口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

携帯電話販売業界の特徴とファクタリング活用事例

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/27

ファクタリング取引は、銀行などのプロパー融資や地方自治がなどが関与する制度融資などの従来の融資に変わる現金調達として利用が拡大しています。企業間取引において発生する掛けの取引に基づき発生する売掛金債権を売買して現金化することに特徴があります。しかし個人を主要な顧客とする携帯電話販売事業もファクタリング取引に向いている業種といえます。

携帯電話販売事業の報酬支払形式の特徴

携帯電話販売事業の特性の一つに独特の販売報酬金制度があります。携帯キャリア(大手携帯製造販売会社)からの一種のバックマージンですが、新規1件あたり数万円の報奨金が設定されており、1月分の報奨金が翌月以降に入金される仕組みです。

具体的期間は携帯キャリアにより異なりますが、3ヶ月ほどに成約されていることが多いようです。かつて携帯電話販売は、0円携帯やキャッシュバックなどの顧客誘引方式で集客を諮ってきましたが、過当競争を招くとの指摘の元、販売方法は規制されるようになり、これまでの携帯キャリアとの入金スケジュールを前提にする資金繰りはだんだん苦しくなりました。

この傾向に拍車を掛けたのが、2015年2月の年末商戦です。0円携帯が禁止されて最後の年末だったこともあり、顧客が店舗に殺到し人件費が急増し、携帯電話仕入れのための現金の不足をきたすことになった訳です。年末年始ということもあり、銀行の融資をえようとしても審査を短期間で通過できない結果、給与支払に窮し倒産する店舗が続出することになりました。

大企業が直轄で経営する店舗を覗き、中小の携帯事業者は運転資金がギリギリの自転車操業で経営しているのがほとんどです。端末を仕入れる費用や人件費・店舗管理維持費などの費用は年々増加するばかりなのが現実といえます。ファクタリングで資金繰りを改善するべき理由はここにあります。

携帯電話販売店では常に現金ショートのリスクが存在する

最近の大手キャリアの傾向として、新型の開発販売サークルが短くなっています。賃金の右上がりの上昇を期待するのが困難になるなか、消費者の購買意欲は低い水準で推移しています。シンプルな生活スタイルと節約志向が幅広い層で定着していますが、携帯電話は例外的に新機種が登場すると、買い替え需要が一定以上は常に存在しているのです。

一機あたりの単価も性能アップに伴って高額なハイクラスも登場しており、新機種登場は有力な収益確保の機会です。目玉として仕入れた新機種の報奨金の入金と、新機種発表が近接していれば特に問題にならないでしょう。

しかし実際には報奨金の入金と新機種の発表にはズレを伴うことが多く、資金繰りが困難になり従業員への給与の支払が苦しくなるばかりか、仕入れが遅れることで他の店舗に顧客が流れてしまう可能性もあります。

報奨金債権は見方をかえれば、売掛金債権と評価できます。類似しているのは病院やクリニックなどの医療機が公的保険に対して有する医療報酬債権に似ています。

現金入金までに二ヶ月維持上のタイムラグが存在するため、ファクタリングで現金化を諮ればキャッシュフローを大きく改善することができます。仮に三ヶ月先入金予定の売掛債権でも、自分のタイミングで現金を確保することが出来ます。現金を便宜的に用意することで経営の選択肢は拡大し、倒産のリスクも下るはずです。

携帯電話販売事業でファクタリングを活用するメリット

それでは携帯電話販売事業者がファクタリング取引を利用することの具体的メリットはどこにあるのでしょうか。前提としてファクタリング取引の概要を確認しておきます。

ファクタリングは大別すると、3社間取引と2社間取引の二種類にわかれます。3社間取引では大手キャリアの承諾を取り付けて、法集金債権を売却します。入金日に直接大手キャリアから、ファクタリング会社に入金されるので、リスクが低くて数量も低めです。

しかし取引相手に融資も利用できない状況と認識されて信用上の不安を与える可能性があり、今後の取引への悪影響が懸念されます。そこで大手キャリアを関与させない2社間取引が用意されています。この方法では大手キャリアが関与することはなく、信用上のリスクもありませんが手数料は高くなります。

もっとも大手キャリアが、ファクタリング利用に対するスタンスは、一概に消極的に評価されているとは限りません。担当者を説得することが出来れば、承諾を取り付けることで3社間取引を利用することが可能になることもあるでしょう。

3社間取引では手数料が低く、正味の現金を数多く手にすることが出来ます。いずれにせよファクタリングは取引先の信用力が審査の対象になるので、赤字経営でも短期間で審査を通過することができます。急な資金繰りの必要性に直面しても、最短即日で報奨金債権を現金にすることも可能です。

 

携帯電話販売店では大手キャリアの報奨金債権は、主要な収益源のひとつです。しかし3ヶ月先の入金になることも多く、新機種登場と報奨金入金のタイミングがずれれば現金がショートするリスクが存在します。ファクタリングを利用してキャッシュフローを改善し、事業の安定化をはかれます。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 償還請求権がない!
ファクタリングのTRYの基本情報
基本情報 住所:住所:〒110-0015 東京都台東区東上野2-21-1 ケーワイビル4F
電話番号:0800-800-5541
営業時間:9:00~18:00
定休日:土日祝日(Web申し込みは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短翌日での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:30万~5,000万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧