口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングで現金が手に入るまでの流れとは


ファクタリングというサービスを活用すれば、売掛金の一部は支払われる事にはなります。

その流れは数段階に渡り、申し込みした後に売掛金の一部が先払いされるのが一般的です。

ただしサービスによっては、売掛金の支払い予定日になった時に、改めて支払われる事もあります。

売掛金支払いの申し込みから入金までの3段階の手続き

例えばA社がB社と契約し、B社からお金を支払ってもらう事になったとします。この支払い予定のお金は、いわゆる売掛金です。しかしB社がお金を支払うのは、少々時間がかかる事もあります。B社の都合で、数ヶ月かかるケースも珍しくありません。そこでA社は、売掛金先払いの金融業者に依頼する事になります。いわゆるファクタリングの業者です。仮にその業者をCとします。A社はC社に相談をし、申し込み手続きをする訳です。契約を結んだ後は、C社はA社に対して売掛金の一部を支払ってくれます。ただし、全額支払われる訳ではありません。C社に対する手数料を差し引いた分が、A社に支払われるのが一般的です。

ですから申し込みから入金までは、全部で3段階になります。A社がC社に相談するのが1段階目で、2段階目はC社との契約手続きです。そして3段階目は、C社からA社にお金が支払われる事になります。ちなみに入金後には、B社からA社に売掛金が支払われて、改めてA社がC社に支払うのが一般的です。ですからC社としては、A社に支払い予定の売掛金を先払いするサービスを提供している訳です。

2社間でなく3社間のタイプと4段階の手続き

ところで上記は、2社間のタイプになります。この売掛金先払いのサービスには、複数の種類があります。タイプによって、入金されるまでの手続きも異なります。3社間のタイプは、以下の手続きになります。

まず1段階目は、A社はC社に対して相談をします。そして2段階目は、C社と債権譲渡の契約を結びます。そして3段階目が、上述の2社間のタイプとは異なる訳です。譲渡の契約を結んだ後は、C社は直接B社に連絡をします。A社に支払い予定の売掛金は、C社が回収する旨を伝達する訳です。それでB社からの同意を得た時は、C社がB社の売掛金を回収する契約を結びます。4段階目は、C社からA社に対する先払いです。B社がA社に直接支払うのではなく、C社が先払いする事になります。

つまり上述の2社間のタイプと異なり、B社とC社とのやり取りがあるのが特徴的です。ですからA社からすると、B社に対して「A社はC社のサービスを利用している」情報が伝わる事になります。ちなみにC社がA社に支払った後は、改めてB社がC社に支払う事になる訳です。3段階目にて「同意」を得るのが、特徴的です。

手続きは3段階になる保証タイプのサービス

ところで上述の2社間と3社間とも異なるタイプもあります。それは保証というタイプです。このタイプの場合は、手続きや段階は大きく異なります。最終的に入金されるまでは、若干時間がかかるのが特徴的です。まず第1段階は、A社はC社に対して連絡をします。サービスを利用したいという旨を、メールや電話などで伝達する訳です。そしてA社とC社との間で、保証契約を結びます。第2段階は、C社による調査です。何を調査するかと言うと、B社の支払い能力です。この後の手続きの都合上、C社としてはB社の支払い能力が微妙ですと、少々困ってしまいます。B社が問題なく売掛金を支払えるかどうかを、様々な観点から調査する訳です。いわゆる信用調査です。ただ調査をする際に、B社に対して情報が伝わってしまう事はありません。B社は、「A社はC社のサービスを活用している」事は分からない訳です。そして第3段階は、売掛金の支払い予定日における入金手続きです。A社とB社が契約している訳ですから、本来はB社がA社に売掛金を直接支払う事になります。問題なく支払いが完了すれば、それで手続き終了です。

ところが、たまに売掛金が支払われない事例もあります。例えばB社の財務状況が微妙な時です。B社の経営状況があまり良くない場合、売掛金の支払いは難しくなってしまいます。その場合は、C社がA社にお金を支払う事になる訳です。一旦はC社が調査を行っている訳ですから、本来はB社がA社に支払える筈です。それでもB社が支払えなかった時は、C社がA社に支払う事になる訳です。ですからB社がどのような財務状況でも、A社としては売掛金を受け取れる状態になります。したがって保証タイプの場合は、申し込み、信用調査、支払い予定日の入金という3段階で手続きが進む訳です。上述の2社間や3社間のタイプとは異なり、C社が売掛金を先払いしないのが特徴的です。

ですからファクタリングで申し込みをして入金するまでの流れは、タイプによって異なる訳です。どのタイプでも、1段階目は申し込み手続きを行います。その後は、専門業者が取引先に同意を得るタイプもあれば、信用調査に基づく保証契約を結ぶタイプもある訳です。ですから入金されるまでの流れは、利用するタイプ次第です。

サイト内検索
記事一覧