口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

ファクタリング取引の仕訳方法を解説

ファクタリングとは売掛金(一定の期限までに支払うことを約束した売り上げによる債権)を、支払期限が到来するよりも前に現金化する方法のことです。
近年では様々な金融業者がサービスを提供していますので、積極的な活用をおすすめします。
今回はそのメリットや帳簿上の仕分けの方法などについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。

売掛金を現金化することができます

日本では従来からの商慣行により、掛売一定の期日までにお金を支払うことを約束した上で販売を行う方法)が行われることが一般的です。
掛売では売り上げの計上から実際の入金までにタイムラグが生じるため、買い手には有利ですが売り手には不利になります。
近年では企業経営における現金の重要性が高まっており、現金の確保が企業には必要不可欠とされています。
実際に帳簿上では良好な経営状態でありながら、現金の不足により経営が行き詰まってしまう黒字倒産の件数が増えているのです。

ここで、低リスクで資金を調達するための方法としてファクタリングの活用をおすすめします。
ファクタリングとは売掛金を支払い期限までに別の企業に買い取ってもらい、早期に現金化する方法です。
買取額は売り上げ債権の額面の金額から手数料を差し引いた金額となるため売掛金の入金を待つよりも若干割安になりますが、早期の入金が可能になることや、貸し倒れのリスクを回避できるといったメリットがあります。

近年では様々な金融業者がファクタリングのサービスを提供していますので、現金が必要な場合には積極的な活用を検討しましょう。
銀行などの金融機関に融資を申し込む場合には審査のために各種書類などを揃える必要がありますし、審査には数日から数週間程度の期間がかかることが一般的となっています。
一方のファクタリングであれば面倒な手続きは不要で、その場で売掛金を現金化することができるのです。

入金額を借入金だと考える場合の仕分けの方法は

ファクタリング取引の仕分けの方法では、主に2種類があげられます。
入金額をファクタリング業者からの借入金とする方法(売り上げ債権を借入金の担保として業者に差し入れたとする方法)と、ファクタリング業者を対象とした売り上げ債権の譲渡だとする方法(売上債権そのものを業者に売却したとする方法)の2種類です。
まずは入金額をファクタリング業者からの借入金と考える方法について、仕分けを確認してみましょう。

ファクタリング業者からの借入金と考える方法では、業者からの入金が行われた時点で借方に「現金」を、貸方に「借入金」をそれぞれ記載します。
売掛金は借入金の担保であると考えるため、入金の時点では売掛金の勘定に変動はありません。
その後売掛金の支払いが行われた時点で借方に「借入金」を、貸方に「売掛金」をそれぞれ記入します。
これにより売掛金と借入金の勘定がそれぞれ相殺されることになります。

さらに借方には売掛金の額面金額と実際の入金額との差額が「売掛債権売却損」として記載されるのです。
売掛金が貸し倒れてファクタリング業者から支払い請求を受けた場合には、支払った金額と担保となった売掛金をそれぞれ借方に「現金」「売掛金」として記載し、貸方には「借入金」を記載します。
加えて、取引全体による損失の合計額(ファクタリングの際の額面金額と入金額の差額+貸し倒れ発生による損失)が「売掛債権貸倒損失」として、貸方に記載されることになります。

入金額を債権の譲渡だと考える場合の仕分けの方法は

次は入金額をファクタリング業者を対象とした売り上げ債権の譲渡だとする方法(売上債権そのものを業者に売却したとする方法)について、仕分けの方法を確認してみましょう。

入金額を借入金だと考える方法では売上債権は借り入れの担保となるため、入金の時点においては勘定における変動はありませんでした。
一方で債権の譲渡だと考える方法では売り上げ債権の所有権は業者へと移行するため、入金の時点で売掛金が勘定から消滅することになります。入金の時点で入金額を借方に「現金」として、一方で譲渡した売上債権を貸方に「売掛金」として記載してください。さらに入金額と売掛金額面との差額を「売掛債権売却損」として、借方に記載します。

入金額を債権の譲渡だと考える方法では、売掛金の権利そのものがファクタリング業者に移行することになります。
そのため入金の時点で取引関係は完結し、譲渡の対象となった売掛金は帳簿上から消滅することになります。
その後売掛金の支払いが行われても当社における仕分けはありませんし、また売掛金の貸し倒れが発生したとしてもファクタリング業者から支払いの請求を受けることはありません。
業者は貸し倒れのリスクを含む一括した見積もり額で売掛金の買取を行うため、売掛金の買取金額は借入金だと考える方法よりもさらに割安になります。
ただしその後貸し倒れによる損害賠償の義務が生じることはありませんので、トラブルをできるだけ避けたい場合にはこちらの方法が適しているといえるでしょう。

 

サイト内検索
記事一覧