口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

     

リスクの少ない資金調達方法は?

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/08/31

資金調達にはリスクがつきものですが、適切な方法を選ぶことで低減することはできます。どの方法を利用すべきかで悩んだときのために、代表的な資金調達方法についてどのような問題点があるかを比較しながら説明します。金融機関による融資、ファクタリング、クラウドファンディングを比較してベストな方法を判断できるようになりましょう。

金融機関から融資を受けるときのリスク

銀行や消費者金融などからビジネスローンで融資を受けるのは一般的な資金調達の方法ですが、どのようなリスクがあるかを慎重に考えたことがあまりない人も多いでしょう。最も大きな問題となるのは計画通りに返済できなかったときに、最終的には倒産にまで追い込まれる可能性があることです。

融資ではお金を借りた会社が返済をする義務を負うことになり、滞納をしてしまうと催促を受けたり、障害遅延金を支払わなければならなくなったりします。少し返済が遅れた程度であれば致命傷にならないことが多いものの、本当に返済できないような状況になってしまうこともあるでしょう。

それでも返済を免除してもらえるわけではありません。金融機関は保証会社に債権を渡してしまって資金を回収します。そして、保証会社が厳しい取り立てをするようになり、最終的には法的な手続きをして担保の差し押さえをするのです。担保がない場合などには資産を一斉に差し押さえていかれてしまうことになり、事業が立ち行かなくなってしまうのが一般的です。

半年後に大きな資金が入る予定で融資を受けたけれど、そのお金が入らなくなって返済できなくなったということもあるでしょう。このようなときに倒産に追い込まれてしまい、さらには保証人になっていた人たちの生活も危ぶまれるようになってしまうのが問題点です。

ファクタリングを利用するときのリスク

ファクタリングを利用して資金調達をするときにはお金を借りるわけではないので返済の義務を負うことはありません。しかし、仕組みをきちんと理解していないと資金繰りに困ってしまってやはり倒産に向かって行ってしまうリスクがあります。

ファクタリングは売掛債権を売却することによる現金獲得の方法なので、将来的に入るはずだった現金が手に入らなくなるということに留意する必要があります。その際に手数料を支払うことになるため、額面的には目減りした形で前払いを受けると解釈するとよいでしょう。

資金繰りが厳しくなって利用し、売掛金が入らなかったためにまた資金不足になって申し込むということを繰り返しているとどんどん手数料で目減りを起こしてしまいます。

売り上げが伸びているのであれば問題はありませんが、ほとんど変わっていないか低迷しているという場合には経営の悪化に向かうことは否めません。あくまでも一時的な資金調達に使用するようにして、何度も繰り返して利用しないように資金計画を立てることが重要になります。

クラウドファンディングを使うときのリスク

クラウドファンディングには融資型や購入型、寄付型などのさまざまな種類があるので、その違いによって異なるリスクがあります。融資型は金融機関からの融資に近いリスクがありますが、寄付型の場合にはあまり大きな問題点はありません。購入型の場合には事業がうまくいったときの利益が少なくなる可能性があるので気を付けましょう。

どの種類についてもあまり大きな将来的リスクを負うことなく利用できるのはクラウドファンディングの優れている点で、資金調達をしたのが原因で倒産に追いやられるような状況になることはあまりありません。しかし、どの方法にもほぼ共通する別のリスクがあるので気を付けましょう。

クラウドファンディングは調達が難しく、予定していた金額が集まらずに目的を果たせないこともあります。個人を相手にして投資をしてもらう仕組みになっているため、事業内容が優れていて一般の消費者にとって魅力がなければ出資者が集まりません。

融資型の場合にはお金を貸すことで利益を得るという考えをしてくれるので比較的資金が集まりやすいですが、購入型や寄付型の場合にはいくら待っていても調達できないこともあります。使途も限られてしまうことから、自由に事業を動かせる資金にならないのも問題点でしょう。

 

このように金融機関から融資を受ける方法にも、ファクタリングを利用する方法にも、クラウドファンディングの活用にもリスクがあります。状況によって最適な選択肢が異なるのは確かですが、総合的に考えてみるとファクタリングはリスクがかなり少ない方法だということがわかるでしょう。

借入をするわけではないので返済義務が生じず、売掛債権に基づいてお金を調達するので出資者が集まらずにお金が手に入らないといったトラブルもありません。ファクタリングの性質を正しく理解していれば、資金繰りでミスをして倒産するようなこともないでしょう。資金調達の方法で悩んでしまったときには、まずファクタリングを使うことを考えてみるのが安全策なのです。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 個人事業主が利用できる
株式会社ウィットの基本情報
基本情報 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二ビル5F 電話番号:0120-31-2277 営業時間:9:00~18:00 定休日:土日
対応力 最短2時間での資金化が可能 電話のみでの資金調達にも対応
費用 手数料:5%~ 買取金額:30万~500万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧