口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングは手数料値下げの交渉は可能?

ファクタリングは売掛金を現金化できるシステムで、企業の資金調達に役立ちます。ただし利用する業者によって手数料が大きく変わり、最大で3割取られるケースもあります。大きくとられることは、資金繰りをしたい企業にとって大きなデメリットになります。活用のためには、相場と金額が決められる仕組みを知っておく必要があります。

 

 

 

3社間取引と2社間取引では大きく違う

3社間取引だと1%から5%です。2社間取引だと10%から30%程度になります。2社間取引は、売掛先企業に資金繰りに苦労していることを知られない代わりに、高くなるのです。利用者の立場からは、できるだけ安くしたいのが本音です。利用者によって変動がありますが、金額の決まる基準はいったい何なのでしょうか。

ファクタリングにかかる費用は、売掛金の回収リスクに比例しています。回収リスクが高いとみなされるほど、高くされるのです。売掛金を債権化し、売却することで現金を得るシステムですので、売掛金がきちんと回収できるかどうかによって、リスクが高いかどうかを見られるのです。担保が不要のシステムで、銀行からの融資に頼らなくても現金を調達できるので魅力的です。

しかし債権を買い取る側の立場にとって、売掛金が回収される前に倒産しないかなどのリスクに備えないといけません。債権を買い取ったという形にした以上は、売掛金の回収が万が一できなくなったとしても、債権を売った側に損害賠償を求めることなどは出来なくなるのです。そのため契約を結ぶ前に、売掛金の回収先を調査することで、リスクを逃れようとします。自然災害などによる倒産などは、事前調査では予測のしようがないため、売掛金回収のリスクを100%防ぐことはできません。そのために、あらかじめリスク分を上乗せした金額を設定するのです。リスクが高い企業と取引するときには、高めに設定しておきます。そうすれば一部不良債権が生じても、利益を守ることができます。取引先によってリスクが大きく変わるため、金額が一定ではないのです。

売掛金回収のリスクを上乗せしている

金額設定が、売掛金回収のリスクによって変わることはわかりました。ではなぜ3社間取引よりも2社間取引の方が高くなるのでしょうか。それは仕組みの違いに関係があるのです。3社間取引は、売掛金を債権化して売りたい企業と、売掛金を支払う企業債権を買い取って現金を支払う企業の3社が、協議のうえで債権化を行います。話し合いの手間はかかりますが、それぞれの責任を明確化できるという利点があります。責任関係と、金銭的なつながりを明確にして、売掛金回収のリスクを減らすことができるのです。

3社間取引の場合、売掛金を売りたい企業と、売掛金を支払う企業の交渉が主要なポイントとなります。そのため、債権を買い取る側は、自分があいだに入る手間を大きく削減できます。その分手数料は割安になり、場合によっては銀行からお金を借りるよりも、早く資金を調達することができます。2社間取引の場合は、売掛金を債権化して売りたい企業と、債権を買い取る企業の、2社間で取引を行います。このとき、売掛金を売りたい側の信用が重要視されます。複数の業者に売掛金を打っている場合など、責任関係があいまいになって、売掛金が回収できないリスクがあるのです。

事前に見積もりを出してもらっても金額はわからない

そのようなリスクを回避するために、債権化した売掛金の情報を記録に残す必要が出てきます。登記という形で記録に残すのですが、この登記が曲者です。公的な手続きを踏まないといけないので、費用を削減することができません。登記のためにかかる費用が、合計で10万円を超えるのが一般的です。費用は、各種印紙代、司法書士への日当などでかかります。このせいで2社間取引を行う場合にかかる費用はますます高くなり、3社間取引の場合は契約書が登記の代わりになるため、安く済みます。

2社間取引は、現金化が早く終わる利点がありますが、その代わり費用がかさむという欠点もあるのです。約の手数料は企業間の面談が終わって初めて金額がわかる場合が多いのです。事前に見積もりを出してもらっても、面談が終わった後に正式に決められた金額とは、変更されることが多いです。そもそも、事前に見積もりを依頼してもすぐに回答が出せる企業がほぼいません。売掛金を回収するために、回収リスクを調べるため、調査することが山ほどあります。企業の規模や収益などの確認が行われます。気っ行の大きさである程度の目安をつけることはできても、詳しく調べるうちに、重大な経営リスクが後になってわかることも多く、費用が大幅に変わる事はよくあるのです。

 

優良企業との取引実績があれば、信用があるものとして、費用が大幅に下がるときもあります。相手が大手企業であれば、リスクも把握しやすいからです。売掛金が回収できるかどうかのリスクとともに、売掛金の債権化を希望する企業の、経営体質も問われることがあります。申告に不備があれば、信用リスクが問われ、面談時に現状確認が行われ、費用が上がる場合もあります。

サイト内検索
記事一覧