口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

経済産業省もファクタリングの利用を促進している背景

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/09/19

企業が資金調達を行う方法の1つであるファクタリングは、最近日本でも広く利用されるようになって来ています。

経済産業省も正当な資金調達方法として認めており、売掛債権を利用して早期に資金調達したい中小企業などから注目を集める存在です。企業が利用できる資金調達の方法は多様化しつつあり、ファクタリングも重要性を増しています。

経済産業省も利用を推進している資金調達方法

ファクタリングは売掛債権を売却して早期に現金化するサービスのことです。聞き慣れない言葉なので不安を感じる経営者も多く見かけますが、経済産業省や中小企業庁なども正当な資金調達方法として認めています。さらに政府はこの仕組みの利用を促進しており、今後さらに利用者が増え続けると考えられています。

日本国内では大企業を中心に景気が上向いているとされますが、中小零細企業では業績が思わしくないケースも見られます。運営を借入金に頼っている企業も多く、元本と利子の返済が負担となっています。売掛債権を売却するファクタリングでは、契約後の返済がないので経営に専念することができます。そのため国もこの仕組みを推進し、効率的な企業運営を後押ししています。

金融機関から融資を受けるには不動産などの担保が必要となるのが一般的です。不動産市場は常に変動しており、価値が低下する可能性があります。担保価値が低下すれば十分な融資を受けることができません。また企業が担保とするのに十分な不動産を所有してないケースも見られます。

資金繰りをスムーズを受けることができないと、経営が悪化してさらに資金調達が難しくなるという悪循環が起こります。売掛債権を売却するファクタリングならば、不動産がなくても早期に資金を調達することが可能です。経済産業省や中小企業庁は、資金繰りの難しさを打開する方法としてファクタリングに期待しています。

ファクタリングは素早く安全に資金を調達できる

経済産業省は不動産に依存しない売掛金などの担保の買取・評価システムを確立することと、中小企業の資金調達方法を多様化させることを目指しています。売掛債権の売却は安全な資金調達方法です。金融機関からの融資を受ける場合のような返済義務はありません。一旦売掛債権を売却してしまえば、資金を得て経営に専念することができます。

近年では中小零細企業を中心として売掛債権の売却による資金調達が広く行われるようになっています。しかし売掛先に経営状況を知られたくない経営者からは、敬遠されるというケースも見られます。

ファクタリングには業者と利用者の2社間のみで行うものと、売掛先を含めた3社間で行うものがあります。前者であれば売掛先が関与しないので、知られる心配はありません。売掛債権を売却する仕組みについて誤解を受けているケースも存在します。そのため経済産業省では普及活動に取り組んでいるところです。

ファクタリングに興味がある場合にはプロである業者に相談してみるとよいでしょう。日本国内では様々な業者が活動しており、サービス内容や手数料に違いがあります。複数の業者を比較検討して、最適なものを選ぶことをおすすめします。基本的に利用者数の多い大手の業者を選べば安全に資金調達を行うことができます。

ファクタリングは経済産業省も推進する安全な資金調達方法です。利用者の負担が少なく経営に専念できるだけでなく、売掛先に知られずに素早く資金を調達することができます。

早期に資金調達できるファクタリングの仕組み

商品やサービスの提供が完了して請求済みであるものの、まだ支払われていない債権が売掛債権です。ファクタリングでは売掛債権を第三者であるプロの業者が買い取ります。一般的に企業間では現金取引ではなく、売掛金による取引が行われています。支払い期間によって現金化できるまでに時間が空くのが通常です。

実際に支払われるまでにタイムラグがあるため、資金繰りが悪化して経営に影響を及ぼす可能性があります。売掛債権を支払い期日前に売却すれば、スムーズに資金を調達して経営に専念することができます。

利用者と業者のみでの2社間取引ならば即日で入金してもらうことも可能です。遅くとも3日程度で入金されます。手数料は譲渡する売掛債権額の7%から30%程度とされています。

一方、売掛先も含めての3社間取引は、2社間取引と比較して手数料が安いというメリットがあります。一般的に売掛債権額の1.5%から5%が手数料の相場とされます。入金までに必要な日数は2日から5日程度です。

2社間取引と3社間取引にはそれぞれ異なるメリットがあります。売掛先に知られずに素早く資金調達をしたい場合には2社間を選ぶとよいでしょう。なるべく費用を抑えたい場合は3社間を選ぶことをおすすめします。

 

売掛債権を支払い期日前に売却して現金化するファクタリングは、経済産業省や中小企業庁も推進する安全な資金調達方法です。金融機関からの融資の場合と異なり返済の負担がないので、経営に専念することができます。

ファクタリングには業者と利用者のみで行う2社間取引と、売掛先も関与する3社間取引が存在します。それぞれに異なるメリットがあるので状況に応じて最適な方を選ぶとよいでしょう。

おすすめのファクタリング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社オッティ株式会社SKO ファクタリングのTRY(トライ)株式会社三共サービス株式会社ワイズコーポレーション FACTOR PLAN(ファクタープラン)株式会社ビートレーディング
ポイントスピード・手数料・限度額の全てがハイクオリティ24時間いつでも申し込め最短1日で売掛金を資金化圧倒的な安さでとにかく手数料を抑えたい人におすすめ条件を満たせば最短即日での現金化が可能数億円単位での大規模な取引をする企業におすすめ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧