口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

     

内装工事業でファクタリングを活用するメリット

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/12/22


ファクタリングは、売掛債権を活用するというユニークな金融サービスです。借り入れとは性質が異なるため、銀行の融資を受けるのが難しい事業者にも利用できるチャンスがあります。また、仕事の内容や業界の慣行などによって、とくに利用メリットが高い業種というものが存在します。内装工事業などは、その代表的な例です。

売掛債権が頻繁に発生する事業者ほど利用しやすい

事業者が商品やサービスを提供し、その代金を後日受け取ることを掛け取引といいますが、この時、売り上げの発生から入金までの間に発生するのが売掛債権です。

ファクタリングでは、この売掛債権を活用して資金を調達します。売掛債権を担保に融資を受けるという資金調達法は以前から存在しましたが、ファクタリングは資金を借り入れるのではなく、債権を譲渡して売却代金を得るという点に違いがあります。

したがって、利用時に手数料を支払う(通常は売却代金から差し引かれる)必要がありますが、長期にわたって利息を負担する必要はありません。また、担保や保証人も必要ありません。こうしたことから、ファクタリングは事業規模がそれほど大きくない事業者や、担保価値のある資産を持たないため融資を利用しにくい事業者などにとって便利なサービスであるといえます。

もちろん、現金取引のみを行っている事業者であれば売掛債権を保有することはないため、当然ながら利用の機会はありません。したがって、売り上げの中に掛け取引の占める割合の多い事業者に適したサービスであるということもできます。

掛け取引の多い業態は多岐にわたりますが、建設工事関連などはその代表的な例でしょう。中でも内装工事業は、ファクタリングの活用メリットが非常に高い業種の一つであるといえます。それは、工事の受注形態に特色があるからです。

建設工事においては代金後払いが基本

建設工事に関わる事業者にファクタリング利用が適しているのは、この業界では工事代金の支払いが後払い方式となっているのが一般的だからです。小規模な住宅から大規模なビルまで、通常建設工事を行う際はまず工事請負契約を結び、その契約に基づいて工事を行った後に完成した建物を引き渡して業務終了となります。

その際、工事代金の支払いは建物の引き渡しと同時というのが慣例です。金額が大きい場合は、事前に内金が支払われることもありますが、大部分は後払いです。その一方で、工事期間中は資材の購入費用や機械類のリース料、職人の人件費など、多額の支出が必要になります。

そのため、手元現金が潤沢でないと、場合によっては資金がショートしてしまう恐れがあります。このような場合にファクタリングを利用すれば、売掛債権、すなわち完成時に支払われる予定の工事代金を現金化することで、資金繰りを改善できます。

工事代金の入金は工事期間が長くなればなるほど必然的に遅くなりますが、ファクタリングであれば当初の入金期限がどのように設定されていようとも、迅速に売却することが可能です。現金化までの所要日数はファクタリング会社ごとに異なりますが、最短で当日審査、翌日入金というところもあるので、経費の支払いが間近に迫っているような状況であっても慌てることなく資金を調達できます。

元請けからの支払い遅延にも対応

売掛債権を利用しやすく、また工事代金を入金前に現金化できるというファクタリングのメリットは、建設工事関連の事業者全般におけるメリットです。内装工事業の場合は、さらにその傾向が顕著です。内装工事の場合、それが小規模な住宅リフォームなどであれば施主と直接契約し、代金の支払いも施主から直接受けることがありますが、これは一般的なケースではありません。

通常は元請け会社が一括して工事を請け負い、内装工事業者はそこから下請けの形で工事を手掛けることになります。そのため、工事代金の支払いも一旦元請け会社を経由するため、自社への入金はさらに遅れる可能性があります。

さらに、元請け側の資金繰りの都合によって、当初の入金期限が延期されるというケースも決して珍しいことではありません。そうはいっても、内装工事もやはり材料費や人件費などの先行費用が発生します。そのため、工事代金の入金があるまで、どうにかして資金を工面しなければならないこともあるでしょう。

しかしこのような場合でも、ファクタリングを利用すれば工事代金を前倒しで受け取るのと同様の効果が得られるため、キャッシュフローを直ちに改善できます。また、内装工事業は小規模な事業者が営んでいることが多いため、銀行の窓口融資の審査を通過するのはなかなか大変です。

けれどもファクタリングの利用に際しては、売掛債権の回収確実性が審査時において何より重視されます。そのため、たとえ自社の規模が小さくても元請け会社の信用が高ければ利用しやすいという点も、ファクタリングのメリットの一つです。

 

ファクタリングは売掛債権を売却して資金を得る金融サービスであり、建設業界の中でも内装工事業のように元請けからの支払いが後回しになりがちな事業者にとっては、資金繰りを改善するための手段として大きな活用メリットがあります。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 個人事業主が利用できる
株式会社ウィットの基本情報
基本情報 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二ビル5F 電話番号:0120-31-2277 営業時間:9:00~18:00 定休日:土日
対応力 最短2時間での資金化が可能 電話のみでの資金調達にも対応
費用 手数料:5%~ 買取金額:30万~500万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧