口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングの意味を理解する

最近よくテレビや新聞で耳にするファクタリングという言葉ですが、何となく意味が判ってもはっきりとは判らない、という方は多いのではないでしょうか。
つまり一体どういったもので、どのように利用すれば良いのか、1度しっかりと理解する必要があります。
サービスの内容や、ファクタリングと一言で言っても色々な種類があることなどを見ていきましょう。

ファクタリングとは何か?ちゃんとした意味を知ろう

ファクタリングは売掛債権を譲渡する形の資金調達方法であり、銀行の融資やビジネスローンと比較すると審査に通りやすく、利用しやすいため中小企業や零細企業の資金繰り改善方法としても注目が集まっています。

この売掛債権とは、商品やサービスなどを提供した場合その売却代金を請求出来る権利を指します。
日本における商慣習ではビジネスの取引は信用取引であって、まず先に契約して商品を納品、サービスなどを提供し終わった後でかかった代金の請求書を発行、請求金額の入金という流れになります。
このタイムラグの間に発生するのが「売掛債権」であり、例えば中小企業など資金力のない会社ほど資金繰りに苦しむことになります。
そのために売掛債権を早期に資金化するというサービスが必要とされ、登場したのです。

例えば、A会社はB会社から商品を買い納入しました。ここで売掛債権が発生しますが、B会社は小さくて資金繰りに苦しいので早く現金が欲しいのです。
そういう時にファクタリング会社に売掛債権を売って手数料を引かれた現金をただちに貰い、ファクタリング会社はA会社から納品代金を支払ってもらう、という仕組みになるわけです。
納入企業は本来はずっと先になる入金を若干の手数料で、早い場合は即日資金化できるということで資金繰りが楽になるというメリットがあります。
他の資金調達方法よりも審査が通りやすいという特徴があるので、多くの会社が利用しています。

ファクタリングの「2社間」と「3社間」の違いは

取引形態はたくさんありますが、ファクタリングには「2社間」と「3社間」というものがあります。

「3社間」とは、A会社とB会社の取引にファクタリング会社が入り、納品してからの入金を早くする役割があります。
しかしこの場合には売掛先企業に、「この請求書の支払いはファクタリング会社にして下さい」といって同意を得る必要があるため、これは大きなデメリットになります。
日本での商慣習においては「売掛債権を譲渡する」といった行為は行われてこなかったために、売掛債権譲渡に関する理解が深まっていないという現実があります。
そのため、債権を譲渡するのは会社が傾いているからに違いない、という思い込みをすることがあり、今後の取引は見送ってしまうなどといった悪影響が出てしまう可能性があります。

対して「2社間」での取引では、売掛先への通知が必要ありません。A会社とB会社は普通に取引をしますが、先にお金の欲しいB会社はファクタリング会社に債権を譲渡してお金を貰い、A会社から入金があればそれをそのまま債権を譲渡した会社に渡す、という図式です。
便利な一面、これには大きなリスクが発生します。
納入企業が別の支払いに入金されたお金で支払ってしまったり、支払う前に倒産してしまう、実は別の会社に同じ債権を譲渡していて2重取りをしていた、などのトラブルが実際に起きています。
そのためリスクが高いので、3社間よりも手数料は高く設定されています。

ファクタリングには様々な種類があります

「2社間」や「3社間」以外にも様々な種類があります。
業界や買取方法によって他にもサービスがありますので、メリットデメリットを見ていきましょう。
以下は全てファクタリングサービスです。

まずは「買取り」と呼ばれるサービスですが、資金調達のスピードは最短即日で、メリットは最短即日の資金化や融資でない資金調達が出来ること、審査が通りやすいことや売掛先の倒産リスクを回避出来ることです。
デメリットは手数料が高いことでしょう。

医療報酬債権」では、債権の種類が医療報酬債権になります。
資金調達スピードは数営業日かかりますが、メリットは早期資金化が可能であることやキャッシュ・フローの改善です。
デメリットでは手数料が高くなることがあげられます。

保証」では資金調達スピードは売掛先の倒産時であり、売掛先が倒産した場合に売掛債権を保証するサービスです。
メリットは売掛先の倒産リスク回避手数料が安いこと、保証料を国土交通省が負担していることです。
デメリットは限度額までしか保証されないこと、売掛先の倒産時にしか支払いはない、ということです。

国際」というファクタリングサービスもあります。
支払い元は海外企業で、資金調達スピードは支払い代金回収時となり、メリットは代金回収を自分でしなくて済むこと、信用状取引が不要なこと、信用状の手間やコスト負担もないことです。
デメリットは輸出企業が費用負担することや売掛先への通知が必要になることでしょう。

 

サイト内検索
記事一覧