口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

     

金融庁の貸金業法が定めるファクタリングの法律規制とは?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/27

最近現金調達手段として脚光を浴びるようになったファクタリング取引ですが、法外な手数料を請求する悪徳業者を巡る逮捕事件が出るなど、一部で問題視する向きもあります。融資を巡っては金融庁が貸金業法を駆使して監督に当たっていますが、現金を捻出するのに利用するファクタリング取引に法的問題点はあるのでしょうか。

ファクタリングは融資とは違う取引

ファクタリング業者ではよく、最短即日入金・ブラックでも審査通過できます、などのうたい文句を眼にすることがあります。また取引の形態や債権の内容によっては手数料が、20-30%を設定されることもあり高金利の業者と勘違いする向きもあるようです。緩めの審査でブラックリスト入りでも利用可能と聞くと、闇金融の手口にも似通っているので間違えるのも無理はありません。

しかし融資とファクタリングは現金を調達できる点で類似しますが、法律上の実態はまったく異なります。融資は金銭消費貸借であって、後日に利子を含めた元本の返済義務を負っています。これに対してファクタリングは売掛金などの取引先に対して取得している債権を売買して、対価として現金を手にする取引です。したがって取引終了後は一切の債権債務関係が残ることはありません。

またファクタリング取引の多くは償還請求権なしのノンリコース取引です。つまり売掛先が倒産しても、債権の売主である利用会社は、補填義務を負うことはなく、貸し倒れのリスクを利用会社が補填する形で責任を追及されることもないわけです。

そのため融資を前提にする貸金業法をはじめとする法律の規制の適用を受けることはないのが原則です。また貸金業法は消費者と業者の取引を前提にしていますが、ファクタリングは企業間取引なので趣旨が妥当しないことも指摘できます。

ファクタリングの適法性と悪徳業者の存在

仮に貸金業を営む場合は、金融庁の認可を取得したり、都道府県知事に届出をする必要があります。これに対してファクタリング事業者を規制する法律は現時点では整備されていないのが現状です。金融関係を所管する金融庁の姿勢もかなり曖昧で、現時点では現金さえ準備できれば、誰でも開業することができ、現に異業種からの新規参入や中小の新規設立の動きが盛んになっています。

他方で経済産業省や中小企業庁などは、金融機関の貸し渋りや景気悪化を背景に、売掛債権を有効活用して現金を調達するファクタリング取引の利用の促進を図っている背景もあります。従来の不動産担保のスタイルにとらわれない現金調達方法のメリットが意識されて利用が拡大している側面もあるのです。

ただし近年の金融庁や司直当局による、闇金摘発の厳格化の流れを嫌って悪徳業者が鞍替えをして新規参入しているのも事実です。正面から規制する行法が存在しないことが大きく関係しているようですが、一定の割合で中小事業者を食い物にする悪徳業者の暗躍も指摘されているところです。

法外な手数料を請求されても、資金繰りに追われている経営者などは目の前の現金を調達することを何よりも優先する傾向があり、悪徳業者との疑念を抱きながらも藁にもすがり付く思いで、利用していることもあるようです。加えて新たな現金調達手段のため、疑いの目を向けられていることもあるようです。

金融庁が警戒する貸金業法違反事例

一部の悪徳業者を利用してしまったばかりに、事業継続が困難になり結局、事業廃止や倒産に追い込まれる事例が続出している事実を金融庁など当局は放置しているわけではありません。なかには実質違法な高金利の債権担保融資と判断されて、関係者が貸金業法違反で逮捕され立件される事件も存在しています。

金融庁などに寄せられる相談事例を元に、幾つか闇金と注意するべき事例も明らかにされているほどです。典型的なのはファクタリング取引を持ちかけてきながら、法外な高金利で少額の現金を交付するだけでなく、売掛債権の回収を自らおこなわず、利用会社に債権回収させておき、回収した現金を原資に買取代金を返済させるというものです。

これは買い取り代金の弁済を行わせている点で、違法な高金利の融資そのものであって貸金業法に違反する可能性の高い取引です。また債権売買契約において償還請求権が付いている取引や、債権の売主が買主から売掛金回収業務の委託を受けている事例なども、いずれも実質は融資と見るべき取引と判断される可能性が高いと言えます。とりわけ償還請求権つきの取引では、実質において売掛金債権を担保にした融資と判断するのが自然です。

これらのからくりを採用していると、高額の手数料は違法な高金利そのもので、貸金業法に違反する闇金業者の可能性が高くなるので、利用は控えるのが賢明です。

 

企業間の取引で一般的な掛けの取引では、売掛金が入金するまでタイムラグが発生します。この支払サイトの問題を克服して債権を現金化するのがファクタリング取引のメリットです。しかしなかにはファクタリング会社を装った悪徳業者も暗躍しているので利用にあたっては注意が必要といえます。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 個人事業主が利用できる
株式会社ウィットの基本情報
基本情報 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二ビル5F 電話番号:0120-31-2277 営業時間:9:00~18:00 定休日:土日
対応力 最短2時間での資金化が可能 電話のみでの資金調達にも対応
費用 手数料:5%~ 買取金額:30万~500万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧