口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリングの違法業者を回避するポイントは?


違法業者によるファクタリングを避けるポイントは、全部で4つあります。

売掛金を担保にしているシステムかどうかは、確認する必要があります。それと契約書を熟読して、よく見極める方が大切です。そして相見積もりを取るのが望ましく、できれば手数料を一般公開している業者を選ぶと良いでしょう。

担保ローンのようなサービスでないかを確認

売掛金を売却するというサービス自体は、全く違法ではありません。銀行なども提供しているサービスですから、特に問題ありません。ただ問題は、サービスを提供している金融会社です。金融会社によっては、違法でサービスを提供している場合があります。違法な金融会社と契約してしまうと、何らかのトラブルも起こり得る訳です。そのため金融会社は、よく見極める必要があります。どうすれば見極められるかと言うと、売掛金が担保扱いになるか否かです。担保扱いの金融会社は、少々注意を要します。

そもそもファクタリングというサービスは、売掛金を担保にする訳ではありません。確かに金融商品によっては、売掛金を担保にする事は可能です。それを抵当に入れて、融資を受ける商品も存在します。しかし上述のサービスは、そもそも「お金を借りる」訳ではありません。売掛金に関する審査などを行い、金融会社にお金を先払いしてもらうサービスになります。基本的な流れは、次の通りです。

まず金融会社に申し込みして、いずれ売掛金が支払われる事を伝えます。すると金融会社は売掛金を審査し、本当に支払われるかどうかを確認するのが一般的です。そして特に問題無さそうだと判断されれば、金融会社が先払いしてくれます。この一連の流れの中で、売掛金を担保にする事はありません。担保ローンのようなサービスではなく、あくまでも先払いしてもらう事になります。違法な金融会社ですと、後者の担保ローンのような商品を勧誘してくる傾向があります。融資を受ける事になってしまう訳です。

逆に売掛金の「先払い」や「買取」に特化している金融会社なら、問題ない事が多いです。したがって違法な金融会社を避けたいなら、担保ローンのようなシステムでなく、先払いもしくは買取のサービスかどうかを確認する必要があります。

契約書の内容を冷静に読んでみる

ところで売掛金売却のサービスを受けるなら、まず金融会社に相談をする事になります。すると金融会社の担当者から、サービスの内容が伝えられる訳です。サービスの詳細を伝えた上で、契約書類が提示されるのが一般的です。金融会社によっては、相談をするタイミングで、契約書への捺印を促してくる事もあります。そのため、違法な業者を避けたいなら、上述の契約書類がポイントになります。

その書類には、契約に関する具体的な内容も書かれている訳です。まずその契約書類を、冷静に熟読する必要があります。冷静に書類を読んでみると、違法でないかどうか見えてくる事も多いです。冷静に契約書を読んでみたら、実は担保ローンだったと発覚する事もあります。少なくとも「捺印しても問題無い」契約内容であるかどうかは、よく確認しておく方が無難です。

また、できれば即決しない方が無難です。金融会社としては契約書を提示し、即決契約を促してきますが、その場で契約しなくても問題ありません。一旦は契約書を回収し、自社に持ち帰るのがおすすめです。自社内で冷静に契約書を読み返してみると、問題無い内容であるかを見極められる事も多いからです。

見積もり内容と情報の透明性で業者を見極める

それと見積もりです。そもそも金融会社に相談した時の流れですが、まずは担当者から商品内容が伝えられる訳です。その上で、改めて見積もりも提示されます。大抵の金融会社は、見積もりを出す時に書類も提示してくれます。見積書が提示される金融会社もあれば、契約書もあります。そして見積もり内容で問題なければ、正式に契約する訳です。なお金融会社に見積もりを出してもらう分には、原則として料金は発生しません。原則無料です。金融会社と正式契約すれば手数料は支払いますが、見積もりだけを出してもらう際には、料金はかかりません。その見積もりが、業者を見極めるポイントになります。

まず、見積もり自体が提示されるか否かです。違法な業者ですと、見積書を出すのを渋ってくる場合があります。また見積書が掲示されたとしても、複数社を比較する方が無難です。複数社から見積もりを出してもらっても、特に手数料は徴収されない訳ですから、冷静に各社の見積もりを比べてみると良いでしょう。そして自社にとって、最も良さそうな業者を選ぶのが無難です。1社だけの見積もりで判断せず、複数社を比較するのがおすすめです。また業者が情報を一般公開しているか否かも、1つのポイントになります。特に違法でない業者なら、具体的な手数料の数字も、公式サイトにて明示されている傾向があります。透明性が高く情報が明示されている業者を選ぶと良いでしょう。

すなわち「売掛金が担保になるどうか」と「契約書の内容」と「見積もり比較」と「情報の透明性」という4点に気を付けていれば、違法なファクタリング業者を回避できる傾向があります。総じて、各社を見積もりで比較するのがおすすめです。

サイト内検索
記事一覧