口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

     

ファクタリングが日本で浸透してきた理由

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/08/31

世界的に見ると、ファクタリングによる資金調達はメジャーです。しかし日本では比較的最近になってから浸透してきた方法で、まだ融資ほどによく理解されているとはいえません。ただ、着実に世の中に広まっています。このような潮流はどのような理由で引き起こされているのでしょうか。国内外の情勢から考察していくので参考にしてください。

変化に追いつく必要が高まってきた

日本では会社が資金調達をするといったら、まず「融資」というのが基本的な考え方でした。国や地方自治体によって公的融資が行われていることに加え、銀行や信用金庫などの各種金融機関も法人向けの融資を行っています。高度経済成長期からバブルの崩壊までに多くの中小企業が各地に生まれ、大手企業も独自の成長を見せてきました。

その際には融資を受けて投資をしていき、また大きな利益を上げてきちんと返済するということがうまくできていました。競争の中で生き残りが難しくなり、倒産していく会社もなかったわけではありませんが、資本主義経済の中で必要とされる会社はうまく融資を使って生き残ってきたのです。

しかし、バブルの崩壊後は景気が低迷して消費傾向が弱まり、消費者の動向も大きく変化するようになりました。情報技術の台頭によって変革がスピーディーに起こるようになり、その変化に対応できるように事業を展開していくことが求められるようになっています。今までと同じように事業を行っていたのでは衰退する一方になってしまい、経営ができなくなる傾向が生まれたのです。

融資から倒産へというストーリーが目立つようになった

会社の生き残りをかけてどんな事業を進めていくかを戦略的に考案し、実行に移そうとしたときに必要なのが資金です。この段階になって大きな問題として浮上してきたのが融資による資金調達が難しくなったことでした。時代の変化に早い段階で気づいて、融資を受けて経営改革や事業戦略の改定をしていた企業もたくさんあります。

そのような企業が倒産するケースが目立ってしまい、銀行では貸し倒れが相次いで発生してしまいました。あまりの大きな変化を予測できずに事業に失敗したケースが多く、資金繰りが苦しくなって追加融資を申し込み、もはや返済不能な状況になって倒産してしまったのが通例です。

このような融資から倒産へというストーリーが目立つようになり、中小企業では資金融資を受けることが困難になってしまいました。しかし、資金がなければ事業の先行きは暗いとなると他の方法を考えなければなりません。

融資を受けてきた企業では闇金に手を出していることもありましたが、このような時期にようやく日本でファクタリングが始まりました。融資で資金調達ができないのなら、ファクタリングを使ってみようという動きも合わせて生まれてきたのです。

実績が増えて急速に浸透するようになった

ファクタリングが日本で始まった当初は悪徳業者ではないかと疑われたり、違法行為ではないかと信用されなかったりしてあまり浸透しませんでした。しかし、やむにやまれぬ状況になって手を出す企業が現れ、きちんと資金を運用して成功する事例が次々に生まれてきたのです。

実績ができるにつれて口コミでも評判が広まり、多くの経営者に認知されるようになりました。大手会社が主催するセミナーなども定期的に行われるようになり、安心して利用できる資金調達方法だという認識が広まってきたのです。このような利用実績と啓蒙活動の影響によってファクタリングは急速に日本社会に浸透しました。

ただ、まだ融資に比べると歴史が浅く、とくに融資が資金調達の定石と考えている人たちからは受け入れられていないのは確かです。しかし、融資よりも早く現金が手に入るメリットを宣伝したり、クラウドを利用するサービスを提供して利便性を高めたりするなど、業界でももっと知名度を高めようという動きが活発に行われています。

三社間ファクタリングをするにはあらゆる企業からの信用を得ることも重要なので、業界を挙げて合法的で魅力がある資金調達方法として宣伝を続けているのが現状です。

 

ファクタリングが日本でようやく浸透してきたのは歴史的な影響があります。高度経済成長期に企業では融資による資金調達をして投資を行い、事業を拡大してより大きな利益を得ることに成功し続けてきました。結果として資金調達をするときには融資を受けるのが定石と考えてしまい、他の選択肢をあまり考えない傾向が強かったのです。

その間にも世界的にはファクタリングを利用するケースが生まれてきていました。ようやく日本で使われるようになったのは融資を受けた後に倒産する会社が相次いでしまい、銀行から融資を受けるのが難しくなってきたからです。

当初はやむにやまれぬ状況になってから利用するケースが多かったものの、実績が増えてきたことに加え、業界企業による宣伝や啓蒙活動が活発に行われたことによって急速にファクトリングが浸透するようになっています。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 個人事業主が利用できる
株式会社ウィットの基本情報
基本情報 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二ビル5F 電話番号:0120-31-2277 営業時間:9:00~18:00 定休日:土日
対応力 最短2時間での資金化が可能 電話のみでの資金調達にも対応
費用 手数料:5%~ 買取金額:30万~500万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧