口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

継続的にファクタリングを利用することは可能?

公開日:2019/11/01  最終更新日:2019/10/11

売掛債権をすぐに現金化できる金融サービス「ファクタリング」は、中小企業にとって有効な資金調達方法です。  資金繰りが厳しい中小企業は、ファクタリングサービスを継続的に利用することができるのでしょうか?

今回は、資金繰りに悩む中小企業がファクタリングを継続利用できるのか、メリット・デメリットもあわせて解説していきます。

ファクタリングの継続利用にはメリットがある

審査は売掛債権や相手先企業の経営状況の把握が重要項目となり、その信用度によって依頼者側へ売掛金が立て替えて支払われます。先に依頼者側へ現金化されるため、依頼者が売掛金を別の用途に使用してしまったり他の返済に使用してしまう可能性もあるかもしれません。

そのため依頼者側企業に対する信用度はもちろんのこと、依頼者本人の信用度も重要となりますが、継続的に利用できるということは、依頼者の信用度が高く評価されます。回収不能のリスクが低くなるため、継続利用することでより良い信頼関係が築けることになるのです。

またファクタリングには手数料が必要となりますが、手数料の割合は依頼者側の信用度と密接に関係しており、信用度が低いと手数料は高くなりますが、継続利用によって信用度が上がると手数料が安くなる場合があります。

初めて利用する場合は、申込み書類や揃えるべき資料がたくさんある上、説明事項や契約方法など多岐にわたる手続きがありますので、契約締結までかなりの時間がかかるでしょう。

しかしながら、継続利用する場合は申込みや説明事項が簡略化できますので、初回利用時よりも契約にかかる時間が短縮され、売掛債権を早ければ即日現金化できる可能性も高くなります。継続利用することは、利用者側にとっては入金がスピーディーに行われるという高いメリットがあるのです。

ファクタリングを他社に乗り換えるとデメリットがある

手数料に不満がある場合、他社へと乗り換えることにより手数料を抑えることができます。

「乗り換えキャンペーン」を行なっている会社の場合、初回利用時に手数料が安くなったりキャッシュバックなどのあらゆる特典を受けられるからです。携帯電話会社のキャンペーンを想像されるとイメージしやすいかもしれませんね。

乗り換えることにより様々な特典を受けることができるならば、継続利用せずに他社へ乗り換えた方が利用者側にとってはメリットがあるように見えますが、他社への乗り換えはデメリットになり得ることもあります。

以前の会社との契約を続行中に他社へ乗り換える場合、他社へのファクタリングは別の売掛債権を用意する必要がありますが、以前の会社で一度売却した売掛債権を再び譲渡することは2重譲渡となり、特に2社間取引の場合は2重譲渡を行なってしまう可能性があります。

2重譲渡とならないよう、以前の会社との契約がきちんと終結した後に別の会社と契約をするようにしましょう。

また債権譲渡登記を行って契約を結ぶ場合、法務局にて証明書を取得することでファクタリングの履歴がわかりますので、他社へ乗り換えをしたことが以前の会社に発覚する可能性もあります。乗り換えることは利用者側の権利ですので自由に行えますが、以前の会社に乗り換えの事実が発覚したときの心証は良くないでしょう。

ファクタリングの継続利用には価値がある

ファクタリングの継続利用は手数料もその都度かかるため、本来の売掛金額が減少します。この手数料を金利に換算してみると、金融機関で融資を受けた場合の金利よりも高金利となってしまう点に注意しなければなりません。

手数料を抑えるためには3社間契約で行うのが良いでしょう。3社間契約は売掛先企業からの承諾を得る必要がありますが、入金は売掛先から直接支払われます。そのため回収不能のリスクを抑えることができ、3社間契約は2社間契約よりも手数料を抑えることが可能となるのです。

ただ、売掛先から承諾を得る必要があることや時間がかかることに注意しましょう。日本においては、手数料を支払い売掛債権を現金化するという資金調達方法のひとつとして成り立っていますが、欧米では、自社の売掛債権の管理や回収をファクタリング会社に委託するという考えがあり、手数料はその管理料として利用されています。

つまり売掛債権を譲渡する事により、売掛債権の管理・請求書の管理・取引先の与信管理などの業務をファクタリング会社に委任するのです。人件費やコストを考えると、手数料を支払ってもメリットの方が上回るでしょう。

「売掛債権の管理業務」としての活用方法はまだまだ日本では馴染みがありませんが、この先このような利用の仕方を行う企業も増えてくるでしょう。このような利用方法であれば、ファクタリング会社を継続利用する価値は大いにあります。

 

ファクタリングを継続利用することは利用者にとってはメリットがあるように思いますが、かかる手数料を考えると経営に影響が出る可能性があります。ファクタリングを継続利用する場合は、手数料を抑えることができる3社間契約や他社への乗り換えを検討してみましょう。

おすすめのファクタリング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社オッティ株式会社SKO ファクタリングのTRY(トライ)株式会社三共サービス株式会社ワイズコーポレーション FACTOR PLAN(ファクタープラン)株式会社ビートレーディング
ポイントスピード・手数料・限度額の全てがハイクオリティ24時間いつでも申し込め最短1日で売掛金を資金化圧倒的な安さでとにかく手数料を抑えたい人におすすめ条件を満たせば最短即日での現金化が可能数億円単位での大規模な取引をする企業におすすめ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧