口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングの審査に落ちてしまう会社の特徴は?

公開日:2019/04/01  最終更新日:2019/03/14

ファクタリングの審査は銀行の審査に比べると緩いですが、それでも申し込んで落ちる会社があります。

また、ファクタリングの場合は申し込んだ会社の債務状況はそれほど重視されません。

それよりも、売掛先の会社の状態が重視されます。

 

売掛金のことが何よりも重視される

ファクタリングは売掛金を買い取るサービスです。

買い取ってもらうことで、その会社の資金繰りがうまくいくようになります。

買い取る方からすると、売掛金を必ず回収することが重要なポイントです。

このサービスを申し込んだ場合はこの点が一番重視されます。

売掛金のことが曖昧な会社の場合は審査で落ちることがほとんどです。

また、売掛金の決済日も調べられます。

これが長い場合は落ちる可能性が高くなります。

決済日が長いと言うことは売掛金の現金化がスムーズにできないことを意味しています。

このサービスを行う会社は、その点を嫌うので注意しなければなりません。

決済日までの日数は60日が妥当だと言われていますので、依頼する前にそれを調べておきましょう。

また、売掛金が不良債権だった場合、それを現金化することはできなくなります。

この点も調べられるので、注意しましょう。

取引先の経営状態を調べておく必要があります。

ファクタリングを申し込む会社側では、請け負った仕事を完了していなければなりません。

完了していなければ、売掛金の現金化は不可能になります。

仕事が完了する見込みがあっても、それが終わっていなければ売掛金は宙に浮いたままの状態で、回収できる見込みが低いのでファクタリング会社としては却下するしかありません。

審査に通るためには回収の見込みがあることを確実に証明しなければなりません。

そのためには必要書類を揃えましょう。

まずは取引先に対する請求書を出す必要があります。

これが発行済みでなかったら、落ちる可能性があるので注意が必要です。

過去の請求書があれば、それも用意した方が回収の見込みを証明しやすくなります。

過去の取引の領収書があったら、それも準備しましょう。

領収書があれば、売掛金を現金にできる強い証明になります。

取引先は法人の方が有利で、個人の場合は不利になることがあるので注意しましょう。

もちろん個人であっても堅実な取引をする人はいますが、法人にくらべて資金面などで不足が起こることもあり、信用度が劣ってしまいます。

他の会社にこのサービスを申し込んでいないことも大切な要件になります。

申し込んでいた場合はその会社との競合が起こるので、利益の確実な回収が難しくなる場合があります。

誠実な取引を心掛けることが大切です。

 

堅実な経営を行っていることを証明できない

ファクタリングでは申し込む会社よりも、取引会社が重視されます。

しかし、申し込んだ会社のことがチェックされないわけではありません。

申し込んだ方の経営状態も調べられ、その時に特に重視されるのは年商です。

年商の大きな会社は審査に落ちることが少ないです。

1年間の利益が大きなところだったら、確実に利益を上げている証明になります。

そのために買い取った方では、売掛金を確実に回収できる見込みがたちます。

年商が5000万円以上の会社は通りやすいです。

そして経営の状態を証明するために決算書を用意しなければなりません。

用意されたものを業者が調べて、問題がなければこのサービスは確実に実行されます。

直近3期分を用意しましょう。

決算書のチェックでは、その会社が倒産しそうでないかということも重点的に調べられます。

もう一つ慎重に調べられることがあります。

その会社の実際のビジネスの状況が調査されます。

実体のない会社ではないかどうかということが、チェックの対象です。

実際の店舗や商品や製品の売れ行きなどを調べて、堅実な仕事を行っているかという点をみていきます。

このような調査は、売掛金が架空のものではないか確かめる時に有効となります。

 

他の会社からの借入状態が調べられる

ファクタリングを行う会社では、その会社の借入状態も調べます。

他社からの借入があって、それが多い場合には落ちてしまうことがあります。

経営状態が思わしくないと判断されるからです。

他の会社のファクタリングを使ったことがある点も調査の対象です。

過去に使ったからと言って落ちるわけではありませんが、経営状態が悪いと見なされることもあります。

ノンバンクの利用状況も調べられます。

この場合は多く使っていたら、落ちることがあるので注意が必要です。

ファクタリング会社は信用調査会社とのつながりがあり、それを使って申し込みをした会社の現在の状況を詳しく把握します。

 

審査に落ちる原因としては、売掛金の対象になっている会社の経営状態が悪いことが多いです。

ファクタリング会社は売掛金の清算を一番重視します。

清算までの期間が長いことはマイナスになります。

他の要素としては、申し込んだ会社の資金繰りが悪いことがあります。

実際の売掛金はないのに、あるように見せかけた場合にも落ちてしまいます。

銀行などの融資にくらべたら通りやすいですが、売掛金を確実に回収できる見込みがない場合は落ちるので注意する必要があります。

おすすめのファクタリング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社オッティ株式会社SKO ファクタリングのTRY(トライ)株式会社三共サービス株式会社ワイズコーポレーション FACTOR PLAN(ファクタープラン)株式会社ビートレーディング
ポイントスピード・手数料・限度額の全てがハイクオリティ24時間いつでも申し込め最短1日で売掛金を資金化圧倒的な安さでとにかく手数料を抑えたい人におすすめ条件を満たせば最短即日での現金化が可能数億円単位での大規模な取引をする企業におすすめ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧