口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

     

創業したばかりの会社でファクタリングの利用は可能?

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/12/03

ファクタリングは自社が保有している売掛債権を早期に譲渡して資金調達を行う方法です。銀行など金融機関からの融資ではなく、経営上の負担とならず素早く資金調達ができるので人気となっています。創業したばかりの会社はまだ信用力が充分ではありませんが、一定の条件を満たせばファクタリングを利用してスムーズに資金を調達できます。

創業したばかりの会社でも利用可能

ファクタリングの取引には2社間で行われるものと、売掛先を含めた3社間で行われるものがあります。2社間取引の場合は取引先に通知されることがないので、自社の経営状況を知られる心配もありません。

この場合は一旦自社で売掛金を受け取ってから支払うことになるため、ファクタリング会社のリスクが大きくなります。2社間での取引の扱いについてはファクタリング会社によって対応が異なりますが、基本的に創業したばかりの会社でも利用は可能です。

創業したばかりの会社が2社間取引を行う場合、法人を設立して1年が経過していることや期日が1か月から2か月以内で信用力の高い売掛債権の存在などが条件とされることがあります。また法人を設立してから3か月が経過していれば利用はできるものの、資金繰り表の作成が求められたり、複数回にわたる入金実績がある売掛債権の存在が必要となったりするケースもあります。創業したばかりの会社が2社間取引を行いたいのであれば、期日が1か月から2か月以内に確定している信用力の高い売掛債権があるとよいでしょう。

さらに複数回にわたって取引が行われており、資金繰り表を作成して経営状況やキャッシュフローの改善時期が明確であればサービスを利用できる可能性が高まります。資金繰り表は資金の流れを把握するための重要な書類ですので、あらかじめ用意しておくとよいでしょう。

スムーズに資金調達を行う方法

ファクタリングの取引には2社間で行うものと3社間で行うものがありますが、前者は審査が比較的厳し目に行われます。2社間での取引では自社が売掛金を一旦受け取ってから支払うことになりますので、ファクタリング会社にとってリスクが大きくなります。

条件を満たすことができずサービスを利用できなかった場合には、3社間取引を試してみるとよいでしょう。3社間取引では取引先の承諾を得ることになりますので、2社間取引と比べると資金調達まで時間がかかります。しかし取引先がファクタリング会社に直接的に売掛金を支払うためリスクが少なく、審査が緩やかで使いやすいということがメリットです。

3社間の取引では債権自体を譲渡しますので、自社よりも取引先の信用力が問われます。創業したばかりの会社は資金力や営業力が弱い傾向はありますが、自社の経営状態が問われませんので簡単に資金調達が可能です。ただし3社間取引の場合は債権譲渡をすることについて取引先に通知が行われますので、自社の経営状態を知られることになります。また2社間取引であれば条件を満たせば即日で資金を調達できますが、3社間取引の場合には1週間ほどかかることが一般的です。

手数料は2社間取引では売掛債権額の6%から40%ほどですが、3社間取引の場合は1%から5%ほどとされます。創業したばかりの会社がコストを抑えて確実に資金を調達したいのであれば、多少時間はかかりますが3社間取引を選ぶことがおすすめです。

ファクタリングのさまざまなメリット

銀行など金融機関から融資を受ける場合には、実際に現金を得るまで1か月から2か月ほどかかってしまいます。売掛債権の譲渡であれば、早ければ即日での現金化が可能であり、遅くとも1週間ほどで資金を調達できます。創業したばかりの会社で売掛債権がある場合には、ファクタリングを選べばスムーズに資金を調達ができて便利です。

売掛債権はそのまま保有していると回収できなくなるリスクがありますが、早期に譲渡してしまえばリスクを回避できます。資金繰りを改善するためにはなるべく早くに入金してもらい、出金は可能な限り遅らせることが重要です。売掛債権を譲渡すれば早期に経営資金を調達できキャッシュフローが改善されます。

ファクタリングには2社間で行うものと3社間で行うものがありますが、前者を選べば取引先に知られる心配がありません。取引先に自社の経営状態を知られると、立場の弱い零細企業や中小企業は取引量を減らされたり取引を停止されたりする可能性があります。その点、2社間取引であれば取引先に経営状態を知られることなく資金調達ができるため、営業活動に影響を及ぼす心配がありません。

一般的に企業や個人事業主が資金調達を行う場合には銀行などの金融機関から融資を受けますが、後で債務を返済する必要があります。ファクタリングは債権譲渡ですので貸借対照表上の負債に計上されることはなく、返済義務もありませんので経営を圧迫する心配がありません。

 

ファクタリングには2社間取引と3社間取引の2種類があり、それぞれに異なるメリットが存在します。創業したばかりの会社でも一定の条件を満たせば利用できるため、状況に応じて使い分けるとよいでしょう。コストを抑えてスムーズに資金を調達したい場合には、手数料が安く審査が緩やかな3社間でのファクタリングを選ぶことがおすすめです。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 個人事業主が利用できる
株式会社ウィットの基本情報
基本情報 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二ビル5F 電話番号:0120-31-2277 営業時間:9:00~18:00 定休日:土日
対応力 最短2時間での資金化が可能 電話のみでの資金調達にも対応
費用 手数料:5%~ 買取金額:30万~500万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
その他おすすめファクタリング会社一覧
記事一覧