口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

     

ファクタリングに関するよくある質問や疑問

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/08/31

銀行などの金融機関で融資を受けるよりも審査が通りやすく、素早く資金調達ができることで注目の「ファクタリング」ですが、初めて利用する場合はわからないことも多いことでしょう。そこで今回は、初心者の方を中心に多くの方が知りたいと考えている疑問点のいくつかをとりあげて、見ていきましょう。

ファクタリングは個人事業主でも利用できるのか

法人ではなく個人事業主の方で、ファクタリングが利用できるのかは疑問に感じている人もいることでしょう。結論からいえば個人事業主でも利用することは可能です。ただし、法人と比較すればさまざまな制限がかかると考えてよいでしょう。

現在、日本には数多くのファクタリング会社が存在していますが、すべての企業が個人事業主でも利用可能であるかといえば、そうではありません。会社ごとに定められた規定があり、利用の可否はあらかじめ決められています。また、仮に利用可能とあっても、審査により利用条件を満たしていない場合は断られるケースもあります。

利用条件はいくつかあり、たとえば「売掛先の会社が大手・上場企業であり、かつ売掛債権があると証明できる書類が完全に揃っていること」や「対象となる売掛金が最低買取金額を上回っている」などです。利用条件をクリアできる先が選定できたら、その中からできるだけよい会社を選ぶことが個人事業主の場合はとくに重要となってきますし、資金繰りを改善するためにはこれが第一歩だといえるでしょう。

そのためには、とにかく「手数料が安い会社」を見つけるのがコツです。たとえば2社間取引で利用する場合、手数料の相場は5~15%程度といわれています。仮に売掛金が200万円だとすると、手数料は10万円~30万円とかなりの幅があり、この差は経営状態には大きな影響を与えます。したがって、できるだけ手数料の安い会社を探すことが大切なのです。ただし、手数料が安くても一定期間の継続利用が条件だったり、最低利用額が高かったりする場合もあるため注意が必要です。

次に、審査を通すためには事前に準備をしっかり行うことも必要です。買取会社は「決算書」から経営状態を調査します。法人の場合は年に一度決算がありますので、決算書を見ることでその企業の経営状態を知ることができます。

一方、個人事業主は経営状況が把握しにくく、買取会社は判断が付きにくい場合が多くなりますので、あらかじめ経営状況を示せる書類を作成しておくことが必要です。また、審査はまず売掛債権の有無を確認することから始まりますので、売掛先企業と交わした契約書・納品書・請求書など、証明できる書類を用意しておく必要があります。

資金調達のひとつである手形割引との違いは

ファクタリングをよく知らないうちは、「手形割引」との違いについてもよくわからないという方もいることでしょう。そこで、この2つの違いを見ていきましょう。「ファクタリング」は売掛金を買取会社に譲渡することですが、「手形割引」は、期日前にその手形を担保にして金融機関から融資を受けることです。

なぜ割引という言葉を用いるかというと、現金化するための手数料を「割引く」という意味があるからで、額面全額が融資されるというわけではありません。そしてあくまでも「融資」扱いになるため、当然金融機関の審査を受けることになります。

一見、窓口へ持参さえすればすぐに現金化できそうなイメージがあるかもしれませんが、そうではないのです。このように、現金化の仕組みが大きく違うという点をあげてきましたが、それ以外にもいくつかの違いがあります。

まずは「返済義務があるかどうか」の違いです。ファクタリングは売掛金の譲渡であり、借入れをしているわけではないため返済義務はありません。一方の手形割引は融資ですので、担保にした手形に価値がなくなったら返済をしなければいけなくなります。

次に、「不渡りリスクがあるか・ないか」の違いも大きいでしょう。売掛債権を譲渡する際に、買取会社の多くは万が一売掛先企業が倒産した場合でも、利用企業が返済する義務のない「ノンリコース」を採用しています。

一方、手形割引は「リコース」といって融資側に償還請求権があります。取引先が倒産し手形が不渡りという事態になれば、手形は何の価値もなくなりますので、融資した金融機関は返還を求める権利があるということです。

取引先に知られずに行う方法はあるのか

売掛金を譲渡して資金調達を検討しているが、売掛先である大切な取引先に知られてしまうのは困ると考えている方も多いようです。確かに、急なお金が必要だということは経営状態が危ういのではないか、と誤解を招いてしまいそうです。結論からいいますと、利用する種類によって取引先に知られずに行う方法があります。

実は、ファクタリングには2つの方法があり「2社間」と「3社間」とに分けることができます。「3社間取引」は利用企業・買取会社・取引先(売掛先)企業、この3社で成立する契約のことで、利用企業・買取会社のみで成立するのが「2社間取引」です。後者の2社間取引なら取引先に知られずに利用できます。

ただしデメリットもあり、その最たるものが「手数料が高い」という点でしょう。一般的な手数料の相場を比較すると、3社間取引は1.5~5%程度なのに対し2社間は10~20%と割高なのがわかります。また、この手数料は1回の買取りごとに派生しますので、何度も利用すると経営を圧迫することにもなりかねませんので、資金繰りを充分に考えて利用することが大切です。

 

ここでは、近年資金調達の方法として注目が高まっているファクタリングに関して、よく寄せられる質問事項の中からいくつかを見てきました。法人だけでなく個人事業主でも利用できるのかという点、手形割引との違い、そして取引先に知られずに行う方法があるのかという点です。

これらの情報を総括し、条件が合えば利用価値のある資金調達方法であることは間違いありません。ただし、利用の際には資金繰りのシミュレーションを充分に行ったうえで活用することが大切です。

おすすめのファクタリング会社一覧

オッティのロゴ
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社オッティの基本情報
基本情報 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野3-10-5 山口ビル3F
電話番号:03-3834-2011
営業時間:9:00~17:00
定休日:土日祝日(メールは365日)
対応力 24時間365日対応!
最短3時間での資金化が可能
費用 手数料:5%~
買取金額:20万円~1億円
Point 1. 個人事業主が利用できる
株式会社ウィットの基本情報
基本情報 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第二ビル5F 電話番号:0120-31-2277 営業時間:9:00~18:00 定休日:土日
対応力 最短2時間での資金化が可能 電話のみでの資金調達にも対応
費用 手数料:5%~ 買取金額:30万~500万円
Point 1. 情熱を持った経営者を積極的にサポート!
株式会社三共サービスの基本情報
基本情報 住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-24-6 ACN神田須田町ビル3F
電話番号:0120-43-4140
営業時間:9:00~19:00
定休日:土日祝日
対応力 最短翌日での資金化が可能
金融業界を知り尽くしているスタッフが在籍
費用 手数料:2社間 5%~、3社間 3%~
買取金額:~5,000万円
サイト内検索
記事一覧