口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングで資金調達をする際のポイント


ファクタリングを行えば売掛債権を早期に現金化することができます。

支払い期日前に運転資金を調達できるため、特に中小企業に人気があります。

ファクタリングは売掛債権を業者が買い取る仕組みです。

売掛先が倒産した場合に支払を受けられないリスクも回避することができます。

効率的にファクタリングによる資金調達を行うには、手数料など様々なポイントに注意が必要です。

ファクタリングによる資金調達の特徴について

ファクタリングは企業が持つ売掛債権を業者に売却して早期に資金調達する仕組みのことです。

一種の債権譲渡なので金融機関からの融資などとは異なります。

そのため非課税扱いとされており、消費税が課税されることはありません。

この仕組みによる資金調達方法には2社間契約と3社間契約の2種類があります。

2社間契約は業者と債権者だけが当事者で、債務者は契約に関与しません。

債権者は売掛債権を業者に売却して資金調達を行います。

その後債務者から支払いを受けたら、さらに業者に支払うことになります。

2社間契約では債権者による支払いが行われないリスクを業者が背負います。

そのため3社間契約と比較して手数料が高額に設定されます。

一般的に2社間契約の手数料は売掛債権額の10%から20%ほどです。

手数料を抑えて資金調達を行いたい場合には3社間契約の方が適しています。

3社間契約は業者と債権者、債務者が当事者となります。

債務者も契約に関与するので、債権者の資金繰りについて知られてしまいます。

そのため3社間契約よりも2社間契約の方が多く行われているのが現状です。

2社間契約と比較して、3社間契約は手数料が大幅に安いというメリットがあります。

債務者が債権者の資金繰りについて知ったとしても問題がなければ3社間契約を選択する方が合理的です。

3社間契約の手数料は売掛債権額の1%から5%ほどとされています。

効率的な資金調達を行うには、それぞれの契約の特徴を十分考慮することが重要です。

2社間契約と3社間契約の違いについて

一般的な企業の資金調達に利用されるファクタリングには2社間契約と3社間契約があり、それぞれに異なる特徴が存在します。

2社間契約は売掛先が関与せず、通知する必要もありません

一方3社間契約では売掛先が関与するので通知が必要です。

基本的に3社間契約を取り扱う業者の担当者が、売掛先に同行して説明を行ってくれます。

2社間契約では入金口座を変更することはありません。

債権者は債務者から売掛債権を回収してさらに行へ支払います。

3社間契約の場合は入金口座を変更される可能性があります。売掛先が直接業者へ支払います。

2社間契約では債権者が業者への支払いを怠る可能性があるため手数料が高くなります。

ファクタリングの手数料に影響を与える要素には他にも売掛先の与信や売掛金額、取引履歴などが存在します。

また業者によっても手数料に違いが出てきます。ファクタリングを行う業者には2社間契約と3社間契約の両方もしくは片方のみを取り扱っているものがあります。

2社間契約を取り扱う業者には手数料に上限を設定しているものと設定していないものが存在します。

上限が設定されていないと手数料が高額になる可能性があるので注意が必要です。

10%前後に上限が設定されている業者であれば、安心して手続を依頼することができます。

20%前後に上限を設定している業者も多く見られます。

審査が最も緩やかに行われるのは上限がない業者です。様々なポイントを比較して最適な業者を選ぶ必要があります。

様々なファクタリング業者について

ファクタリング業者には様々なものがあります。

効率的に資金調達を行うには、条件に合った業者を選ぶことが重要です。

個人事業主が資金調達を行うためには、まず業者が対応しているかどうかを確認します。

ファクタリング業者の中には法人だけを対象に営業しているものもあります。

また急いで資金を調達したい場合には対応スピードが重要なポイントです。

業者の中には即日での資金提供が可能なものがあります。

多くの業者が3営業日以内で資金提供を行っています。

遅い場合でも1週間ほどで資金を調達することが可能です。

ファクタリング業者を選ぶには取り扱っている業務の確認も必要になります。

2社間契約と3社間契約の両方を扱っている業者もあれば、片方だけを専門的に取り扱う業者も存在します。

さらに売掛債権だけでなく診療報酬や介護報酬もサービスの対象としている場合があります。

また資金提供だけでなくコンサルタント業務も併せて行っている業者も存在します。

営業時間も重要なポイントです。電話やメールで24時間申し込みが可能な場合もあります。

資金提供可能な額は業者によって違いが存在します。

数千万円から1億円のような高額な資金提供に応じている場合もあれば、500万円以下の小額の資金を取り扱っている場合もあります。

信頼できる業者を選ぶためには運営実績についても確認が必要です。

長期にわたる運営実績のある業者であれば、信頼性が高いため安心して申し込むことができます。

サイト内検索
記事一覧