口コミで評判のファクタリング会社比較ランキング!人気の高いおすすめの債権買取業者をご紹介!

個人事業主でもファクタリングを利用できる?

ファクタリングは、企業の資金調達の方法の一つです。回収見込みのある売掛金を債権化してファクタリング企業に売って、現金化します。取引には企業の信用が重視され、一般的には法人格を持った企業の方が個人事業主よりも信用が高いと思われています。そのため銀行の融資を受ける際でも、取り扱いに違いがあります。

 

 

 

法人よりも個人の方が信用が低いとみなされる

じつは、個人だと契約前の審査が下りずに取引が利用できない場合があります。原則的に利用は不可能だと思っておいた方がいいでしょう。なぜ個人事業主は企業よりも信用が低いのでしょうか。それは事業体と経営者の関係が違うからです。個人事業は自分の財布と事業体の財布が同じになっているため、事業用のお金を生活費用の口座にまとめて、突然事業をたたむこともできます。たとえ事業用の口座と、生活費の口座が分かれていたとしても、どちらも自分の名前であるため、このような事が可能です。

法人格のある企業は、事業体と個人がしっかりと区別されていて、二つの口座をひとまとめにすることはできません。法人は法人名義の口座で自社の資金を管理しています。経営者は法人から雇われている立場で、給料をもらっている存在です。よって事業用の資金を個人の自由で使うことはできないのです。また、法人の方が資産状態が明確です。個人の場合は白色申告であれば多雨尺対照表を作成する必要がありません。青色申告をしなければ、正確な資産状態を報告する必要がないため、明確になっていないのです。個人の確定申告は簡単なため、第三者を雇って申告を行う必要もなく、第三者に帳簿の状態を確認されることもありません。

第三者のチェックがなくて正確な資産状態がわからない

法人の場合は、確定申告の際に、貸借対照表損益計算書を提出する必要があります。申告の方法も個人より複雑なために、顧問税理士と提携しているのが普通です。そのため、第三者による資産状態のチェックが行われている状態になっているのです。このような違いから、個人よりも法人の方が信用度が高いと思われています。それではどうやっても個人で利用することはできないのでしょうか。絶対に不可能というわけではないようです。契約の前に審査がありますが、審査では売掛金を現金に変えたい企業よりも、売掛金を支払う企業の信用度が重要になるからです。個人でも取引先が大手企業や公共団体であれば、信用があるものとみなされます。

他にも、個人が利用しにくい原因は売掛金の金額が少ないことが挙げられます。一般的に法人よりも個人の方が、事業の規模が小さいものです。その分保有している売掛金も金額も小さくなります。債権を買い取る側からすれば、金額の小さい売掛金をチマチマと取引するよりも、数百万、数千万規模の売掛金を取引した方が、手数料を一気に儲けることができて都合がいいのです。取引にかかる経費や人件費を考えると、数万円の取引に応じていたら、利益が出ずに損になってしまいます。これが原因で個人で利用する場合に、審査がおりにくいのです。

個人だからというより事業形態そのものに問題がある

債権の性質によって断られるケースもあります。支払いサイトの長い債権は現金化するまでに時間がかかります。支払いサイトとは、取引代金の締め日から支払い日までの猶予期間の事を言います。クレジットカードなどの何日締め、何日支払いと同じです。支払日までの猶予期間が長い債権は、現金化するまでに時間がかかります。期日までに、相手先の企業が経営悪化により、倒産するリスクもあります。そうなるとお金を回収することができなくなります。このため支払いサイトが長い事を理由に、契約を断られるケースもあるのです。

また、売掛金の質がいいかどうかも、チェックの対象となります。毎月一定額の取引があるかどうか、きちんと入金されているかが審査の対象になります。毎月取引があって入金もされている企業との取引実績があれば、売掛金の質はいいものとみなされます。売掛金がごく僅かであったり、入金がきちんとされていない場合は、突然回収が不可能になる場合もあるため、審査に受かる可能性が低くなります。これらの場合は、個人だからというよりも、事業形態そのものに問題があるケースです。第三者が確認していないために、資産状態がはっきりわからないのは、審査に受かりませんし、資金繰りに苦労するあまり、税金を滞納している場合など、資金管理に問題があると思われて、契約をしてもらえなくなります。

 

必要書類の提出時に、書類に不備があったり、経営者の経理用務に関する知識が足りていないとみなされた場合も、信用がなくなって、審査に落ちる可能性が高くなります。このように、単純に個人だから受け付けてもらえないというよりも、経営状態に何かしらの問題があると思われて、審査に受からないケースが多いのです。ファクタリング企業が不安に思わないような、きちんとした経営をしていれば、個人でも利用できる場合はあります。取引先の企業が信用の場合で、経営状態が危なくないとみなされれば個人でも契約は可能です。個人の利用が可能な例としては、個人経営の診療所などです。健康保険から債権が回収できないということはないので、信用があるとみなされるのです。

サイト内検索
記事一覧