口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングの審査で重要視されるポイントとは

ファクタリングとは、企業が資金調達するために行う方法の一つです。未回収の売掛金をファクタリング会社に売却することで、資金化できるのです。事業資金の調達のために使ってみようかと、検討中の方のいらっしゃるかと思います。検討中の方にとっては、審査基準や、銀行融資との違いなど、気になる点がたくさんありますね。

 

 

3社間で行う方法と、2者間で行う方法

ファクタリングには大きく分けて二つのやり方があります。3社間で行う方法と、2者間で行う方法です。どちらも基本的な流れに沿った内容です。どちらの方法を選択しても、自社への審査は入ってきます。パスして初めて内容確認や契約へと移れるのです。3者間で行う場合は取引先の承諾が必要で、売掛先から直接資金を回収します。この場合は売掛先の信用が重視されます。自社の信用に自信がない場合でも、ほとんど問題になりません。売掛先企業の経営状態や信用力を重視する場合、自社の経営状態が良くないときでも受かる可能性が高いのです。

3社間だと自動的に売掛先企業に情報が伝わってしまうため、資金繰りに苦労しているのではないかと、懸念される可能性があります。そのマイナスポイントを補うために考え出されたのが、2者間で行うパターンです。2者間で行う場合は、取引先に知られずに済みますが、自社の信用がある程度必要になります。いったん売掛先から利用会社に振り込まれた後に、支払いをするからです。売掛先企業には知られずに済みますが、その代わり3社間よりも手数料が高くなります。

銀行融資やビジネスローンよりも、基準が甘い

申し込みしてきた会社が、売上債権を二重譲渡している場合や、売り上げ入金に使用する講座が税務署に差し押さえをされている場合は、予定していた金額の回収がむずかしくなるため、利用できません。そのような極端なケースをはじくために事前の調査があるのです。利用の際には手数料が必要ですが、金額が固定ではありません。それもリスクがあることを踏まえた上で決められています。基本的には銀行融資やビジネスローンよりも、基準が甘くなっています。入金までにかかる期間も短くて、資金操作で困っていて、早急に運転資金が必要な場合には非常に役に立ちます。

重要視されるポイント3つを把握する

重要視されるポイントは、3つあります。その3つのポイントを把握していれば、受かるように対策が取れます。一つ目は売掛金があるかどうかです。売掛金の意味や、有無などを把握することが絶対条件となっています。売掛金とは、帳簿上にある未収入のお金のことで、売掛金がない場合は利用できません。

二つ目は取引先の会社から信用されているかどうかです。特に3社間で利用する場合、自社が売掛先企業から信用されているかどうかは、大きなポイントです。過去に長期にわたって取引がされていると、その実績が信用につながります。また、取引の期間に関係なく、大手企業が相手の場合でも信用があるものとみなされます。取引の実績がほとんどないところが売掛先企業となる場合は、信用がないものとされてしまいます。

三つめは自社の状況です。会社の経営状態はどうか、事業主が会社の経営状態を把握しているかどうか、個人事業主でないかどうかを見られます。個人事業主は通りにくいのです。その理由は、事業規模が小さく回収サイクルが長くなるからです。個人事業主でない場合、倒産の危機に陥っているとかでないなら、特に注意することもなく受かる可能性も高いでしょう。

相談から入金までの流れですが、まずは自社の概要や代表者の情報、希望条件などの聞き取りをされます。次に必要書類の提出をします。持参、郵送、FAXなどで受付されています。必要になる書類は、商業登記簿謄本印鑑証明書売掛先との取引基本契約書会社の業績が確認できる資料譲渡希望の売掛金を証明する資料取引に係る通帳です。身分証明書や住民票が求められる場合も有ります。会社の業績が確認できる資料は確定申告書や決済書などです。譲渡希望の売掛金を証明する資料は、契約書や請求書などです。必要書類をすべて提出してから審査に入ります。通ったら手続です。契約書が送られてくるので、そこで最終的な確認を行います。3社間の場合は3社で、2者間の場合は2社で契約を結びます。契約が結ばれたら、やっと入金がされます。

 

全体の流れを把握していれば、それほどむずかしいものではありません。重要視されるのは売掛先企業の信用力です。自社の経営状態が苦しいときでも、クリアできる可能性は大いにあります。自社が苦しい状況だからとあきらめずに、まずは問い合わせをしてみるのがいいでしょう。契約をスムーズに進めて、できるだけ早く入金してもらうためには、必要書類をしっかりとそろえることが大切です。書類がそろうまでのスピードを考えると、あらかじめ手に入れておいた方がいいでしょう。必要になってから準備するのでは取引が遅くなります。契約についてわからないことがあれば、問い合わせをすることができます。

サイト内検索
記事一覧