口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリング後の支払い期日

売掛債権の売買契約が成立し、実際にファクタリングを行うことになりますが、問題は本来の支払い期日に何をするかです。

回収をするのは実際に売掛債権を業者に持ち込んだ側なので、支払い期日にそれを回収することになります。

しかし、場合によってはその日までに支払ってくれないことも考えられます。

その場合にはどんな対応になるのか気になるところです。

ウィズリコースとノンリコースの違い

ファクタリングの契約を結ぶ際には償還請求権がある契約と、ない契約のいずれかを選択します。

売掛金の回収が困難な場合、ファクタリングを利用した側が負担するのがウィズリコースです。

一方でノンリコースは完全買取のスタンスをとっており、ファクタリングを利用した側に責任を負わせるようなことはしません。

その代わりに手数料などの部分で多めに回収をするなど、どこかで釣り合うようにしているのが大きな特徴です。

どちらの契約なのかが大事な要素となります。

支払い期日の日はとにかくすぐさま回収をしてそれを速やかにファクタリング会社に渡してようやく終わりです。

3社間ファクタリングであれば、売掛先の会社と自分の会社、ファクタリング会社でそれぞれ契約を行うため、売掛先からファクタリング会社に売掛債権分を支払うことになります。

もし売掛先が売掛債権分の支払いに応じられないとなった場合には、ファクタリング会社が直接売掛先の会社に請求するなど依頼した側は関係なくなります。

その一方、2社間は売掛先の会社は介在しない形となり、その責任は依頼者側にかかることになります。

その時点で償還請求権の有無が重要になります。

より利用しやすいという点では2社間がいいですが、実際にその責任を負わされやすいのは2社間です。

それでも完全買取を行っている企業もあるため、確実にお金を手にして責任を負わない形にするのであれば完全買取のところがおすすめと言えます。

ノンリコースが増えている理由とは

基本的にファクタリング会社は審査を行ってから売掛債権の買取を行います。

なので、最初からリスクを度外視して売掛債権を買い取ることはしません。

確実に回収できるところを買い取り、手数料をいただくというのがノンリコースのいいところです。

ウィズリコースはその部分がやや甘く、その代わり手数料を抑えるので手元にお金が残りやすいというのが実情です。

ノンリコースの方が業者的には手数料で回収できるのでそちらが増えます。

利用手数料は業者によって相当異なりますが、本来手数料が高い2社間でも10%を切る手数料でやってくれるところもあります。

以前は償還請求権をつけて取引をしていたところが多かったですが、実際にトラブルが多く発生し、業界のイメージを大きく下げた時期がありました。

それならば手数料をある程度確保して完全買取の形にした方がいいという動きになっています。

連鎖倒産だけは避けたいところであり、そのための選択肢は確保したいところです。

支払い期日を売掛先の企業が守らなかったとしても、ほとんどの場合では依頼側がその責任を負うことはありません

もちろん契約段階で償還請求権の有無を確認することになりますが、ほとんどの業者はその事実を伝え、しかも償還請求権がないところが多いです。

売掛先に資金繰りがうまくいっていないことをわかってほしくない場合には2社間で行い、その中で手数料が少しでも安いところにお任せするのがおすすめです。

留保金の割合は契約前に確認すべし

ノンリコースにしている会社が多い中で、一番注意したいのは留保金についてです。

留保金はいわば預かり金のようなものであり、売掛債権分のお金が支払われてそれが業者に入金されたことを受けて返されるお金です。

返されなければ丸々業者のものになることからこのパーセンテージがどうなのかは気になる部分です。

留保金はあくまでも手数料の支払いのためにあり、あとで請求しなくても大丈夫なようになっているため、全く無用な制度というわけではありません。

ただし、留保金を多めにとるということは早期の現金化を行うにあたって、ややタイムラグが生じます。

実際の支払い期日がかなり先だった場合に留保金がそれだけ多ければ現金化できる部分は減ってしまいます

もちろん普通に支払われればその分も返還されますが、少しでも資金繰りを良くしたい時期に現金化できる部分が小さくなることはマイナスでもあります。

このように留保金の存在には一長一短があり、業者によって対応が分かれます

留保金を掛け目として設定しているところもあり、30%程度を留保金としていったん確保し、支払い期日以降に返すケースや留保金をなしにしているケースもあります。

ひどい業者では半分程度を留保金として預かるところがあり、契約段階で注意が必要です。

完全買取だから売ってしまえば責任はなくなるというのは間違いないですが、掛け目のことを考えるとその部分を含めて利用すべき業者を検討することが必要です。

サイト内検索
記事一覧