口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

市場規模はどれぐらい?ファクタリングのいまと未来

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/09/19

ファクタリングは長らく日本では馴染みの少ないものでしたが、2000年代に入ると急速に規模を拡大しており、その市場規模も大きくなっています。

現在の日本のファクタリング市場規模は450億ドル程度とされていますが、この市場規模はアメリカの10分の1程度であり、経済規模からみても今後も発展していくことが考えられます。

そもそもファクタリングとはなにか

ファクタリングの役割は、保険と似ているもので一種の信用保証になります。売掛債権というのは、商品を売ったりサービスを提供した時の代金の支払いを後日にしたものであり、これは期日に回収することになります。

しかし、回収できるとはいっても期日までに商品の仕入れ代金や従業員の給与、また事務所の維持費などの支払いに現金が必要になります。資金が潤沢であれば問題ありませんが、そうではない場合には現金不足から資金ショートを起こす事になり最悪の場合には倒産も考えられるもので、それらを防ぐためには銀行からのつなぎ融資を受けるといったことが行われます。

この際に融資ではなく売掛債権を保証したり買い取るというのがファクタリングの役目です。 融資は、その会社の信用力からみて行うものであり、審査にも時間がかかりますが、ファクタリングは存在する売掛債権と売掛先の信用力から判断して保証したり買取を行うというものです。

保証の場合には相手が倒産や不渡りを起こした時に、代わりに弁済してくれるもので、日本では馴染みが少ないですが、欧米では広く使われています。一方で買取の場合には売掛債権を買取ってしまうというもので、償還請求権を設定しないものであれば相手が支払い能力を失った場合でも、弁済する必要はありません。このため現金化するという他にも、信用力の低い会社の売掛債権を迅速に現金化するという意味でも使われています。

日本で受け入れられなかった理由

ファクタリングの本場はアメリカやヨーロッパであり、これは保険と通ずるところがあります。特に歴史的に都市間や国家間の貿易が盛んであったアメリカやヨーロッパでは、送金だけでなく、その商取引を保証するという制度が整備され、この結果ファクタリングは今でも一般的な手段として用いられています。

一方で、日本では1970年代頃にファクタリングを行う金融機関が登場するようになりましたが、長らく受け入れられることはなく市場規模も小さな状態が続いていました。これは、もともと日本独自の手形による商取引が盛んであった事や、取引先が国内に限定されていた場合に、未回収の売掛金を回収に行くのも、それほど困難なことではなかった事から、わざわざ業者に高い手数料を支払ってまで現金化する必要がなかったからです。

さらに銀行の影響力が強かった1990年代までは銀行の監督下のもとに企業経営をするといった状態にあり、資金の融通も比較的、容易であったことから、高い手数料を支払って売掛債権を現金化するという必要性もなかった事も大きな理由といえます。 しかし、バブル崩壊以降に銀行の影響力は著しく低下し金融再編によって銀行の影響力は著しく低下していくことになります。

また新興の企業からしても、手形取引そのものが行われなくなっており、それに代わって資金調達の手段として台頭してきたのがファクタリングです。

今後の市場規模は拡大していくのか

ファクタリングの市場規模は、今後も拡大していく可能性が高いものですが、それにも用途によって普及の度合いは変わってくると思われます。

ファクタリングを利用するメリットは、すでに発生している売掛債権をスピーディーに現金化することができ、迅速な資金調達ができることや借り入れではないので返済の必要がないことで負債とならないこと、また自社の経営状況ではなく売掛先の経営状況で判断されることであり、信用力の高い相手であれば少ない手数料で現金化が可能なことです。

一方で、インターネットを使った電子決済の普及によってリアルタイムでの決済が可能となっています。このため売掛債権の発生を抑えるといった事が行われるようになれば売掛債権が減るため市場規模を縮小させる要因となり、このようなシステムが充実してくると利用者は減少します。ただ、リアルタイムで決済ができる状況は限られると考えられますし、今後も規模が大きな取引では売掛取引が行われていくと考えられますから、ファクタリングそのものの市場規模は拡大していくと考えられます。

それを後押しする理由としては、国が売掛債権を担保として使えるようにする政策を進めていることも大きく、民法上にある売掛債権の譲渡禁止特約の解除が達成されれば、売掛債権の流動性が高まり、よりファクタリングが利用しやすくなって市場規模の拡大の後押しとなると考えられます。

 

売掛金の増加は資金繰りを悪化させる原因であり、それを改善する方法としてファクタリングは有効な手段といえます。これまで低調であった売掛債権の活用は国も進めており、このため市場規模は今後も拡大していくと考えられます。

おすすめのファクタリング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社オッティ株式会社SKO ファクタリングのTRY(トライ)株式会社三共サービス株式会社ワイズコーポレーション FACTOR PLAN(ファクタープラン)株式会社ビートレーディング
ポイントスピード・手数料・限度額の全てがハイクオリティ24時間いつでも申し込め最短1日で売掛金を資金化圧倒的な安さでとにかく手数料を抑えたい人におすすめ条件を満たせば最短即日での現金化が可能数億円単位での大規模な取引をする企業におすすめ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧