商慣習の違いもあって売掛先の信用力を図り兼ねるケースが少なくありません。

そこでファクタリング会社を間に通すことで不良債権リスクを回避できますし、代金回収を代行して行ってもらえます。

手形と異なり債権者は一度譲渡した債権について責任を負いませんから、調査しにくい海外企業とでも取引し易い環境が整えられます。

ただしコストは若干高くなるデメリットはあります。

このようにファクタリングの目的は一つではなく、当初から買取を依頼するものと保証だけを依頼するものなど取引の種類によって適宜選択できます。

さらに現金化できる時期に違いがある点も見逃せません。

契約によっては即日可能な契約も存在しますし、通常は数営業日後が多いでしょう。

それぞれの契約内容によって最適なものを選択するために、この仕組を利用する際は特徴をしっかり理解することが大切です。

経営は資金効率が重要ですから、損失が少ない方法を十分検討しましょう。

サイト内検索
記事一覧