口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

やってはいけないファクタリングの危険行為とは?

売掛金の買取のサービスを利用すると資金繰りが助かるかもしれません。

資金繰りが楽になると業績アップなどもできる可能性があります。

しかし利用するときには注意もあり、注意を守らないと業績悪化につながるかもしれません。

 

 

売掛先企業の情報は正確に伝えないといけない

借入をするときには審査が必要で、通常は借入をする企業の審査が行われます。

資金需要があってどうしても必要なとき、金融機関などに借入を申し込むと審査のために財務諸表などを提出します。

問題がなければ審査に通ったとして資金が融通されますが、問題があるときに今回は貸せないと言われてしまいます。

他の金融機関に当たるなどしないといけないでしょう。

企業であれば借入以外にもいくつかの資金調達ができるときがあります。

その一つにファクタリングがあるので検討してみると良いかもしれません。

仕入れをして販売などをする会社だと客先に販売したときに売掛金が発生するでしょう。

その売掛金を買い取ってもらい、一定の手数料を引いて融通を受けます。

そして実際に売掛金が入金されたらそれを業者に支払って完了になります。

このときには業者はお金の融通をするのでそのための審査を行います。

どこに対して行うかといえば売掛金を支払う取引先になります。

ではその取引先に直接財務情報などを聞くかですが、それをしたらばれてしまうので利用会社からの情報などを頼りに審査を行います。

ここで行ってはいけない危険行為として虚偽の情報の提供です。

審査に使う情報なので、その情報を元に利用できるかどうかが決まります。

利用する側からするとどうしても利用したいときは審査に有利になるように情報を曲げてしまうときがあるようです。

間違った情報だとわかるともちろん信用を失うことになり、利用できなくなるでしょう。

 

売掛先からの入金があったら期日までに入金

資金が必要だからと借入をするとき、いろいろな約束事が事前に決められています。

まずは利率などがあり、それ以外に返済期日なども決められます。

期日までに元本と利息をまとめて支払うのが借入をする側の義務になります。

もしこれを守らなければ信用できない相手として登録されてしまう可能性があり、その金融機関だけでなく他の金融機関の利用もできなくなる可能性があるので注意が必要になるでしょう。

借入とは違うものの資金調達ができる仕組みとしてファクタリングの利用があります。

2社間と3社間があり、3社間は取引先から直接業者に売掛金の支払をします。

ですから利用側が業者に支払う必要はありません。

2社間のとき、まずは事前に業者から資金を受けます。

その後、取引先から入金された売掛金を業者に支払います。

一応売掛金の入金期日は互いの契約などで決めているのである程度はわかっています。

利用のときには、売掛金の入金後いつまでに業者に支払わなくてはいけないかなどの取り決めをしています。

このときの危険行為として、期日までの入金を怠ってしまうことでしょう。

資金繰りに困っているときは、取引先から入ってきたお金も必要と使い込む会社があり、そうなると支払ができなくなります。

又、取引先から売掛金の入金がないと支払えない可能性もあります。

どうしても払えないなら事前に伝えて払える日を変えてもらいましょう。

期日なのに払わないでいると、信用情報に影響するかもしれません。

 

業者の選定を焦って行わないようにする

企業にとって資金繰りは非常に重要で、資金繰りを誤ると業績は順調なのに倒産する可能性もあります。

いくら将来沢山お金が入る予定があったとしても、支払期日に支払ができないと信頼できない相手とみなされ取引ができなくなります。

不渡り手形などを出すと実質上の倒産になるので注意が必要になります。

日頃から注意を払いながら資金繰りをするのでしょうが、業績があまりよくないときは資金繰りも大変な状態になるでしょう。

毎月ギリギリの状態で支払いができているときもあり、もっと余裕を持った取引をしたいとのことでファクタリングの利用を検討するときがあります。

売掛金を現金化できる仕組みなので、それを使えば支払うためのお金を早めに用意できます。

このときに注意したい危険行為として、業者の選定を焦って行わないようにすることでしょう。

業者は非常にたくさんあって、大手企業が行っているサービスもあれば、中小企業が行っているサービスもあります。

中小企業は大手企業との競争で勝つために手数料を低めに設定したりしてくれるので、お得に利用するには便利なところもあります。

ただ中小企業だと資金に十分な余裕がないところもあり、契約をした後にトラブルが発生する可能性があります。

中小企業の全てが悪いわけではないのでしっかり選定すれば良いですが、どの業者を選ぶにしても安易な選択は良くありません。

財務の状況利用者の評判などをチェックして業者を選ぶようにしましょう。

 

売掛金の買取りをしてもらうときに審査がありますが、審査対象は取引先です。

取引先の情報は正確な情報でないといけません。

2社間の取引だと売掛金尾入金があったらすぐに支払をしましょう。

業者の選定も慎重に行いましょう。

サイト内検索
記事一覧