口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

     

リバースファクタリングとは?

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/30

リバースファクタリングとは、外注先へ支払いサイトを伸ばすための仕組みです。買掛金が高額になる際に利用すると、キャッシュフローを改善する効果が得られます。通常のファクタリングサービスとは真逆となるため、取引における立場によって使い分けが必要です。ここでは、まだあまり知られていないリバースファクタリングについて解説します。

リバースファクタリングは買掛金の支払いを先延ばしにするサービス

通常ファクタリングといえば、売掛債権を持っている受注企業側が利用するサービスです。未払いの売掛金をファクタリング会社に譲渡することで、本来の支払い期日よりずっと早く現金を調達できる仕組みを指しています。これに対し、リバースファクタリングは買掛金を持っている企業側が利用するサービスです。ファクタリング会社に取引先への支払いを代行してもらい、実際に買掛金を支払うタイミングを先延ばしにする仕組みです。

一般的にファクタリングは売掛を持っている側が行うことなので、リバースという名称がついています。資金繰りに余裕を持つためには支払いを先延ばしにすることもひとつの有効手段ですが、それを実現するのがこのサービスといえるでしょう。たとえば高額な買掛金がある場合や支払いサイトが短い場合、どうしてもキャッシュフローが悪くなります。外注業者が多く、下請けや孫請けへの支払いが立て込んでしまうと資金不足になるといった場合に利用することで、経営を悪化させない対応が可能となるでしょう。

また昨今では、下請けや孫請けから、経営が厳しいためなんとかサイトを短くしてもらえないかといった訴えが来ることも充分に考えられます。あり余る資金が手元にあるなら別ですが、どの企業も厳しい中でなんとか支え合うためには、こうしたサービスの利用もひとつの選択肢になるでしょう。つまりこのサービスは、発注企業と受注企業、双方にとって強い味方となる期待があります。

リバースファクタリングのメリット

リバースファクタリングの利用は、買掛先(発注側)・売掛先(受注側)双方にメリットがあることは先ほど触れました。それぞれを詳しく解説します。まずメインとなる発注側の企業ですが、支払いサイトを伸ばせることが第一のメリットです。たとえば2か月分支払いサイトが伸びれば、2か月分の買掛金が手元に残り、キャッシュフローが改善します。いずれ払うのだから同じだということはなく、企業の運転資金と考えた場合、2か月分の買掛金に相当する資金調達ができたのと同じ効果となります。

また、万が一自社の資金繰りが悪化し、本来の期日に支払い不能となってしまった場合にも、相手先にはファクタリング会社が立て替えて支払うため滞納になりません。外注先との取引において関係性が悪化するのを防ぎ、多大な迷惑をかけることもありません。このことはもちろん、受注企業側にも大きなメリットになります。

ファクタリング会社が早期に売掛金を支払ってくれれば、もし発注企業が一時的に支払い不能になっても確実に現金を受け取れます。取引の安定性が上がりますし、お互いに信頼できる付き合いができるでしょう。事業を行う以上、瞬間的に資金ショートとなってしまうタイミングは起こり得ますので、万全の対策を取ることで負のスパイラルを起こさない歯止めを作ることができます。

サービスを活かせるのはどんな事業者でしょうか

リバースファクタリングサービスをとくに活かせるのは、支払いサイトが短い取引を行っている事業者や、一件の買掛金額が大きくなりがちな事業者です。この条件ですぐにイメージされるのが建設業界ですが、この業界は支払いサイト30~60日設定が多く、下請け構造が特殊なため買掛金がまとまった金額になりやすいのが特徴です。

たとえば1件数百万円から大きい場合は数億円までの買掛金を支払う必要が生じる場合もあるため、まさにリバースファクタリングの利用に適した事業者といえるでしょう。現場には人材や資材などを最初から揃える必要がありますし、どうしても支払いサイトを遅らせるのは難しい業種です。

このサービスを利用すれば、実際の支払い日にきちんと外注先に支払いが行えるうえで、自社の支払いは数か月先に延ばすということも可能となります。またこの業界のほかにも、サービスを活かせる事業者はたくさんいます。たとえば、実施したいプロジェクトがあるのに、自社の支払い条件では優秀な外注先企業が見つからない懸念があるといった場合には非常に有効にはたらきます。支払いサイトを短くすると資金繰りが悪化する懸念があったり、外注先が複数社あったりする場合には頼りになるはずです。

ただ、残念ながらリバースファクタリングは取扱っている会社がとても少なく、なかなか見つけにくいというのが大きな課題でしょう。理由は金額の大きさで、リバースファクタリングで立替えることになる買掛金は数千万円単位となるため、資金力を持つ会社でなければサービス提供できないからです。

 

リバースファクタリングは通常のファクタリングとは真逆で、売掛債権を持つ企業側ではなく、買掛を持つ企業側が利用するファクタリングサービスです。契約すると支払い期日にはファクタリング会社が立替えて外注先に支払ってくれるため、一時的に資金繰りが難しくなりそうなときにも滞りなく取引ができます。たくさんの外注先と取引のある企業、支払いサイトが短い事業者、1件の金額が高額になりがちな事業者におすすめですが、サービスを提供しているファクタリング会社が非常に少ないのがネックです。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 個人事業主が利用できる
株式会社ウィットの基本情報
基本情報 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二ビル5F 電話番号:0120-31-2277 営業時間:9:00~18:00 定休日:土日
対応力 最短2時間での資金化が可能 電話のみでの資金調達にも対応
費用 手数料:5%~ 買取金額:30万~500万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧