口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングを活用する上で知っておきたい「担保掛目(掛目)」の知識

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/10/04


ファクタリングを活用するにおいて、担保掛目は重要なポイントになります。手数料相場を知ることによって交渉を有利に展開することができるので事前に調べておきましょう。

金銭授受サービスにつきものなのが手数料で、ファクタリング業界において掛目と言われている金利のような費用が算出されています。キャッシュフローの健全化が見込めるのか判断してから利用すると便利です。

掛目(買取率)には相場があるので注意しましょう

ファクタリングを利用する場合、3社間と2社間で行う取引形態があり、これらは手数料が異なっています。会社によって異なりますが、一般的な掛け目(買取率)の相場があります。

3社間の手数料の場合買取売掛金額に対し1%~5%ぐらいで、2社間の手数料の場合買取売掛金額に対し10%~30%です。手数料を見ると3社間がお得ですが、3社間の場合売掛先と協議したり同意を得てからファクタリング契約することになります。

資金繰り到達が厳しいので売掛金を早期化したい人が多く利用するサービスですが、もしかして会社が倒産寸前なのかやこれ以上取引は辞めておこうなどの否定的な印象を受けるかもしれません。やや高い手数料を支払っても2社間を選択している企業もあり、自社の経営状態に応じて選択しなければいけないでしょう。

診療報酬債権や介護報酬債権などを取り扱う医療報酬ファクタリングの場合、社保や国保などに債権譲渡通知を行う3社間が必須になりますが、一般業種のように信頼が落ちたからと言って取引が打ち切られるようなことはありません。回収リスクが低いので、手数料は3%以下のところがほとんどです。

ファクタリングにはいろいろなメリットがあり、スピーディな資金繰りを行うことができたり、担保なしで利用できるので便利です。主に中小企業の経営者が利用していることが多いサービスで、最短対応している会社もあります。利用する場合、掛目を注意しながらいくつか会社を比較検討してから選択することをおすすめします。

手数料にはいろいろな要素が含まれています

手数料の決定基準として、いろいろな要素が含まれています。内容を知ることによって、10%を超える手数料が法外ではないものだと理解することができるでしょう。

2社間の場合、売掛先会社に対し債権譲渡を通知することはありません。先方にばれないように進めるので、入金先に関してファクタリング会社口座に変更するわけにもいかず、予定通りの口座に振り込んだ後、利用者がファクタリング会社に送金しなければいけません。

ここにある程度のリスクが生じるのですが、一旦クライアント側の口座に振り込まれることは他の目的に転用されたり、最悪の場合はファクタリング会社に対して返済されずに持ち逃げされるケースもあるでしょう。利用会社の経営は火の車になっていたり、支払いする前に倒産したり入金されたタイミングから財産などの差し押さえに合うことも意識しなければいけません。

担保や保証人などを伴わないファクタリングは、信用貸しのようなシステムでありこれらのリスクが30%以下の手数料で利用することが可能です。手数料に含まれる諸費用には、いくつかの項目が発生します。手数料には会社の利益はもちろん、いろいろな諸費用も含まれているのでだいたい10万円~15万円ぐらい発生するでしょう。

ファクタリングに関係する諸費用として、債権譲渡登記に必要な司法書士への手数料に8万円~10万円、登記に関わる印紙代に2万円前後が必要です。交通費や紹介料に3万円前後が必要になるでしょう。中には登記通知留保として未登記でもサービスを提供してくれる会社も存在しています。

手数料が下がるケースもあります

利用金額に関して、10%~30%と幅が広くなっていて利用金額での部分が大きいです。例えば100万円を買取した場合、30%手数料をもらっても報酬は30万円になり、登記費用などを引いたらファクタリング会社側の利益は10万円になります。

しかし1,000万円の売掛債権の場合、手数料が10%で引受けても100万円の報酬分となるので諸費用を考慮しても80万円以上利益を上げることが可能です。手数料はいろいろなポイントにおいて総合的に判断されることが多いので注意が必要です。

利用者の人柄や信用度なども影響するケースがあり、ファクタリングは信用貸しになるので最終的にクライアント本人が信頼できるかが重要なポイントになります。ほとんどの会社では買取する前に面談を行っていて、利用者の人柄をチェックしていることが多いです。

会社によっては手数料の幅が広く相場がよく分からないという意見もありますが、担当者の裁量により変動幅があることも事実でしょう。クライアントの人柄を重視するような審査が行われることが多く、経営に対する真面目な姿勢や借りたものを返すという意志を伝えることによって、最終的に提示してくる手数料に影響があるケースもあります。

融資と同じように回数により交渉が可能なこともあり、初回利用より2回や3回と実績があったり、スムーズに取引していると手数料を下げてくれる可能性も高まります。

 

ファクタリングにおいて担保掛目は大切なポイントで、手数料の相場を把握してから交渉することをおすすめします。手数料にはいろいろな要素が含まれていて、数回利用していたりスムーズに取引していると手数料が下げる可能性があるのでお得です。早期に現金化することができるので、キャッシュフローの健全化を図ることができます。

おすすめのファクタリング会社一覧

イメージ12345
会社名株式会社オッティ株式会社SKO ファクタリングのTRY(トライ)株式会社三共サービス株式会社ワイズコーポレーション FACTOR PLAN(ファクタープラン)株式会社ビートレーディング
ポイントスピード・手数料・限度額の全てがハイクオリティ24時間いつでも申し込め最短1日で売掛金を資金化圧倒的な安さでとにかく手数料を抑えたい人におすすめ条件を満たせば最短即日での現金化が可能数億円単位での大規模な取引をする企業におすすめ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく
サイト内検索
記事一覧