口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

     

ファクタリング利用で資金調達先を分散させるメリット

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/11/06


売掛金は仕事が完了してすぐ資金化できない「債権」であり、手元にお金が入るまでの期間が長くなることもあります。資金調達をする調達先の幅を広げておけば、多くの点でメリットがあります。調達手段の方法を多様化し、ファクタリングを利用する際適切な資金調達先を決めておくことは資金繰りを考える上で重要です。

資金調達先にはどのような方法があるのか

資金調達という行ためは組織を動かしていくうえで、内部的に頻繁に行われていることを理解する必要があります。もちろん外部から資金を調達することには慎重にならざるを得ません。デッドファイナンスすなわち借金をする方法で、負債にあたる方法もあります。負債を生むことは、企業の財務内容を悪化させることにつながるのです。

最近は資金調達にも多様性を求められるようになっており、借金に頼るのではなくファクタリングやクラウドファンディングといった方法も注目されています。なかでもファクタリングは売掛債権を現金化する方法です。売掛金は既に返済が約束されている債権であり、ファクタリングを利用することで将来の回収リスクをなくすこともできる方法です。

商売をしている限り、資金調達の方法は常に考えておくことが重要です。売上があがっており事業を拡張するチャンスなのに、手元に資金がないということもあります。資金調達先を広げて、借り入れに頼らなくてもよいような体力をつけることが大切になります。

そのためには、資金調達先を分散しておくことが重要です。ファクタリングを導入することは、長い取引関係を崩すことにはならないかと懸念する経営者もいます。逆にいえば、長い取引関係があり継続的に商売を続けてきていることこそ信用につながるのです。資金調達先について発想を変えることで、商売に広がりを持つことも可能になります。

ファクタリング会社はどのような観点で選べばよいのか

最近はファクタリングを扱う会社も増えてきており、各々特色を持って業務にあたっています。相性のよい会社を選ぶことが、資金繰りの多様化を推進するうえでは必要になってくるのです。ファクタリングを選ぶうえでポイントになる点はどのようなものがあるのでしょうか。

手数料が安い、資金調達にかかる日数が短い、創業が長く安心して手続きを任せられるなどがあげられます。売掛金をもっている会社の内容によっても、ファクタリング会社を選ぶことが必要です。売掛金の与信によって発生する手数料は変わってきます。

2社間だけの契約で契約をする場合は、相手先の同意のもとに契約する3社間契約の場合高くなるのはやむをえません。手数料が適正なものであるかは、契約時のチェックが必要です。買取りできる金額は、会社によって異なります。最買取り額を設定して、それ未満の金額では調達ができない場合もあるので確認しておくことが必要です。

資金調達先を分散しておき、多額の調達では手数料が高くなるので金融機関から借り入れるといった使い分けが重要です。身近な取引銀行やファクタリング会社を決めておくことは、緊急で資金を調達しなければならない時に役にたちます。資金繰りが厳しくなった時に相談できる所があれば強みになります。商売を展開する上で重要なのは信用であり、取引先も資金の苦しいとき調達先を利用することも許してくれる関係になることが必要なのです。

ファクタリングを利用すべき局面とは

個人事業主では資金調達を行うことは非常に難しく、既に仕事を終えた売掛金を現金化することでファクタリングは優れています。中小企業においても業種によっては、サイトの長い手形取引があたりまえの世界では支払日を伸ばされることも常態化しているのです。売掛金が即日現金になるといえば、飛びつきたくなる気もちもわかりますが、資金調達は目的に合わせて分散することが重要です。

理由としては利用を控えたほうがよい局面もあることを理解しておく必要があります。金融機関からの信用があり融資が受けられるのなら、融資を優先すべきです。長い関係にある売掛先で信用状況に問題がある場合は、利用することで倒産につながり仕事がなくなり、かえって資金繰りを悪化させることもあります。

売掛債権の利益率が低い会社は、手数料と比較してみて採算にあうかを計算することが重要です。現金化を急ぐあまり自転車操業に陥ることもあります。従業員の給与など固定費をねん出するためのファクタリングは、運転資金のための現金化につながるので注意が必要です。

資金繰りは経営者にとってもっとも頭の痛い問題です。この問題を解消するには資金を得る方法を多様化させておくことが大事です。環境の変化で商売が難しくなったとき、生き延びるためには資金が必要になります。長い目で考えて、資金調達先を決めておくことが大切です。

 

資金調達の多様化でファクタリングを選ぶことは、メリットとデメリットがあります。どのような局面で利用するのかを事前に決めておいた方がよいでしょう。資金繰りのために、調達先を広げておくことは大事な局面で役立ちます。困った時に頼れることを前提に調達先は多様化させておくべきです。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 個人事業主が利用できる
株式会社ウィットの基本情報
基本情報 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二ビル5F 電話番号:0120-31-2277 営業時間:9:00~18:00 定休日:土日
対応力 最短2時間での資金化が可能 電話のみでの資金調達にも対応
費用 手数料:5%~ 買取金額:30万~500万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧