口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングと受取手形のそれぞれの特徴と違い

公開日:2019/12/01  最終更新日:2019/11/15


いろいろな資金調達方法があり、売掛金や受取手形といった売上債権を現金化できる方法があります。売掛金を現金化するのにファクタリングがあり、受取手形の場合は手形割引を行うのが方法です。特徴に違いがあり正確に理解することが重要になります。突発的な資金繰りに利用することができるので、中小企業の経営者が多く利用しています。

売掛金を売却して資金調達することができます

ファクタリングは売掛金を業者に売却し、資金調達する方法になります。業者は売掛金を取得する際、譲渡した会社に対し売掛金購入代金を支払うことによって買取した売掛金を回収するという仕組みです。

譲渡した会社は支払いを受ける代金に関して売掛金の金額より少なくなるでしょう。理由として業者が手数料などを差し引いてから代金を支払う仕組みになるからです。手数料は業者が売掛金を回収することができないリスクや、回収日前において譲渡代金を支払うことによって金利見合いという意味合いもあるでしょう。売掛金の回収予定日前にこのサービスを利用することにより、早期に資金を入手することが可能になります。

ファクタリングを利用した資金調達の特徴として、保有する資産の売却があり受け取ったお金は融資を受けたという訳ではありません。融資ではないので担保を提供する必要がありません。返済義務が生じないというメリットがあり、不渡りリスクもないことがあげられます。売掛金に不渡りという考えはなく、業者が売掛金を回収できないケースでも訴求されない契約形態もあるので便利です。

スピーディに現金化することができたり、担保や保証人が不要なので気軽に利用することができます。金融機関より審査が厳しくないので審査落ちする心配もないでしょう。手数料を低く設定しているところもあるので、コストを抑えて利用することができます。

決済手段として入手する約束手形です

受取手形は取引先で生じた売上について、決済手段として入手する約束手形です。手形債権は現金での回収と異なり、一定期間の後決済を行うという性質があります。売買取引において購入代金を支払う側は、一定期間支払いを延長できるメリットがあげられます。受取手形を資金化するにはいくつか方法があり、受取手形の期日まで待ち資金回収する方法や、手形を割り引き回収期日前に現金化する方法です。

債権の早期現金化を行う場合、手形割引を行うことが可能です。手形割引は金融機関に対し手形を出し資金提供を受けることができます。債権譲渡とは違い融資によく似た性質があり、もし手形が決済されない場合、返済義務などがあります。

ファクタリングと手形割引は売上債権をスピーディに現金化することができますが、やや異なるポイントがあるので注意が必要です。例えば融資か否かの違いがあり、手形割引は融資になります。手形割引は受取手形を金融機関に提供することになり、譲渡ではなく借入のような性質があるのが特徴的で返済義務があります。

ファクタリングの場合売掛債権という資産譲渡になるので、受け取る資金は融資によるお金ではありません。そのため返済する必要がなく、気軽にサービスを利用することができます。金融機関から融資を受けたりビジネスローンを利用することもできますが、審査に時間がかかったり審査落ちするリスクがあります。

手形には不渡りなどのリスクがあります

ファクタリングと比較すると、手形の場合期日に決済が実行されないと不渡りのリスクがあります。売掛金は不渡りという概念はなく、決済が行われない場合貸し倒れになるでしょう。

回収確実性についても違いがあり、売掛金は約束ですが手形決済は不渡りになってしまうと銀行との取引停止になるリスクがあり法的なペナルティがあるかもしれません。手形割引を利用し売掛債権の資金化を行う場合、リスクがあることを把握しておくことをおすすめします。

いくつかリスクがあり、不渡りは手形決済日において決済が実行されないことです。資金調達を行った後提供した手形が不渡りになると、提供した受取手形について買い戻すことになるので理解しておくのが大事です。

印紙税がかかることがあげられ、手形は印紙税の課税対象になります。印紙税は文書に課税する国税のことで、手形の金額や取引に応じて税額が規定されています。

詐欺被害にあう可能性があり、手形発行者が決済できないと分かっているのに発行した手形を受け取るリスクもあるでしょう。手形割引を行い資金化したとしても、不渡りになってしまった手形を買い戻さなければいけません。手形発行者に対し訴求することはできますが、発行者が倒産していたり行方不明になっていることもあるので回収は難しいです。

ファクタリングを利用すると審査がスピーディで、業者や売掛金などによって即日完了することも可能です。返済義務がないので、融資ではなく資産売却扱いになり返済する必要がありません。

 

資金調達方法にはファクタリングや受取手形などがあります。前者は売掛金を売却して資金を調達することができ、後者は決算手段として入手する約束手形です。手形には不渡りなどのリスクがあり、ファクタリングを利用するとスピーディな現金化を期待することができます。

おすすめのファクタリング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社オッティ株式会社SKO ファクタリングのTRY(トライ)株式会社三共サービス株式会社ワイズコーポレーション FACTOR PLAN(ファクタープラン)株式会社ビートレーディング
ポイントスピード・手数料・限度額の全てがハイクオリティ24時間いつでも申し込め最短1日で売掛金を資金化圧倒的な安さでとにかく手数料を抑えたい人におすすめ条件を満たせば最短即日での現金化が可能数億円単位での大規模な取引をする企業におすすめ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧