口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

     

診療報酬ファクタリングの仕組みと利用方法

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/02/12

医療機関が請求をして受け取る診療報酬を担保にして、それをファクタリングにより前倒しで現金化することが可能です。医療費は患者負担のものを除いてすぐにお金に出来る訳ではなく、一定期間かかるため早く現金化したいときには便利です。

最短でも2ヶ月程度はかかるものをそれより早く受け取ることになりますが、返戻の可能性もあります。

医療請求権の現金化により経営に資すること

健康保険証を利用して医療を行うことにより、医療費の請求が出来ます。一般的には患者負担で受診時に一定額を支払い、残りをその患者が属する健康保険組合へと請求します。

このとき患者負担はその当日に受け取れるのが大半なので、問題はあまり起こりません。一方の健康保険組合などへの請求では、すぐにお金に出来るのではなく、一定期間を要する仕組みです。

通常は、毎月ごとに患者の情報やその属する健康保険組合などを整理し、請求に必要な書類いわゆるレセプトを作成します。国民健康保険に加入する人の分と、会社員や公務員のように社会保険に加入する人の分をそれぞれ各個人ごとに請求するわけです。

レセプトで請求をする際には一定のルールが定められており、請求が出来るのは翌月の10日までです。もしその際に請求が出来なければ、翌月の10日へとずれ込んでいきます。ずれ込んだり請求をし忘れると、それだけ受け取る医療費が遅れての入金になりますので、医療機関にとって死活問題になりかねません。

いずれはこの医療費、診療報酬を受け取るにしてもすぐに現金に出来ないために、経営に影響を及ぼすことがあります。早めにお金にしてもらいたい場合には、ファクタリングによりお金に換えることで、経営面の安定化を図ります。手数料が差し引かれても、審査支払機関から受け取るまで待てない場合に便利な制度です。

レセプト請求には返戻の可能性があります

医療費の請求に当たっては、患者負担部分と国保や社保といった請求先への医療費請求が行われていますが、請求書類であるレセプトはチェックがかかるようになります。明らかに間違えているもの、たとえば被保険者番号であるとか、あるいは患者が属する健康保険団体が違っているときには、レセプトの請求が返戻されます。

再度請求書類を作成し直し、翌月以降へと回します。その結果、現金として受け取ることが遅れてしまうわけです。 現金化するまでに期間がかかってしまうことで、その間の現金収入がないことになり、手持ちが寂しいときには経営が厳しさを増すこともあります。

レセプト請求では、翌月10日にまとめて各審査支払機関へと送り、チェックを受けた後に現金として振り込まれる流れです。患者に医療を行ってから2ヶ月程度は現金になるまでにかかります。これは最短のものですから、場合によってはそれ以上かかります。

審査支払機関でのチェックでは、それ以外にも診療報酬の考え方の間違いなどで返戻とする場合もあります。いずれにしても現金に出来るまでに時間がかかるため、それまで待ちきれないことがあり得るわけです。

ファクタリングでは、その請求までの間に診療報酬の請求権を担保にした現金化を行えます。早期にお金に出来ることで、経営基盤の強化も行えますし、また運営費にも充てることが出来ます。

レセプトでの請求分から差し引かれるもの

レセプトにより審査支払機関へと請求を行ったものは、一般的には患者負担を除いたものとなります。ただし、難病法などの適用を受けるものなどは請求自体は審査支払機関へと行いますが、現金として拠出する保険組合などが複数に分かれることから、チェックがより慎重になされる場合があります。

それでも一般的には請求月からおおよそ1ヶ月程度で振り込まれるものなので、その間を待てないときにファクタリングで現金に換えてしまうのです。

ここで現金化するときには、その請求額から手数料を差し引かれます。受け取る期間までが長ければ長いほど、その手数料も多額になりがちです。

審査支払機関から確実に受け取れることと、その後請求したものが高確率で現金として受け取れることが業者にとってはメリットとなります。 ただし、現金化するまでの期間が短いことによる利息計算が少なくても、医療費は一般的に高額ですから期間が短くかつ利率が低くても、元々が高いだけに高額になりやすいことがあります。それでも制度上のタイムラグの問題をクリア出来るメリットは魅力的です。

なお、請求がそもそも出来ないものを請求していた場合、そのレセプト分は受け取れない可能性もあります。この場合では持ち出しになる可能性もありますが、大抵の場合は請求が通るものであり、万が一間違いがあったとしても再請求で処理が出来るため、いずれはお金にはなります。

 

レセプトでの請求では現金にするまでにタイムラグがあります。制度上のものなので、現金にするまでの期間については待たざるを得ませんが、ファクタリングの利用で早期にお金に換えることが出来ます。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 個人事業主が利用できる
株式会社ウィットの基本情報
基本情報 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二ビル5F 電話番号:0120-31-2277 営業時間:9:00~18:00 定休日:土日
対応力 最短2時間での資金化が可能 電話のみでの資金調達にも対応
費用 手数料:5%~ 買取金額:30万~500万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧