口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

     

ファクタリングと不動産担保ローンの違いを比較

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/02/12

事業資金の調達を考える際に、ファクタリングを用いて売掛金の現金化を行なうか、所有不動産投資を担保に入れた資金調達を行なう不動産担保ローンを利用するかで迷う方も多いでしょう。

ここでは、ファクタリングと不動産担保ローンの資金調達方法の比較を行います。

高額の事業資金を調達するためには

企業を運営する上では、多くの事業資金が必要になり、事業の状態によっては急に多くの資金が必要になる事態も訪れるでしょう。

資金調達を考える場合には、銀行などの金融機関からの資金調達を検討する場合も少なくありません。融資を検討する状況に陥っても、自社の経営状態が悪く、業績不振の状態や税金が滞納しているなどの状況に陥っている場合には、金融機関への融資申請が難しい場合もあるでしょう。

自社に所有不動産などの担保として提供できる資産があれば、抵当権を設定することにより、金融機関から資金調達を進めることは可能です。大手であれば、自社で不動産を所有している場合もありますが、中小企業の場合には、自社物件を保持していないケースが殆どでしょう。

売掛金を換金するファクタリングであれば、担保として提供できる不動産を保有していなくても、事業資金の調達を行なうことは可能です。赤字決算などの理由により、経営状態に問題がある状況であっても、不動産を担保にした資金調達や、売掛金の現金化であれば、問題なく資金調達を進めることができるのです。

運転資金が枯渇している状態では、事業を拡大するのも難しいのが実情でもあります。金融機関への融資の依頼が難しいからといって、資金の調達を諦めるのではなく、自社に適した手段での資金繰りを検討してみましょう。

不動産担保ローンを用いた資金調達の流れ

不動産担保ローンを企業の運営資金として利用する際には、担保に提供する不動産以外に、会社の謄本や決算書類などを用意する必要があります。自社で所有するビルや、遊休地など、担保として提供できる固定資産がある場合には、経営状態に問題がある状況であっても、抵当権を設定することで高額資金を調達することはできるのです。

金融機関が提供する他のローンとは違い、不動産担保ローンの場合には、低金利で利用できるケースが多いです。融資可能な金額も高額なケースが殆どでもあり、担保として提供する不動産の担保価値が高額な場合には、億単位での融資を受けることも可能な点が不動産担保ローンを利用することのメリットです。

返済に要する期間は、長期に亘る場合が殆どですから、長い目で見た事業計画資金での利用も十分に可能です。金融機関のサイトによっては、返済のシミュレーションを行える計算機能が搭載されている場合もあります。自社が必要とする資金を、どの程度のペースで返済するかを事前に確認してから調達することも可能です。

保証人の提示の必要もなく、用途自由な資金をスピーディに調達できるのが、不動産担保ローンを利用することの利点です。金融機関によっては、一週間程度の短い時間で資金調達が可能になる場合もあります。高額な事業資金であっても、不動産担保ローンを用いれば、手軽に調達できるのです。

ファクタリングによる売掛金の現金化

未回収の売掛債権が自社にある場合には、ファクタリングを用いた資金調達を行なうことも可能です。取引先への売掛金を早期に現金化することで、支払いサイトを意識することのない、スピーディな資金調達を進めることが可能になるのです。自社で所有する物件など、担保として提供できる固定資産がなくても、ファクタリングであれば、すぐに必要な資金を手に入れられるのです。

取引先との支払いサイトが長い場合には、入金を待つまでに時間を要してしまう場合も珍しくはありません。ファクタリングを用いれば、即日での入金も可能です。

ファクタリングを利用する際には、売掛金の買い取りを依頼する2社間ファクタリングと、取引先に売掛金の売却を承諾してもらう形で進める3社間ファクタリングが存在しています。自社の事情や取引先との関係を考慮に入れ、どちらのスタイルで売掛債権の現金化を進めるかを検討しましょう。

ファクタリングを進める際に必要になる書類は、売掛金の請求書類と会社の登記簿謄本、実印などになります。債務超過の状態や担保として提供できる固定資産がない場合でも、売掛金を用いたファクタリングならば、スピーディな資金繰りを実現できるのです。

売掛金の割引には高額な手数料がかかるイメージを抱く方もいますが、殆どのファクタリング会社では、数パーセント程度の低い手数料が採用されています。固定資産がなくても手軽に資金を借り入れできるのがファクタリングの魅力です。

 

企業が資金調達を進める場合にも、経営状況によっては、金融機関への融資が難しい場合も多いものです。資産がある場合には、不動産担保ローンの利用が良いですが、資産のない企業では売掛債権の現金化を検討することになるでしょう。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 個人事業主が利用できる
株式会社ウィットの基本情報
基本情報 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二ビル5F 電話番号:0120-31-2277 営業時間:9:00~18:00 定休日:土日
対応力 最短2時間での資金化が可能 電話のみでの資金調達にも対応
費用 手数料:5%~ 買取金額:30万~500万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧