口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

やっぱり大手は優良?人気のファクタリング会社の条件について

公開日:2019/12/01  最終更新日:2019/11/15


ファクタリングは売掛債権を譲渡し現金化する決済サービスです。さまざまなファクタリング業者があり、どのような売掛金でも譲渡することができるわけではありません。一定条件を満たしている必要があり、大手業者や優良業者の場合、経営者が利用しやすいような条件を設定して、買取して支払いする条件やタイミングなどが異なります。

業者によって条件はさまざまです

一般的に売掛債権を買取するファクタリングは一括と呼ばれていて、2社間と3社間の種類があります。2社間の場合、利用会社と業者だけの2社間における契約です。売上債権売却は売掛先に通知されなかったり、利用者は売掛債権を売却し売掛債権期日において受け取ったお金を業者に振込みする仕組みです。債権譲渡登記を行なったり、手数料は比較的高いことがあげられます。

3社間の場合、2社の他に売掛先会社にも通知し3社間での契約になります。売掛債権は売掛先から業者に振り込み、償還請求権付きになるケースが多いです。手数料は比較的安いという特徴があり、業者には銀行系や専門業者があります。

銀行系の場合、大企業向けのサービスが中心で中小企業や個人事業者に関して対象にならないケースが多いです。審査は利用する企業に対し行なわれ、取扱金額は高額となり3社間での取り扱いになります。

専門業者の場合、中小企業向けですが個人事業主も対象にしている業者があるので便利です。2社間や3社間を取り扱っていて、審査は売掛債権が対象で利用企業の審査はありません。いろいろな業者があり、それぞれ条件が異なるので実績が確かな業者を選んだり、人気のある良い条件のところを選択するようにしましょう。いろいろな規模があるので、小口から利用することができたり高額案件を扱っているところもあります。

手数料が少ないところがおすすめです

ファクタリングを利用する場合、いくつか必要な条件があります。売掛債権を資金化するため、いくつか手続きを行わなければいけません。ファクタリングを利用する場合、必ずかかる費用として手数料があげられます。

業者によって手数料の他にも費用がかかることがあり、例えば着手金や事務手数料、印紙代などが対象です。業者によって審査手数料などの名目で着手金や事務手数料などを請求するケースもあります。

着手金に関して不要な業者が多く、事務手数料の相場はゼロだったり5,000円~30,000円ぐらいかかるところもあるでしょう。印紙代は契約する金額によって異なり、実費になるので利用する場合必要です。

手数料は2社間と3社間で違いがあり、手数料相場として2社間の場合は10%~30%で3社間の場合は1%~5%です。2社間は業者のリスクが高いので、手数料相場が高くなります。3社間の場合、基本的な手数料1%で売掛債権の支払いサイトとして30日を基準としているところが多いです。90日サイトになると3%になったりサイトに応じて手数料も増えていきます。

手数料などを低く設定しているところは人気があり、コストを抑えて利用することができます。例えば1,000万円の売掛債権がある場合、現金化の対象になるのは掛け目後のお金です。掛け目は一般的に80%~90%で、最大900万円を早期現金化することができます。掛け目がきちんと返還されるか契約書で確認しておくことをおすすめします。

複数の会社を比較検討してみましょう

2社間ファクタリングの場合、債権譲渡登記が条件になるケースが多く、法務局において売掛債権譲渡登記する場合発生する費用について利用者負担になります。登記ができるのは法人になるので、個人事業主の場合2社間自体の利用は難しいでしょう。債権譲渡登記費用として登録免許税や印紙代、司法書士報酬や実費など、登記費用は金額により違うので確認しておきましょう。

3社間ファクタリングの場合、償還請求権付きが条件になることが多いです。償還請求権は売掛先企業の倒産により売掛債権が回収できないと、業者が利用者に対して請求できる権利です。利用者にはリスクになりますが、業者側はリスクがないので3社間の手数料が安くなっています。償還請求権のないノンリコースというサービスがあり、どちらを選ぶかは売掛先の経営状態から選びましょう。

手数料を支払うタイミングとして、現金化した際に相殺される仕組みです。金融機関から融資を利用する場合、金額から印紙代や事務手数料などが差し引かれてから振り込まれるのと同じように、審査や登記設定などが終了すると売掛債権の金額が振り込まれます。しかし手数料や登記費用が差し引かれ振り込まれるというのが一般的です。

業者によっていくつか手順が違うこともあり、事前によく確認してから正式に依頼することをおすすめします。中には仮審査を受けられる業者があり、仮審査の段階においてキャンセルすることができるので便利です。人気のある業者は柔軟な条件を設定している特徴があり、いくつか比較検討することをおすすめします。

 

ファクタリングを利用する場合、一定条件を満たしている必要があります。経営者が利用しやすい条件を設定していて、手数料が少ないところがおすすめです。中には仮審査を受けることができる業者もあるので、いくつか比較検討してみることをおすすめします。

おすすめのファクタリング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社オッティ株式会社SKO ファクタリングのTRY(トライ)株式会社三共サービス株式会社ワイズコーポレーション FACTOR PLAN(ファクタープラン)株式会社ビートレーディング
ポイントスピード・手数料・限度額の全てがハイクオリティ24時間いつでも申し込め最短1日で売掛金を資金化圧倒的な安さでとにかく手数料を抑えたい人におすすめ条件を満たせば最短即日での現金化が可能数億円単位での大規模な取引をする企業におすすめ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧